西田敏行 「西遊記」共演の岸部四郎さん悼む「現世の旅を終えてパライソに旅立ったんだね」

【岸部四郎さん死去】日本テレビ系『西遊記』で共演の西田敏行「淋しいよ」と悼む

記事まとめ

  • タレントで俳優の岸部四郎さんが、拡張型心筋症による急性心不全のため死去した
  • 『西遊記』で共演した西田敏行は「シローちゃんの沙悟浄、最高だったよ」と悼んだ
  • 『西遊記』では堺正章が孫悟空役、西田敏行が猪八戒、夏目雅子さんが三蔵法師を演じた

西田敏行 「西遊記」共演の岸部四郎さん悼む「現世の旅を終えてパライソに旅立ったんだね」

西田敏行 「西遊記」共演の岸部四郎さん悼む「現世の旅を終えてパライソに旅立ったんだね」

俳優の西田敏行

 拡張型心筋症による急性心不全のため8月28日に死去したタレントで俳優の岸部四郎さん(享年71)を悼み、俳優・西田敏行(72)が15日、所属事務所を通じてコメントを発表した。

 岸部さんと西田は1978〜80年に放送された日本テレビ系のドラマ「西遊記」で、猪八戒(西田)と沙悟浄(岸部さん)役で共演した。西田は「人生の絶頂とどん底を経験したシローちゃん!現世の旅を終えてパライソに旅立ったんだね。シローちゃんの沙悟浄、最高だったよ。数多の役者いるけれど、あんなチャーミングな沙悟浄を演じられる役者はシローちゃんだけです。あん時の幸せそうなシローちゃんの顔しか思い浮かばないよ。淋しいよ。合掌」と悼んだ。

 「西遊記」は1978年10月〜79年4月にパート1、同11月〜80年5月にはパート2が放送された。堺正章(74)が孫悟空役、1985年に亡くなった夏目雅子(享年27)さんが三蔵法師を演じた。

関連記事(外部サイト)