「ジャニーズ」と「日テレ」蜜月の原点 異例のトップ会談で決まった“櫻井人事”

「ジャニーズ」と「日テレ」蜜月の原点 異例のトップ会談で決まった“櫻井人事”

櫻井翔

「ジャニーズ事務所と関係が一番良いテレビ局は日本テレビ」とよく言われる。ネット上には「癒着」という不穏な表現すらある。確かに櫻井翔(39)は「news zero」のキャスターを務め、4月期ドラマ「ネメシス」に主演。相葉雅紀(38)は「I LOVE みんなのどうぶつ園」の司会を務める。両社の実際の関係はどうなのだろう。また、同事務所のテレビ戦略とは?

 ***

 嵐の活動休止から4カ月余。リーダー・大野智(40)は仕事を休んでいるものの、ほかの4人は活動を続け、相変わらずの人気。どのテレビ局も彼らの出演を渇望している。

 けれど、どの局にも均等に出演するというのは難しい。4人の体は1つしかない。今、メンバーの出演が一番目立つのは日テレだ。

 櫻井翔は「news zero」(月〜木曜午後11時、金曜同11時30分)のキャスターを務め、4月期ドラマ「ネメシス」(日曜午後10時30分)に広瀬すず(22)とダブル主演中。さらに昨年末に終了した「嵐にしやがれ」(土曜午後9時)の後続番組「1億3000万人のSHOWチャンネル」(同)の司会も務めている。

 相葉雅紀も昨年9月に終わった「天才!志村どうぶつ園」(土曜午後7時)の後続番組「I LOVE みんなのどうぶつ園」(同)の司会をしている。二宮和也(37)が司会のバラエティー「ニノさん」(日曜午前10時25分)は開始から8年が過ぎた。

 3人は他局にも出演する。無論、ほかの所属タレントもそう。けれど毎年8月の「24時間テレビ」はジャニーズ勢が前面に出ることもあって、嵐のみならず、全体的に両社の関係は蜜月に映る。

 事実、日テレとジャニーズ事務所の関係が各局の中で一番良好なのは間違いない。他局も認める。「癒着」は言い過ぎだろうが、他局が羨む関係ではある。この関係が始まってから20年ほどになる。

 当時、日テレの絶対的権力者だった故・氏家齋一カ会長が、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(94、現名誉会長)と会食したのが始まりだった。


■メリーさんの自宅マンションで会食


 渡邉恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役主筆(94)の盟友で、同新聞経済部出身の氏家氏は、芸能界に関心がなかった。芸能プロダクションの経営陣と会ったこともなかった。

 一方、当時のジャニーズ事務所は現場を社長の故・ジャニー喜多川さんが担当し、経営全般をメリーさんが手掛けていたのは知られている通り。各局トップとの交渉役でもあった。ジャニーさんが天才なら、メリーさんは剛腕で通っていた。

 片や氏家氏もフジテレビから視聴率トップの座を奪ったり、政府・自民党から畏怖されていたりした。こちらも剛腕だった。

 2人の会食は東京・港区内にあるメリーさんの自宅マンションで行われた。メリーさんが手料理を振る舞ったわけではない。外部の一流シェフが招かれた。いつもそうなのだという。メリーさんの自宅に訪れたことのある人によると、そのダイニングキッチンは高級レストランと見紛うほどだそうだ。

 メリーさんとの会食を終えた氏家氏は「彼女は大したものだ」と感服していたという。大臣経験者の政治家すら子供扱いすることもあった氏家氏が、メリーさんのことは大いに買った。以後、氏家氏とメリーさんは定期的に会い、意見交換するようになる。同じ1926(昭和元)年生まれで気もあったようだ。

 その中で出たのが櫻井翔の「news zero」のキャスター就任の話。氏家氏のほうから「先々のことを考えると、いろいろ勉強したほうがいい」と言い、櫻井は2006年10月からキャスターに就いた。氏家氏とメリーさんによる異例のトップ会談で決まった“人事”だった。

「24時間テレビ」でジャニーズ事務所勢が連続してメイン
パーソナリティーを務めるようになったのも氏家氏とメリーさんが昵懇の関係になった後の2003年から。それまでにも1995年にSMAPが番組パーソナリティーを務めたことなどがあったが、節目は2003年だった。

 以後、パーソナリティーとなったのはTOKIO、嵐、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞、V6…。「24時間テレビ」は日テレとジャニーズ事務所の共催と呼べる状態に。これだけの面々を他局が毎年出せるかというと、おそらく無理だろう。

「24時間テレビ」のメーン会場は基本的には日本武道館(東京・北の丸)。フィナーレの時には氏家氏とメリーさんの並んだ姿があった。2人とも黄色いチャリティーTシャツを着ていた。

■SMAP騒動の余波


 この間、デリケートな問題も生じた。日テレとSMAPのチーフマネージャーだった飯島三智さん(63)の間に吹いたすきま風である。

 ジャニーズ事務所とは関係が良いのにも関わらず、SMAPの出演番組は他局より少なくなった。特にドラマは2003年以降、メンバーの5人の主演作がなかった。

 メリーさんと飯島さんの関係は徐々に悪化したのは知られている通り。すると、軌を一にして日テレと飯島さんの関係は冷え込んでいったのだ。

 2016年、飯島さんはSMAP解散前にジャニーズ事務所と袂を分かち、やがてCULEN代表に。その後、同社には稲垣吾郎(47)、草g剛(46)、香取慎吾(44)が所属した。いまだ3人の日テレのドラマへの出演はない。それが実現した時が、同局と飯島さんの関係の雪解けと言える。

 ジャニーズ事務所との関係をトップとして自ら築き上げた氏家氏は会長職のまま、2011年に逝去した。以後も日テレと同事務所の太いパイプは保たれたが、それを作ったメリーさんも昨年9月、代表権のない名誉会長に退いた。同事務所と各局の関係は新時代に入った。

 もとからレコード会社とは全方位外交だった。付き合いを特定のレコード会社に絞らず、各社にタレントを委ねていた。「テレビ各局との関係もそうなっていくだろう」(民放スタッフ)

 もちろん、その背景にはジャニーズ事務所の戦略がある。「全方位外交にしたほうが、各局に対して影響力や発言権が持てる」(同・民放スタッフ)。一般企業が味方を多くするため、取引先をあえて増やすのと同じ発想である。

 例えば、1月期にはテレ朝で生田斗真(36)の主演ドラマ「書けないッ!?〜脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活〜」(土曜午後11時30分)が放送された。生田のテレ朝での主演作は初めてだった。

 テレ朝にとっては良い話だっただろう。この枠は4月期もジャニーズ勢が続投。今度は横山裕(39)の全局通じての初主演作「コタローは1人暮らし」が24日から始まる。

 テレビ東京の深夜ドラマにも最近はジャニーズ勢が頻繁に登場する。4月14日からはジャニーズJr.内ユニットであるHiHi Jetsの井上瑞稀(20)、高橋優斗(21)、作間龍斗(18)の3人が主演する「DIVE!!」(水曜深夜0時)がスタートした。テレ東の深夜ドラマはジャニーズ勢の存在抜きにして成り立たなくなりつつある。

 TBSではNEWSの小山慶一郎(36)と加藤シゲアキ(33)によるバラエティー「NEWSの全力!!メイキング」(金曜深夜0時50分)が4月30日からスタートする。

 フジテレビは日テレに次いでジャニーズ事務所との関係が良い。現在の藤島ジュリー景子社長(54)が上智大卒業後の一時期、同局で役員秘書を務めていた影響もあるだろう。

 昨年末、「VS嵐」(木曜午後7時)は終了したが、今年1月からは相葉雅紀がメーンを務める「VS魂」(同)にすんなりと移行した。

 一方、日テレとの関係が縁遠くなったかというと、そんなことはない。4月26日からHey! Say! JUMPの有岡大貴(30)が主演するドラマ「探偵☆星鴨」(月曜深夜0時59分)が始まる。

 退所者が相次いだこともあって、SNSには「ジャニーズ事務所の影響力は弱まった」などとの書き込みが相次いでいる。だが、実情はというと、影響力保持に向けた布石は着々と打たれている。各局の同事務所頼りも変化はない。

山本継男/ライター

デイリー新潮取材班編集

2021年5月2日 掲載

関連記事(外部サイト)

×