ナイツ「やっぱり強いってこと」 提唱する「Kの法則」とは

 お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(42)が30日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月〜木曜後1・00)に生出演し、自身が提唱する「Kの法則」について語る一幕があった。

 「2020年はもう全部『K』でした」と切り出した塙。相方の土屋伸之(42)いわく、塙は3〜4年前から何かしら問題を起こす人や注目される人のイニシャルは「K」だとし、「Kの法則」を言い続けているという。

 映画、漫画共に大ヒットした「鬼滅の刃」、シンガー・ソングライター瑛人(23)のヒット曲「香水」、公職選挙法違反で逮捕された河井夫妻、不倫問題により無期限活動休止中の近藤真彦(56)などを例に挙げて、さらに塙は「もう話題になっているのは全部『K』なんですよ。今、話題になっている小室圭さんも婚約者のKですし。不倫が報じられた宮崎謙介さん、奥さんの金子恵美さんもK、そして(酒気帯び運転容疑の)小金沢昇司さんKですよ。ゾッとしますね。Kばっかりなんだよ」と指摘した。

 また塙は、小池百合子都知事が会食時の感染防止策の徹底を提唱したキーワード「5つの小」を参考に、自身が選ぶ今年話題の「5つのこ」を揃えているという。「小池都知事、小室圭さん、小林麻耶ときて、2つ足りなかったのよ。そこに今週、小金沢さんが4つ目になって…あと1つの『こ』がね。まあ年末のネタ番組までに間に合うかな」と明かした。

 「一応(5つ目の候補は)いるのよ。小林礼奈っていうお笑いコンビ「流れ星」瀧上(伸一郎)の元奥さん。でも補欠だから…やっぱりみんなが知っている人ではないから」とし、「今年も『か行』がやっぱり強いってことですよ。話題になっているのは大体、『かきくけこ』だから」と持論を述べていた。

関連記事(外部サイト)