乃木坂46秋元真夏 ラジオパーソナリティー初挑戦 文化放送で11月から

乃木坂46秋元真夏 ラジオパーソナリティー初挑戦 文化放送で11月から

乃木坂46の秋元真夏

 文化放送は15日、上口宏社長の定例会見で10月改編期の番組を発表した。乃木坂46キャプテンの秋元真夏(27)らがパーソナリティーを務める生ワイド番組が11月3日から毎週火〜金曜日の午後7時台にスタートする。

 「卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ」のタイトルで2時間番組。火曜日は秋元、水曜日は平成ノブシコブシの徳井健太(39)、木曜日は相席スタートの山崎ケイ(38)、金曜日はラランドのサーヤ(24)が担当する。いずれも単独でのラジオレギュラーは初めて。

 秋元は「乃木坂46に加入してから、個人でラジオのパーソナリティーを務めさせていただくのは初めてなので、とてもうれしく思います」と感激。「リスナーのみなさんや私自身もまだ知らないことを探ったり、お悩みに答えたり、みなさんにとって身近なパーソナリティーになれたらいいなと思っています」と話している。

 毎年放送している平日夜のナイターオフ期間限定番組。今年は新型コロナウイルスの影響でプロ野球実況を10月末まで予定しており、例年よりも1カ月遅れのスタートとなる。「巨人も阪神も好きな人」「友達の母親と結婚した人」など“1人はいそうな人”を日替わりで紹介していく。

関連記事(外部サイト)