小林麻耶で思い出す“洗脳された”5人の有名人 持田香織は一時、気功師に心酔

小林麻耶、夫のあきら。に洗脳される? "洗脳騒動"貴乃花光司氏やELT持田香織など

記事まとめ

  • 小林麻耶は表舞台から姿を消し、夫のあきら。と別居していると報じられ離婚説も
  • 小林は、スピリチュアル系の整体師として知られる夫に洗脳されたと言われている
  • 洗脳騒動といえば、貴乃花光司氏やX-JAPANのToshl、オセロの中島知子などが話題に

小林麻耶で思い出す“洗脳された”5人の有名人 持田香織は一時、気功師に心酔

小林麻耶で思い出す“洗脳された”5人の有名人 持田香織は一時、気功師に心酔

小林麻耶

 昨年11月に世間を騒がせた、小林麻耶と夫の“あきら。”。イジメの告発の場となったYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」はその後、閉鎖され、彼女も表舞台から姿を消した。最近、2人は別居していることが「女性セブン」(4月1日号)で報じられるなど離婚説も流れ始めた。

 思えば、結婚から3年足らず、仲睦まじさをアピールすればするほど、2人は周囲から孤立していった。小林は、スピリチュアル系の整体師として知られる夫に洗脳されたという声がもっぱらだ。一体何が人生を狂わせるのか。他にも洗脳されたと言われた芸能人がいる。

 ***

 洗脳とは、古くは共産主義社会における強制的な思想改造と言われた。ところが、日本では芸能人やスポーツ選手などが、新興宗教や祈祷師、整体師などの言いなりになる事態が度々話題になり、今ではそれらを洗脳と呼ぶことが多い。芸能記者は言う。

「テレビや週刊誌で、いわゆる“洗脳”を取り上げることが増えたのは、92年の統一教会(現・世界平和統一家庭連合)による合同結婚式がきっかけでしょう。桜田淳子、新体操の山崎浩子、バトミントンの徳田敦子らが参加したことで騒然となり、連日のように取り上げた。後に家族らの説得を受けて脱会した山崎さんが記者会見で使った“マインドコントロール”という言葉も使われるようになりました」

 統一教会やオウム真理教による洗脳などを取り上げると、とても紙幅が足りない。今回は宗教団体とは異なる例を挙げることにする。


■理想の家族にお家騒動


 98年、日本は2人の洗脳で持ちきりだった。

“日本でもっとも理想的な家族”と言われた角界の花田家の次男・貴乃花光司と、X-JAPANのボーカリストToshlの洗脳騒動だ。とはいえ、洗脳した相手はもちろん別人である。

「現役の横綱だった貴乃花が洗脳されている、と声を上げたのは父で師匠の二子山親方だったため大騒動になりました」

 そもそも貴乃花がスポーツ紙のインタビューで、横綱に昇進した兄・若乃花に対して「若乃花の相撲には基本がない。もう若乃花と話す必要はない」と絶縁宣言をしたことがきっかけだった。理想の家族にいきなり勃発したお家騒動だった。

「絶縁宣言が波紋を呼ぶ中、二子山親方が鍼灸院治療を営む整体師を名指しで“洗脳されている。元に戻って欲しい”とワイドショーで告白。親方自身も、息子と絶縁状態になっていることを明かしました。貴乃花は実の兄を“勝氏”と呼ぶようになり、その目はなんだか焦点が合っていないような感じでしたね。この騒動以来、角界では孤高の横綱と呼ばれ、親方となってからも同じ状態が続きました」


■化け物アゴ男


 昨年、貴乃花は「週刊文春」で洗脳騒動についてこう語っている。

〈……洗脳騒動の渦中も、私は自分を保てていたので問題はありませんでした。でも、あの時に限らず、いちいち否定されないからといって、嘘でも何でも注目を集められればいいって報道は、おかしいと思うんです。私は誰も恨んでいませんが、ああいう風に扱われて、人生が狂う人もいますから。(中略)洗脳という言葉も、よくない使われ方をしますが、誤解を恐れずに言えば、師匠の指導を信じて、自分自身を“洗脳”していかないことには、強くなれないですよ……〉

 一方、ToshIがハマったのは音楽プロデューサーが主催する自己啓発セミナーだった。

「将来に不安を感じていたのでしょう。彼はヒーリングアーティストを名乗る主催者のセミナーに参加したことで洗脳されていきました。そこでは自我を解き放つためと称して、自分の生い立ちを語り、自分の心の傷を会員の前で晒して、罵倒されていたそうです。97年4月にはX JAPANから脱退を表明、家族とも離れ、会員からは“化け物アゴ男”と罵倒されても12年間にわたって信じ続け、セミナーの広告塔にもなっていた。音楽活動で稼いだ10億円以上の金銭をつぎ込んだ挙げ句、最終的には3億円近い負債を抱えて自己破産し、ようやく団体との決別を宣言しました」

 14年、ToshIは手記を発表する。タイトルは「洗脳 地獄の12年からの生還」(講談社)だった。


■大女優が訴えられた


 一方、この頃、洗脳する側に回っていると報じられていたのが、女優の佐久間良子である。

「宗教法人ではないのですが、霊示気学二穣会という宗教まがいの団体で、会員の健康不安を煽ったりして洗脳し、“預金を下ろさないと大変なことになる”などと迫っては、“金は預かる”とだまし取っていました。その会員であり、広告塔になっていると報じられたのが佐久間で、被害者から訴訟まで起こされました」

「二穣会」を主催する平林重美子や佐久間良子らを相手に約1億5000万円の損害賠償を求めた裁判は、02年、平林代表にのみ1億3500万円の賠償を命じた。佐久間については“(代表に)信頼を寄せており、その手法に疑いを持たなかったとしてもやむを得ない”として責任を問われなかった。要は佐久間も洗脳されていたわけである。そして翌年、平林代表は詐欺罪で逮捕され、懲役6年の実刑判決を受けた。

 11年、占い師に洗脳されていると話題になったのが女性漫才・オセロの中島知子だ。

「きっかけは、体調不良のため長期休養に入っていた中島が、自宅と個人事務所の家賃滞納で訴えられたことでした。訴えた側である自宅の大家がモックン(本木雅弘:註・後に提訴を取り下げ)だったというのも話題になりました。それをきっかけに、彼女が同居する占い師の言うことしか聞かなくなり、所属事務所もコントロールできなくなったことが休養に入った原因だったと報じられるようになりました」

 当時、オセロと共演していた俳優の中尾彬がコンビの不仲を心配していたと語っている。

〈(オセロが)仕事場でも口をきかなくなり、おかしいと思った。(相方の)松嶋(尚美)が幸せな部分があった。結婚(08年6月)した直後かな。それでちょっと上手くいっていないのかと思った。もともと松嶋の方がいいかげんそうで中島の方がしっかりしていた。聡明な故にいろいろ気にしちゃったのかな。そういう部分にあの女性がパクッと食いついた……〉(「スポーツニッポン」12年2月20日付)

 13年に、中島は所属事務所から契約解除され、コンビも解散した。

「15年に、中島は『ダウンタウンなうSP』(フジテレビ)の“本音でハシゴ酒”に登場し、洗脳されていないこと、占い師はただの友達であると話しました。しかし、その後も目立った活躍はありません」

 一方、気功師による洗脳騒動が持ち上がったのが、Every Little Thingの持田香織だ。最初に「ホテルの部屋は盛り塩だらけ 気功師に心酔したELT『持田香織』」と報じたのが「週刊新潮」(12年7月19日号)だった。

 ELTがデビュー10周年を迎えた頃、持田は声の不調に悩まされた。そこで出会ったのが、自然治癒を高めるという気功師夫婦。彼女はこの夫婦を頼り切り、“トータルコーディネーター”として作詞まで一緒にするようになった。彼らから購入した金粉入りの粗塩を手足にすり込み、ツアー中には東京から“気”を送ってもらい、宿泊先の部屋は盛り塩が置かれる。さらに、家族のために建てた家から、信奉者たちが暮らすマンションに移り住むほどの入れ込みようだった。

「この記事に他誌も追随し、とうとう所属事務所が見切りをつけたと言われました。幸い、ELTは解散することもなく、今も活動を続けています。持田も15年に結婚もしたので、洗脳は解けたんでしょう」

 なぜ芸能人やスポーツ選手は洗脳されるのだろう。

「彼らはサラリーマンと違って、安定した生活が保障されているわけではありませんからね。たとえ売れても、翌日はどうなるか分からない職業です。将来が読めないと宗教などに頼りたくなるのでしょう」

 ひとつ間違えると、人生が狂うことも。小林麻耶はどうするのだろうか。

デイリー新潮取材班

2021年5月5日 掲載

関連記事(外部サイト)

×