国分太一 TOKIOへの思いをラジオで熱弁「5人の友情、そして絆は変わらない」

国分太一 TOKIOへの思いをラジオで熱弁「5人の友情、そして絆は変わらない」

TOKIOの国分太一

 TOKIOの国分太一(45)が31日、パーソナリティーを務めるラジオ番組「国分太一 Radio Box」(金曜後9・00)で長瀬智也(41)の事務所退社と、自身らによる「株式会社TOKIO」設立について「5人の友情、そして絆は変わらない」と思いを語った。

 国分は番組冒頭で「すっかりご報告が遅くなってしまいまして、もうご存知の方もいらっしゃると思いますが…先日発表させていただいた通り、TOKIOのボーカル・長瀬智也が来年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所することになりました」と報告。「数年前から話し合いを繰り返し、長瀬の選んだ新たな道に進む決断を尊重し、送り出すことになりました!」と胸中を打ち明けた。

 「26年間走り続けてこられたのも、応援してくれている皆様、そしてボーカル長瀬がいたからだと私個人的には思っております。本当に感謝しかありません」と長瀬への感謝を語り「そしてTOKIOはリーダー、松岡、私の3人で会社という形で4月以降も引き続き活動していきますのでよろしくお願いします。来年3月まではこの4人で活動しますので、温かく見守っていてください」と強調した。

 「とはいうものの、この94年からTOKIOは5人で活動してきました。形は変わっても、5人の友情、そして絆というのは変わらない」と2018年に不祥事でグループを脱退した山口達也さん(48)にも言及。「なので、これからも引き続きTOKIOと、この番組をよろしくお願いします!」と明るく呼びかけた。

 来年4月にスタートする新会社は、城島茂(49)が社長で松岡昌宏(43)と国分が副社長に就任し、広報を松岡が、企画を国分が担当する。

関連記事(外部サイト)