A級対決は糸谷哲郎八段に軍配 124手で斎藤慎太郎八段に勝利 王将戦2次予選

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)2次予選が30日、大阪・関西将棋会館で指され、糸谷哲郎八段(31)が124手で斎藤慎太郎八段(27)に勝利し、2組決勝に進出した。

 A級同士のぶつかり合いは、糸谷が押し切った。「序盤の△4二玉で変化。お互い独自の構想を作るような将棋で、その中で積極的に動くことができて少し優位を築くことができた」。早見え早指しの力勝負が糸谷将棋の魅力。本局も徐々にリードを広げていったが、「切れ味鋭い将棋で終盤力も特徴がある。強敵の一人」と評する斎藤が相手だけに、「手探りになりやすい将棋で手ごたえより不安があった。ちょっとリードを築いたと思っても薄氷の上を踏んでいるようなもの。結構ビクビクしながら指していた」と繊細な心境ものぞかせた。

 挑戦者決定リーグ復帰まではあと1勝。次戦の2組決勝では、奨励会時代からしのぎを削ってきた佐藤天彦九段と対戦する。「昔からずっとやってきた仲。こういう大きいところで当たれるのは嬉しさがある」と期待を込めた。

関連記事(外部サイト)