渡辺直美 気温-1度のNYの街に出るも「見た目ただの不審者」 厚着しすぎで「マスクビチョビチョ」

 タレントの渡辺直美(33)が19日、自身のインスタグラムを更新し、ニューヨークの街に出た姿を公開した。

 渡辺は仕事のため10月11日から1カ月半の予定でニューヨークに滞在している。2週間は隔離生活を送っていた。渡辺は「今日のニューヨークは久々の晴天だったので新しくGETしたカメラDJIポケット2を使って、お散歩動画撮りました」とし、「今日の最低気温-1℃だったから厚着して撮影しました!」とモコモコした帽子と猫柄のピンクのアウターにダメージジーンズ、マスク姿で登場。

 カメラを手に街中に立つ姿に自ら「見た目ただの不審者 セレブをしつこく追うヤベーパパラッチ感半端ない 目つき終わってる」と評した。また、厚着しすぎたためか、「新陳代謝が神なので、5分歩いた段階で汗でマスクビチョビチョ -1℃なのに1人だけ常夏ー ヤバさが10倍増しました 何重にもなってるマスクを突き抜けるわたしの汗」とつづり「次から布マスクにしよう」と誓っていた。

関連記事(外部サイト)