コシノジュンコ氏が語る「コロナの時代に何をすべきか」

 ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏(81)が、2日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月〜金曜前5・00)に登場する。

 元気に生き生きと活躍している方を紹介する新コーナー「生島ヒロシのアクティブタイム」の第1回目のゲストとなる。

 11月9日に能とファッションを融合したパフォーマンス「観世清和×コシノジュンコ “継承される伝統と現在の融合”」を東京・銀座の観世能楽堂で開催したばかり。

 「コロナの時代に何をすべきか。私たち日本人はもっと日本の文化・伝統を大切にし、尊敬する時です」と力説。パリコレを22年間開催し、世界を股にかけてきたコシノ氏の言葉だけに説得力がある。MCの生島ヒロシ(69)も大きくうなずいていた。

関連記事(外部サイト)