NHK紅白歌合戦 史上初の無観客開催、会長会見で発表 放送時間も15分短縮

『NHK紅白歌合戦』史上初の無観客開催と前田晃伸会長が会見で発表 コロナ対策を徹底

記事まとめ

  • NHKの前田晃伸会長が定例会見で今年の『NHK紅白歌合戦』を史上初の無観客で行うと発表
  • 放送時間は午後7時30分から午後11時45分で、近年の放送時間より15分短縮される
  • 「出演者やスタッフの新型コロナウイルス感染を避けるため対策を徹底していく」とした

NHK紅白歌合戦 史上初の無観客開催、会長会見で発表 放送時間も15分短縮

NHK紅白歌合戦 史上初の無観客開催、会長会見で発表 放送時間も15分短縮

東京・渋谷区のNHK

 NHKの前田晃伸会長が10日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、今年の12月31日に行われるNHK紅白歌合戦史上初の無観客で行うと発表した。

 放送時間は午後7時30分から午後11時45分。近年は午後7時15分からの放送だったため、15分短縮される。

 詳細な演出等は今後検討していくとし、前田会長は「出演者やスタッフの新型コロナウイルスの感染を避けるため、対策を徹底していく」とした。

関連記事(外部サイト)