熊田曜子の「不倫疑惑」音声データ公開 「絶対にツーショットは撮られてない」

熊田曜子の「不倫疑惑」音声、夫が録音 「確実な証拠は絶対掴んでないって」

記事まとめ

  • 熊田曜子に不信感を抱いた夫は、自分が不在時に、自宅の様子を録音していたという
  • 音声データには、熊田と知人との電話のやり取りが収められていた
  • 熊田の「絶対にツーショットは撮られてないて」といった発言も収められていたという

熊田曜子の「不倫疑惑」音声データ公開 「絶対にツーショットは撮られてない」

熊田曜子の「不倫疑惑」音声データ公開 「絶対にツーショットは撮られてない」

熊田曜子

■「確実な証拠は絶対掴んでない」


 タレント・熊田曜子(39)の夫(38)による“DV疑惑”。目下、取り沙汰されているのは、その原因となったとされる熊田自身の不倫疑惑である。実は、妻の行動に不信感を抱いた夫は、自分が不在時の自宅の様子を録音していた。音声データには熊田と知人との電話のやり取りが収められており、熊田の口からは“不倫”を匂わせる言葉が次々に……。

 ***

 音声データには、次のような熊田の発言が収められている。

「もうマジ手震えたもん。あの、7日って言われたときに、“ちょっと向こうにスケジュールがある、持ってくるわ”って言ってさ、もう何、何ごともないような感じでさ、あの、バッグの、バッグを取りに行ったけどさ、もう手帳めくる手が震えるもん。ヤッバと思って」

「ホテルがあるとこの中のご飯屋さんに行ったよね。だってもしかしたらそこで目撃されたで、そういうふうに言ったのかもしれんねってプロは言っとって、ちょっと今後それも気をつけよう、みたいな」(プロとは、夫が熊田の不倫相手だと疑っている番組プロデューサーのことと思われる)

「でもそのプロが本当に頼もしいと思ったのが、絶対にツーショットは撮られてないて。全部別々で入っとるけ、大丈夫、みたいな」

「言い方、その、主人の言い方からして、何も、あのー、確実な証拠は絶対掴んでないって。あっは。頼もしい。プロですねー、と思った。はっは。プロです。はっはっは」

 発売中の「週刊新潮」6月10日号では、さらに詳しく報じている。

2021年6月11日 掲載

関連記事(外部サイト)

×