真田ナオキ 新曲「本気(マジ)で惚れた」 オリコンチャートで大健闘

真田ナオキ 新曲「本気(マジ)で惚れた」 オリコンチャートで大健闘

真田ナオキ

 昨年の第62回日本レコード大賞で最優秀新人賞に輝いた演歌歌手・真田ナオキ(31)の新曲「本気(マジ)で惚れた」(17日発売)が、3月1日付オリコン週間シングルチャートの演歌・歌謡ランキングに首位で初登場した。総合チャートでも6位と大健闘の船出となった。

 同局は今年の第1弾シングルで、前作「恵比寿」に引き続き師匠の吉幾三(68)が作詞、作曲を手掛けた作品。“ノックアウトボイス”とも称されるインパクト抜群のダミ声で「女ごころ」を歌い上げた異色作だ。

 コロナ禍でイベントやコンサートが行えない中でも、オンラインやSNSを通じファンとのコミュニケーションを図ってきた真田は、「コロナ禍で会えない中、ファンの皆様のお力をより一層感じています。1日でも早くコンサートが再開し、歌で恩返しが出来る日を夢見ています。2021年はまだスタートしたばかりですが、沢山の感謝を胸に、大きなステージに立てる様、力一杯駆け抜けて行きます!」とコメントした。

関連記事(外部サイト)