「半沢直樹」“後退り土下座”話題の佃典彦「役者冥利」半沢&大和田に挟まれ 伊集院光「ルートそこしか」

「半沢直樹」“後退り土下座”話題の佃典彦「役者冥利」半沢&大和田に挟まれ 伊集院光「ルートそこしか」

「感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇『半沢直樹』」でトークショーを行う佃典彦(C)TBS

 俳優の堺雅人(46)が主演を務め、今夏ドラマの話題を独占しているTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)が初の朗読劇になった「感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇『半沢直樹』」が12日、東京・新国立劇場中劇場で開幕した。

 12〜13日の2日間、全4公演。2回目の12日夜公演は、主人公・半沢に救われたIT業界の雄「スパイラル」社長・瀬名を演じた尾上松也(35)と半沢に敗れた太洋証券・広重を演じた山崎銀之丞(58)による「繰り返される時…」、半沢に協力して株を上げた東京中央銀行総務部の三木を演じた東京03角田晃広(46)と半沢に倍返しされ土下座、東京中央銀行審査部次長から出向となった曾根崎を演じた佃典彦(56)による「おかしな二人の殺人事件」、朗読劇2本を上演。

 「おかしな二人の殺人事件」は、接点のなかった三木と曾根崎がバッタリ出会った山荘で殺人事件が起こる、まさかのサスペンス。

 朗読劇の後には、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月〜木曜前8・30)とのコラボレーション企画として伊集院光(52)をゲストに迎え、トークショーも行われた。

 佃が演じたのは、東京中央銀行審査部次長・曾根崎。審査部の担当だった帝国航空の再建を半沢に横取りされたと逆恨みし、事あるごとに半沢の行動を妨害。第6話、帝国航空財務部長・山久(石黒賢)にミスを負わそうとしたが、半沢に暴かれ、土下座した。

 佃は1986年、名城大学演劇部を中心に結成された「劇団B級遊撃隊」を主宰。作・脚本も手掛け、2006年には劇団第55回公演「ぬけがら」が“演劇界の芥川賞”と呼ばれる第50回岸田國士戯曲賞に輝く演劇人。第6話の“後ろにじり下がり土下座”が大反響を呼んだ。

 伊集院から「いざ台本を開けると、自分に土下座のシーンがあると。もう、このドラマで土下座といったら、絶対どれも名シーンになるわけじゃないですか。その土下座プレッシャーはどうなんですか?」と質問されると「それはもう、役者冥利に尽きるというか。台本を読んだ時、『わ、土下座ができる!』っていう。プレッシャーもありましたが、やっぱり、うれしかったですね」と明かした。

 土下座した後、中野渡頭取(北大路欣也)から「出ていけ」と言われ、土下座したまま、四つんばいのような状態で後退りした。

 「テイクを重ねるうちに、イスの前に立っていた香川(照之)さんが、だんだん僕に寄ってくるんですよ。最終的に僕の真横に立っていて、こっちに(反対側に)堺さんがいて。大和田と半沢に挟まれているから、頭取に『出ていけ』と言われても、後ろに下がるしかなかったんです」。松也は「そう考えると、その3人の圧は凄いですね」、伊集院は「ルートがそこ(後ろ)しか残っていない。もう空気の通り道がそこしかない」と笑いを誘った。

 今作のレギュラー出演者が登場し、半沢に倍返しされた者や救われた者の“その後”を描くオリジナルストーリーを生朗読。ドラマ放送中に“スピンオフ”が朗読劇になるという異例の企画が実現した。

 今回の朗読劇は、7年ぶり続編のドラマ放送に先駆け、今年2〜3月にTBSラジオで放送したラジオドラマ「半沢直樹 敗れし者の物語 by AudioMovie」をヒントに誕生。金融庁の検査官・黒崎(片岡愛之助)ら半沢に倍返しされた人々の“その後”を描き、好評を博したが、「半沢直樹」の世界観を声で届ける“聴くドラマ”の演出に、出演者の生朗読という“舞台演出”が加わった。朗読劇の演出は演劇集団「Z―Lion(ジ―ライオン)」を主宰し、「半沢直樹」ドラマ本編にも出演中の俳優・粟島瑞丸(39)が担当した。

 チケットは全席指定6500円(税込)。イープラス「Streaming+」でライブ配信も行われ、配信チケットは1800円(税込)。

 【13日(日)12:00公演】

 「黒い二人の日記帳」

 出演:南野陽子(平山美幸役)×土田英生(平山一正役)

 脚本:土田英生

 「繰り返される時…」

 出演:尾上松也(瀬名洋介役)×山崎銀之丞(広重多加夫役)

 脚本:粟島瑞丸

 トークショー:南野陽子、土田英生、尾上松也、山崎銀之丞

 ゲスト:藤森慎吾

 【13日(日)16:00公演】

 「黒い二人の日記帳」

 出演:南野陽子(平山美幸役)×土田英生(平山一正役)

 脚本:土田英生

 「初恋の味」

 出演:賀来賢人(森山雅弘役)×尾上松也(瀬名洋介役)

 ゲスト:沢城みゆき

 声の出演:大塚明夫

 脚本:谷口純一郎

 トークショー:南野陽子、土田英生、尾上松也、賀来賢人

関連記事(外部サイト)