03年「西部警察」ロケで事故、池田努「家族のように守ってくれた」

石原プロモーションが58年の歴史に幕 池田努が03年「西部警察」ロケの事故振り返る

記事まとめ

  • 石原プロモーションが16日、58年の歴史に幕を下ろした
  • 03年「西部警察2003」ロケでは池田努が運転する車が見物客に突っ込み5人が重軽傷
  • 渡哲也さんが被害者を見舞った際、土下座して謝罪したことも大きく報じられた

03年「西部警察」ロケで事故、池田努「家族のように守ってくれた」

03年「西部警察」ロケで事故、池田努「家族のように守ってくれた」

石原プロ年譜

 ◇石原プロモーション 58年の歴史に幕(2021年1月16日)

 石原プロにとってのピンチは、03年「西部警察2003」での事故だった。名古屋ロケで、池田努(42)が運転するスポーツカーが見物客に突っ込み5人が重軽傷を負った。当時社長だった渡さんは翌日に制作の中止と放送の無期延期を発表。被害者を見舞った際、土下座して謝罪したことも大きく報じられた。

 この日、池田は当時のことを「切られてもおかしくない状況で、会社が家族のように守ってくれた」と明かした。番組は、負傷者全員が回復し了承を得た上で翌04年10月に放送。舘も「あの時、誰も池田を責めなかった。それが石原プロの在り方」と話した。

関連記事(外部サイト)