大友啓史氏 伊勢谷容疑者と作品への思い吐露「励ましている夢を見た」

大友啓史氏 伊勢谷容疑者と作品への思い吐露「励ましている夢を見た」

伊勢谷友介容疑者

 演出家で映画監督の大友啓史氏(54)が9日、自身のフェイスブックを更新、大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された俳優・伊勢谷友介容疑者(44)へ寄せる複雑な思いをつづった。

 大友氏は「現場で彼を励ましている夢を見た。無意識下できっと、心は繋がっているのだなあ。もしかしたら、自分自身をも励ましたかったのだなあ。『白洲次郎』での出会いから10年強。素晴らしき才能が発露される瞬間に何度も立ち会い、その都度心を震わせ、時には救われてもきた」と記し、伊勢谷容疑者がモノクロ写真でたたずむNHKドラマスペシャル「白洲次郎」DVD―BOXのジャケット画像を添えた。

 伊勢谷容疑者の逮捕から一夜明けた9日、NHKオンデマンドで同ドラマや大河ドラマ「龍馬伝」など3番組の配信を午後6時から停止した。

 また、新型コロナウイルス感染拡大の影響で21年GWへ公開が延期された映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」は今後の対応を検討中とされる。

 「白洲次郎」「るろうに剣心」両作品のメガホンを取った大友氏は「彼と共有してきたその数々の豊潤な時間が、決してこれで無になるわけではない。よし、頑張るぞ」と締め、作品と演者への感慨をにじませた。

関連記事(外部サイト)