銀幕スターの力を見せつけた「黒部の太陽」圧力乗り越え大ヒット

銀幕スターの力を見せつけた「黒部の太陽」圧力乗り越え大ヒット

石原プロ年譜

 ◇石原プロモーション 58年の歴史に幕

 「黒部の太陽」(68年)は黒部ダム(富山)建設に命を懸けた男たちの壮大な群像劇で、石原プロと三船敏郎さんの三船プロとの共同製作だった。

 だが、製作には五社協定の壁が大きく立ちはだかった。当時の邦画5社が所属俳優や監督の引き抜き、貸し出しを禁止したもので、日活の社員だった熊井啓監督が解雇されるなどさまざまな圧力がかけられた。撮影も裕次郎さんが事故で全身打撲を負うなど困難を極めたが、完成にこぎつけ映画は1年間で733万人以上を動員する大ヒット。銀幕のスターの力を見せつけた。

関連記事(外部サイト)