リコカツ、紘一(永山)は超エリートだった… 自衛隊員のリアルな“カネと結婚”事情

リコカツ、紘一(永山)は超エリートだった… 自衛隊員のリアルな“カネと結婚”事情

紘一と咲のリコカツの行方は?

 結婚間もない夫婦が離婚の準備を始めるところから物語は始まった。TBSのドラマ「リコカツ」(金曜午後10時)である。ファッション誌編集者の咲(北川景子、34)と航空自衛官の緒原紘一(永山瑛太、38)という組み合わせに最初から無理があったのでは? 自衛官のリアルな結婚事情とは――。

 ***

 婚姻は両性の合意のみに基いて成立する。そう憲法には書いてある。けれど、実際には生活サイクルが合う人と夫婦になりがちだ。

 国防に取り組む男性自衛官のリアルな結婚事情はどうなっているのだろう。生活が不規則になりやすい編集者との結婚はあり得るのか。

「現実として自衛官同士以外の組み合わせでは共働きすら難しい。自衛官は常に災害派遣などの派遣要請に備えなくてはならないので」(父親が海上自衛隊幹部だった編集者)

 海自の男性自衛官の場合、洋上勤務が多いことから、相手の女性側が専業主婦でないと、すれ違いばかりになってしまうそうだ。

「だから、うちの母親は独身時代はOLだったが、父親の求めに応じ、結婚と同時に専業主婦になった。陸海空問わず、自衛官と結婚した女性は専業主婦になるケースが多い」(同)

 瑛太が演じている紘一の勤務先は、ドラマでは名前こそ出ていないものの、航空自衛隊の百里基地(茨城県小美玉市)。所属先は航空救難団で、立場はメディック(救難員)。勤務時間は不規則である。空自の捜索救難活動の中核を担っているからだ。

 第1話での咲との出会いも、雪山で遭難した彼女の捜索救難活動だったのはご記憶の通り。災害派遣で出動することもある。今年2月には栃木県足利市での山林火災の消火にあたった。メディックは忙しいのだ。

 特別職国家公務員である自衛官の勤務時間は本来、午前8時15分から午後5時までで、週休2日制だ。ただし、それはあくまで原則なのである。

 かつて紘一と同じ航空自衛隊百里基地に勤務していた50代の元自衛官の場合、年下の同僚と結婚した。

「どうして結婚したかというと、一番の理由は価値観が合うと思ったので。緊急出動などに理解があるから、ありがたい。女性自衛官側は、結婚相手はほとんどが同じ職場の自衛官と言って良い」(元航空自衛隊百里基地勤務の男性)

 自衛隊は1954年の創設当初から女性自衛官を受け入れてきた。このドラマにも1等空曹である紘一の後輩として純(田辺桃子、21)が登場している。3等空尉だから階級は紘一より3つ上。紘一に気があり、第2話で咲を森の中に置き去りにしたアブナイ女性だ。

 女性自衛官の歴史は長い。ただし、その数は少ない。2020年3月末現在、約1万7000人で、全自衛官の約7.4%に過ぎない。

 だから、紘一と咲のように異業種のカップルが生まれることはよくある。だが、いざ結婚することになり、男性自衛官側が相手の女性に専業主婦になることを望むとなると、男性側には相応の経済力が求められることになる。自衛官の収入はいかほどなのだろう。

「悪くはない」(同・元航空自衛隊百里基地勤務の男性)。自衛官の平均的な年収は40歳で約650万円(高卒)である。幹部自衛官(大卒程度)だと約870万円。40〜44歳の民間企業のサラリーマンの平均年収は468万円(2017年分「民間給与実態統計調査」国税庁)なので、水準以上だ。おまけに自衛官は別に諸手当が付く。これがデカイ。

 紘一の場合、訓練でも捜索救難活動でも空を飛ぶと、最低1時間1200円の航空手当が出る。災害派遣時の手当は日額最高3240円。特定大規模災害などに対処する作業に関わると、最高1日4万円が支給される。

 また、紘一は自分の仕事を人一倍誇りにしているが、それもそのはず。メディックは航空自衛隊内の超エリートなのだ。空自内から検定で選ばれるものの、日ごろの勤務成績が優秀でないと受験すらできない。

 受験できても検定をクリアするのは難しい。500メートルをクロールで、12分59秒以内で泳がなくてはならない。水泳ではほかに立泳ぎ5分以上などが求められる。さらに水深4メートルで30秒以上、呼吸を停止することが要求される。

 体力検定もある。懸垂は10回以上、腕立て伏せは40回以上、腹筋は45回以上できることが条件。それだけではない。300メートルを64・9秒以内で走らなくてはならない。65キロの重量物を200メートル以上搬送することなども必須。

 これでも2017年度から採用基準が緩和されたというのだから、並みの人間には信じられない世界である。

 紘一は結婚式の翌日から日課のトレーニングを朝4時起きで始め、咲をうんざりさせた。だが、紘一は奇特な存在ではなく、メディックは日ごろから体を鍛え上げているのだ。

 航空救難団が出動する事例は、警察や消防、海上保安庁では救助が難しい時が大半。荒天や夜間が多い。だから「人命救助の最後の砦」とも呼ばれている。

 紘一は百里基地まで都内のマンション(どうやら目黒区内)から通勤しているが、これは実際には不可能に近い。曹長(紘一より1階級上)以下の独身自衛官は原則的に基地内にある隊舎(寮)で生活し、結婚後になって基地の外での居住が許可されるが、それでも隊が用意した官舎や近くのマンションや一戸建てに住まなくてはならないからだ。

 自衛隊法に基づく訓令にもこうある。

「居住場所は、勤務する場所から著しく遠距離であるか又は勤務する場所との交通が著しく不便である場所であってはならない」

 百里基地は、霞ヶ浦の北に位置し、都心から80キロ。車なら高速道路を使っても約1時間半かかる。電車だと東京駅から最寄りのJR常磐線・石岡駅まで早くて約1時間。さらに同駅からタクシーで約30分かかる。

「都心では居住許可が出ない」(同・元航空自衛隊百里基地勤務の男性)

 仮に異例の居住許可が出ようが、これだけ遠距離だと、捜索救難活動の緊急命令が出た時に紘一が困るはず。

 片や咲が勤務する出版社「泉潮社」のロケには渋谷区内恵比寿のビルが使われている。目黒区内から恵比寿まで通勤するとしたら、30分前後。咲は紘一に不満タラタラだが、居住地においては紘一が譲歩しているのだ。

 第1話の紘一は咲に連絡もせず、夜遅くに帰宅した。夕食も取らずに待っていた咲はふくれっ面で、「どんな任務だったの?」と尋ねた。ところが紘一は冷たく「それは話せない」と突き放す。国家機密だからという理由だった。

 確かに自衛隊法は、自衛官が職務上知った秘密を部外者に漏らすことを禁じている。家族も部外者。なので、話せなかったのだろうが、実情はというと、家族と仕事の話もするそうだ。

「本当の機密は話さないのでしょうが、かなりヤバイことも教えてくれました(笑)」(前出・父親が海上自衛隊幹部だった編集者)

 紘一は自衛官の鏡なのか、それとも頭が堅すぎるのか。

 航空自衛隊がドラマの舞台となるのは同じTBS「空飛ぶ広報室」(2013年)以来。空自は格好のPRになると考えたのか、収録に全面協力している。救難捜索機(U-125A)や救難ヘリコプター(UH-60J)などの実機が次々と登場するので、空自マニアには堪えられないだろう。

 さて、紘一と咲のリコカツの行方は?

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年4月30日 掲載

関連記事(外部サイト)

×