川口春奈、「着飾る恋」が窮地、“温泉ロケ”も不発で4文字にしときゃ良かった

川口春奈主演の「着飾る恋には理由があって」が窮地 大河「麒麟がくる」では評価も

記事まとめ

  • 川口春奈主演の「着飾る恋には理由があって」(TBS)の視聴率が低迷している
  • 川口は、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では沢尻エリカの代役で信長の妻・帰蝶を演じた
  • TBSの火曜ドラマでは、「逃げ恥」「恋つづ」「わたなぎ」「ボス恋」とヒット作を連発

川口春奈、「着飾る恋」が窮地、“温泉ロケ”も不発で4文字にしときゃ良かった

川口春奈、「着飾る恋」が窮地、“温泉ロケ”も不発で4文字にしときゃ良かった

川口春奈

 川口春奈(26)主演の「着飾る恋には理由があって」(TBS)の視聴率が右下がりだ。4月20日の初回9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)に始まり、4月27日の第2話8.2%、5月4日の第3話6.3%と低迷している。彼女にとって7年半ぶりの連ドラ主演だったのに――。

 ***

 彼女は、今年2月まで放送されたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で、信長の妻・帰蝶を演じた。それが評価され、TBSの火曜ドラマの枠で主演を勝ち取った。民放プロデューサーは言う。

「大河への抜擢は、逮捕された沢尻エリカの代役でした。当初は彼女の起用を不安視する声もありましたが、彼女は見事に演じきり、新たなファンも獲得しました。これでようやく、7年半前の黒歴史を払拭できたと思ったのですが……」

 7年半前の黒歴史とは、13年に放送された「夫のカノジョ」(TBS)のことである。

「川口と鈴木砂羽のW主演で、夫の不倫を疑う主婦(鈴木)と夫の不倫相手(川口)が入れ替わったら……という、今なら話題を呼びそうなドラマでした。しかし、初回4.7%で、第5話で3.0%を記録。あまりの低視聴率がニュースになったほどで、結局、第8話で打ち切りとなりました。ちなみに全話平均で3.8%でした」


■低視聴率女優からの復活


 低視聴率の原因は鈴木、という声もあったが、

「彼女のドラマも数字が取れないことがありましたからね。しかし業界では、川口も数字を持っていないという評価になってしまったんです。事実、『夫のカノジョ』以来、彼女を連ドラの主演に使う局はなかったわけですから。それでも彼女は地道に演じ続け、ついに大河では、美しいのみならず、意志を持った女性を演じられる実力派として再評価されたのです。だから今回は、彼女にとって正念場でした。特にヒット作を連発している火曜ドラマ枠ですからね」

 TBSの火曜ドラマといえば、“逃げ恥”こと「逃げるは恥だが役に立つ」(16年、主演:新垣結衣)や“ギボムス”こと「義母と娘のブルース」(18年、主演:綾瀬はるか)を筆頭に、20年には“恋つづ”こと「恋はつづくよどこまでも」(主演:上白石萌音)、“わたなぎ”こと「私の家政夫ナギサさん」(主演:多部未華子)、“恋あた”こと「この恋あたためますか」(主演:森七菜)、そして今年は“ボス恋”こと「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(主演:上白石萌音)とヒット作を連発。いずれも4文字の略称で人気が出たが、今回はない。


■山梨ロケなのになぜ栃木


「新井順子プロデューサーは、略称を付けないことを宣言していましたからね。しかし、ヒットが続いていただけに嫌な予感はありました。別にこれまでだって無理矢理感はありましたから、“キカコイ”でも“キザコイ”でも“キカザル”だってと良かったと思いますけど。キカザルでは日光東照宮になっちゃうか、なんて笑ってたら、第3話では本当に栃木が出てきたので驚きました」

 第3話は、川口をはじめとするルームシェアの4人組が、山梨にキャンプに行くというストーリーだった。

「富士山麓のグランピングで有名な“杓子山ゲートウェイキャンプ”のロケでしたね。キャンプブームですから、そちらの数字も稼ぐ気でいたんでしょう。しかし、不要なモノを嫌うミニマリスト役の横浜流星(24)がよく使っているというキャンプ場が、贅沢なグランピングというのもやや不自然。そして彼が“山の奥のある秘湯”と言って川口を連れ出したのが、旅番組御用達、栃木の塩原温泉・明賀屋本館の露天風呂だったのは興ざめでした。もちろん、作り手の気持ちはわかります。キャンプ場に泊まって、野趣溢れる露天風呂に浸かれば、風情は抜群です。川沿いの露天であれば、カメラマンを対岸に置けば撮影もしやすい。しかも、湯船に浸かっているところに突風が吹いて、彼女の服が飛ばされて、あわや裸の彼女が飛び出さんばかりのサービスカットもありました。番組スタッフは第3話で勝負に出たのかもしれませんが、裏目に出てしまいましたね」

 山梨のキャンプ場から栃木の温泉に行くには、中央道から圏央道を経由して東北道という道のりになるが、距離にして片道250キロ、往復6時間は軽くかかる。“山の奥にある秘湯”というには遠すぎるのだ。しかも、流星が飛ばされた服の代わりに買ってきたのが、“IらぶYAMANASHI”とでっかくプリントされたTシャツだった。知っている人には確かに興ざめだったろう。

「この温泉シーンは5分程度でしたが、撮影は1日がかりだったはず。そこまでやって6%台は辛い。火曜ドラマのヒット作は、右肩上がりで最終回に最高視聴率を叩き出すという特徴がありましたが、その伝説も潰えるのかもしれません」

 このドラマは何がよくないのだろうか。

「脚本は“恋つづ”の金子ありさですが、同じ上白石を主演にした前作“ボス恋”となんだか似ているような気がします。上白石を川口に、ヒロインと結ばれる玉森裕太を流星に、ヒロインに厳しい菜々緒を中村アンに、ヒロインが勤める会社社長をユースケ・サンタマリアから向井理に置き換えただけのような既視感を感じてしまうんです。似たようなドラマを2クール続けて見る視聴者はいませんよ」

 とはいえ、ヒットした火曜ドラマは、いずれも一度は谷間に入って、第5話、第6話あたりから盛り返すのが定番だ。まだチャンスは残っている。

デイリー新潮取材班

2021年5月11日 掲載

関連記事(外部サイト)

×