北川景子、永山瑛太のドラマ「リコカツ」が好評である3つの理由

北川景子、永山瑛太のドラマ「リコカツ」が好評である3つの理由

航空自衛隊員と編集者の組み合わせ

 出会って3か月でスピード婚。お泊まりしたこともなければ、セックスもしていない。でも早々に新居のマンションも購入。イマドキの結婚はそんなもんなの? 金銭感覚や人生哲学、体の相性や生活信条……共通点や相違点を確かめつつ、じわじわ煮詰めてから結婚に至るのが普通だと思っていた。もうそれは古い考え方なの? 余計なことはすっとばして「とりあえず結婚」がスタンダードなの? 初回、脳内にあらゆる疑問の嵐が吹き荒れたのが「リコカツ」(TBS、金曜22時〜)だ。

 このドラマのテーマは離婚である。離婚を前提に始まる物語なので、大量の疑問があってしかり。夫婦の価値観の違いが多ければ多いほど、「そりゃそうだわな」と思わされる。離婚への説得力が増して、引き込まれていくわけだ。

 まず、設定自体があからさまに「別れる理由」に満ちている。航空自衛隊に所属する紘一(永山瑛太)と、出版社でファッション誌の編集部に勤める咲(北川景子)。これくらい別世界の住人でなければ、価値観の違いが出てこない。でもそれにしたって、瑛太のキャラは盛りすぎでは? と思った。

 早朝に起床し、家訓を大声で読み上げる。もちろん妻にも唱和を求める。妻に朝食を作れと要求し、自分はランニングとトレーニングに出かける。インスタントや出来合いのモノには顔をしかめる。食べるのが異様に速い。皿の洗い残しにうるさい。ロッキーばりに生卵を飲む。卵焼きは甘い派。


■自衛官、編集者の描かれ方


 父親(酒匂芳)も自衛官で、家では家事を一切やらない男。

 紘一はといえば、日常会話で「お国のために」の文言が出てくる。13時を「ヒトサンマルマル」と言う。「男は女を守る生き物だ」という信念の持ち主。Tシャツの裾はジーンズに必ずイン。妻に買った初めてのプレゼントはネーム入りのライトつき超絶ダサボールペン。酔っぱらうと豚鼻になり、サウナでは乳首を隠す童貞……(ここまでくると面倒臭さやウザさを通り越して、愛おしくなってきた感もあるな)。

 ただし、元陸上自衛隊の人に話を聞いたら、あながちこの設定も嘘とは言い切れないという。「家訓唱和まではわからないが、そういう感じの人は間違いなく、いる」とのこと。「お国のために」はみんながそう思っているし、上官になればなるほど意識は強い。トレーニング大好きな人もミリタリーオタクも多い。はるか遠くを飛ぶヘリの音を聞いただけで「あれはCH-47J」と言い当てたり、休日でも1日中サバゲーをやる人もいるそうで。ごめん、瑛太。前言撤回。

 一方、北川景子サイド。ファッション誌の編集者だったがいろいろと悶着もあって、異動した先が文芸部。文芸部の描かれようはちょっとひどすぎるが、白洲迅演じる傲慢でわがままなドル箱作家はリアルにいると聞く。LINE攻撃にセクハラ・パワハラのオンパレード。呼び出しに応じなければ執筆をやめるとちらつかせる文芸ヤクザ。

 ただし、白洲迅のようなイケメン作家は皆無で、たいていが「人としてどうか」という輩。北川のように、休日返上で急な呼び出しに駆け付けたり、超絶長電話に付き合わされたりして、私生活を侵食されるケースはままある。前途有望の優秀な若い編集者が心折れたという話もよくある。そういえば、舞台となっている出版社の名は「泉潮社」……。


■米津玄師の歌とともに


 つい設定のリアリティを掘り下げてしまったが、そこも含めて、このドラマが好評である3つの理由を考えてみた。

 ひとつは離婚がテーマではあるけれど、ラブコメとしての「ロマンスの山場」を作っている点。瑛太と北川は離婚をすると口論しながらも、お互いの長所に徐々に触れあっていく。そして、毎回終盤で米津玄師の歌とともに「見せ場」があるのだ。

 初回はまさかの「階段落ち」。瑛太が北川を守るべく抱きかかえて、米津が流れる中、ダーッと背中で滑って階段落ち。

 第2話では、山で遭難しかけた北川をダサボールペンのライトで探し当てる瑛太。ぎゅっと抱きしめて「二度と俺のそばから離れるな! 乗れ!」なんつって、おんぶして救助。米津流れる。

 第3話では、関係修復の可能性を見せつつ、北川が「まだあなたの妻だから」と言う。ハート型の風船がブワーッと空に飛んで、瑛太がバックハグ。米津流れる。

 第4話では、離婚回避の方向へ急展開。「君が傷つく姿は見たくない」「君をひとりにしない」つって瑛太が北川を抱きしめる。米津流れる。

 もうこうなると、視聴者はパブロフの犬。米津が流れてきたら「ほれきた、米津! ロマンチックなシーン、くる? くる?」とよだれは垂らさないまでも身構えるワケよ。ところが、第5話では意表を突いてきた。離婚届に判を押すシーンで、まさかの米津。うまいなと思う。米津の歌もうまいし、その歌声にのっけて見せ場を作るのもうまい。この時点でTBSの思うツボ。


■離婚に向かうのは1組だけではない


 ふたつめは、瑛太と北川に対して、それぞれ思いを寄せる人物がいる点。北川には元カレの弁護士役・高橋光臣が、瑛太には航空自衛官の上官役・田辺桃子がいる。高橋は律儀に、節度ある接触なのだが、田辺は最初から瑛太への激しい好意と、北川への敵意をむき出しにする。人命救助が任務の自衛官にあるまじき行為(山中に放置)までしれっと敢行。夫婦の離婚を願う人間も描くことで、ラブコメに必須の毒を盛っている。負の感情も描かないと、奥行きが生まれないしね。

 そして3つめ。離婚に向かうのが1組だけではないところだ。瑛太の両親(酒匂芳と宮崎美子)と、北川の両親(平田満と三石琴乃)も同時進行で熟年離婚へと向かう。自分たちの離婚の前に、まずは親の離婚を止めようと画策するふたり。そこで夫婦の「埋められない溝」や「簡単にはほどけない絆」に気づかされる。親のフリみて我がフリ直せ、の構図に。

 そう簡単には離婚しない・させない・できない背景と、踏み出せない心の葛藤。惚れた腫れたの単純なラブコメではなく、夫婦の間に溜まった澱もこそげとって見せつけるような、えげつなさもある。伝説のTBS金曜枠が好きだった意地の悪い大人をそれなりに満足させてくれるのだ。

吉田潮(よしだ・うしお)
テレビ評論家、ライター、イラストレーター。1972年生まれの千葉県人。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。2010年より「週刊新潮」にて「TV ふうーん録」の連載を開始(※連載中)。主要なテレビドラマはほぼすべて視聴している。

デイリー新潮取材班編集

2021年5月21日 掲載

関連記事(外部サイト)