「石原プロ社史」発売2日で増刷 裕次郎さん、渡さんの生き方に共感

「石原プロ社史」発売2日で増刷 裕次郎さん、渡さんの生き方に共感

文教堂赤坂店に並べられた石原プロ社史

 ◇石原プロモーション 58年の歴史に幕

 14日に刊行された「石原プロ社史」が大きな反響を呼んでいる。発売2日で社史としては異例の増刷が決定。出版元の青志社には全国の書店から問い合わせが殺到している。

 東京都港区の書店「文教堂赤坂店」では入り口付近の目につきやすい場所に配置。店員は「発売初日から年配の男性の方が買い求められています」と話した。同書はアマゾンの書籍部門で20位台にランクイン。青志社の阿蘇品蔵(おさむ)社長は「予想以上の反響に驚いている。裕次郎さんや渡さんの生き方が読者の共感を呼んでいるのでしょう」と分析した。

関連記事(外部サイト)