ジャニーズjr.「本高克樹」が早大大学院へ…Snow Man「阿部亮平」に続く稀有なアイドル

ジャニーズjr.「本高克樹」が早大大学院へ…Snow Man「阿部亮平」に続く稀有なアイドル

早大卒業&大学院進学を報告した本高克樹(ISLANDTV3月28日配信より)

 3月28日、ジャニーズJr.の本高克樹(22)が、公式サイト内で公開した動画でファンに向けて大学卒業を報告した。本高といえば、「TOKIO」や「関ジャニ∞」に次ぐ、“ジャニーズJr.の新世代バンドグループ”として注目を集める「7 MEN 侍」のメンバーである。しかも今度は大学院に進学するというのだから、驚きだ。

 ***

《この度、早稲田大学を卒業しました。本当に色んな方に助けて頂いて、無事卒業することが出来たんだなと改めて実感しております》

 本高は、今年3月に早稲田大学創造理工学部を卒業。学位記を前にファンに感謝を伝えた動画では、《4月からは大学院生として引き続き学業に努めて参ります》と報告した。本人の口から進学先は明らかにされていないが、同大学の大学院創造理工学研究科に進学するとみられている。

 最近の芸能界において、大学進学者は珍しくはない。女優の土屋太鳳(26)は、8年間通った日本女子体育大学体育学部運動科学科を今年3月に卒業。他にも、二階堂ふみ(26)は慶應義塾大学総合政策学部に在学中である。

 ジャニーズでも、「嵐」の櫻井翔(39)は慶應義塾大学経済学部、「NEWS」の加藤シゲアキ(33)は青山学院大学法学部を卒業している。しかし、いずれも文系の学部であり、理系というのは珍しい。しかも本高が卒業した早稲田大学創造理工学部は、偏差値62・5〜65・0(河合塾調べ、学科によって異なる)の難関学部である。

「芸能活動をしながら早稲田の理工を卒業したというのは、大したものです」

 というのは、大学ジャーナリストの石渡嶺司氏。

「早稲田大学では、2007年に理工学部の再編が行われ、現在は基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部の3学部が設置されています。その中でも、本高さんが卒業した創造理工学部は、建築や工学系統を専門的に学ぶ学部です。早稲田の理工といえば、慶應義塾大学理工学部に並ぶ、私立の理工系学部のトップクラス。国立大学にも引けを取りません。優秀な学生を輩出する学部として企業からの信頼も厚い」(同)


■アルバイトも出来ない


 そんな“理系エリート”学部ゆえ、卒業はそう簡単ではなかったはずだ。

「理工学部の学生は、実験や実習が忙しく、アルバイトの時間も十分に取れないと言います。アイドル活動との両立となれば、時間のやりくりは相当大変だったことでしょう」(同)

 2011年に芸能活動を始めた本高は、大学在学中の2018年に「7 MEN 侍」のメンバーとしての活動を開始し、コンサートやテレビ番組、YouTubeチャンネルなどで活躍してきた。さらに、今年1月放送の伊藤英明主演「連続ドラマW トッカイ 〜不良債権特別回収部〜」でドラマ初出演を果たしてもいる。

 文字通り、芸能活動の多忙なスケジュールの合間をぬって大学に通い、4年での卒業を果たしたのである。


■よりハードな大学院


 この4月から通う大学院はどうか。

 早稲田大学HPによると、2020年度の理工学部卒業生のうち、68・4%が大学院に進学。「修士課程を出た後には、自動車や精密機械メーカーの技術職や研究職に就く人が多く、まず間違いなく優良企業に就職できるでしょう」(同)

 本高も、同じ道に進む同級生に背中を押されての決断だったのかもしれない。とはいえ、芸能活動と学業の両立は、大学院の方が相当ハードになることであろう。

「理工系の学部では、学部での4年間と大学院での2年間を通して、6年で完結するような研究に取り組んでいる場合が多い。本高さんも、研究を最後までしっかりやり遂げたいという思いがあり、進学を決意したのではないでしょうか。当然、研究が進み、内容が本格的になる大学院での勉強の方が芸能活動との両立は大変になるでしょうね」(同)


■ジャニーズ初の“院卒”「Snow Man」阿部亮平


 実は本高には、参考となるジャニーズの“先人”がいる。

《引き続き学業との両立にはなるんですけれど、大先輩阿部くんがそれを成し遂げているので、その背中を追いかけて、自分も卒業したいと思っています》(先の動画より)

 本高が慕う〈阿部くん〉とは、2018年3月に上智大学大学院理工学研究科を修了し、先にジャニーズ初の大学院卒業を成し遂げた「Snow Man」の阿部亮平(27)である。2人は共に、「ジャニーズクイズ部」のメンバーとしてクイズ番組などで活躍する。

「いまや、インテリ芸能人は飽和状態です。その中でも、大学院進学となると頭一つ抜けた存在になれる。クイズ番組などに起用されることも増え、アイドルとしてもさらに一歩躍進出来ることでしょう。とはいえ、これまで芸能人が大学院に進学するのは、人気が下火になったタイミングが多かった。現役でアイドル活動をしながら大学院進学、というだけでも大変なのに、研究などで拘束時間の長い理系の大学院に行くというのは、本当に大きな決断だったと思います」(先の石渡氏)

 例えば、最近の院卒のタレントと言えば、2018年に慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科を修了した芸人のエド・はるみ(56)がいる。だが、彼女が「グゥ〜」で流行語大賞を獲得したのは2008年のこと。売り出し中の本高や阿部とは、状況はだいぶ異なる。


■芸能人もサボれない


 もっとも「芸能人だから、どうせロクに勉強しなくても卒業出来るんだろう」と思う人もいるかもしれない。

「いやいや、それが通用したのは一昔前までの話です。07年の大学設置基準の改正で、単位認定は厳格化されました。今の大学生は、きちんと講義に出席した上で、テストやレポートの内容が基準に達しなければ卒業出来ないのです。講義を欠席しているのに、“芸能人だから”と贔屓すれば、ネットなどに何を書かれるか分からない。大学側も芸能人だけ単位認定を甘くすることは出来ないのです。大学のレベルや学部に関わらず、芸能活動をしながらの大学卒業というのは、間違いなく本人が努力して成しえた結果なのです」(同)

註:記事内、本高克樹の「高」は“はしごだか”が正式表記

デイリー新潮取材班

2021年4月9日 掲載

関連記事(外部サイト)

×