流行の「SDGs」でバラエティ番組から名物企画が消える日

流行の「SDGs」でバラエティ番組から名物企画が消える日

「Good For the Planetウィーク」のパーソナリティを務めた城島茂、国分太一、松岡昌宏

 5月31日〜6月6日の1週間、日本テレビが行った“Good For the Planetウィーク”キャンペーンをご存知だろうか。国分太一、城島茂、松岡昌宏をパーソナリティに、スペシャルサポーターに橋本環奈、特別大使に市川海老蔵を立て、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに、日テレ系の40以上の番組が参加した。地球にやさしい、人にやさしい番組には、視聴者から意見が寄せられたものの、日テレは今、自縄自縛に陥っているという。

 ***

 日テレ関係者が言う。

「実は、4月期のドラマ『恋はDeepに』も主人公の石原さとみが環境破壊を阻止するというテーマがあり、SDGs推進が背景にあるドラマだったんです」

 そこに人魚姫が絡んできたものだから分かりにくくなってしまったが、なぜ日テレはSDGsに熱心なのだろうか。

 最近よく聞く“SDGs(Sustainable Development Goals)”とは、日本語で“持続可能な開発目標”のこと。平たく言えば、人や地球に優しい未来を見据えた活動のことで、2015年に国連で全加盟国により採択され、17の分野別の目標と169項目の達成基準が設けられている。日本も全国務大臣を構成員とする「持続可能な開発目標(SDGs)推進本部」を設置し、取り組んでいる。


■政府からの強い要請


 また国連は「SDGメディア・コンパクト(協定)」を発足し、SDGs達成の後押しとなるべく各国の報道機関への署名を求めた。日本のテレビ局や新聞社なども参加しているが、中でも日本テレビは最初に加盟した報道機関のひとつという。先の日テレ関係者は言う。

「日テレの大久保好男会長は民放連の会長でもあるので、率先して動かないといけませんからね。現在は他局でもSDGsをテーマにしたスペシャル番組が放送されたり、レギュラーの番組でもSDGsをテーマにした企画が放送されるようにもなりました。テレビ各局のSDGsブームは、世間の関心が高まっていることも影響しています。しかし、それ以上に、政府(総務省)から強い要請を受けていることも関係しています。NHKを含めすべてのテレビ局は、総務省の管轄下にあります。テレビの電波は免許制ですから、お上の要請を断ることなどできません。民放でもSDGs推進していかねばならなくなったんです」

 日テレは公式ページで以下のように高らかに宣言している。

《公共性・公平性を担う報道機関としての/社会的責任を果たしながら/持続的な成長を実現し社会に貢献します》


■お叱りの声に変化


 SDGSsを推し進めるキャンペーンが“Good For the Planetウィーク”だ。初日の5月31日、夜の番組で最初に放送されたキャンペーン番組が「有吉ゼミ」である。この日はヒロミとジェシー(SixTONES)によるDIY企画“八王子リホーム”だった。かつてヒロミの運転手を務めたお笑いコンビ・天津の木村卓寛が岩手に単身赴任中のため、彼のワンルームマンションを“端材”でリフォームするというテーマだった。ナレーションが入る。

「今週は日テレ系の番組で、地球の未来のためにいいことを視聴者の皆さんと考える“Good For the Planetウィーク”。実は、日本の工場や建築現場で出る端材ほか建築廃棄物は年間7000万トン以上になるとも言われるのだが、近年SDGs、持続可能な開発目標の考えのもと、その再利用が注目されている」

 丸太の端材を使ったテーブルや、壁面収納、折り畳みの2段ベッドなどを手際よく作っていくヒロミとジェシー。溶接機まである豊富な機材はともかく、SDGsのテーマに沿った企画だった。

「この日の放送は好評だったと思います。ただし、『有吉ゼミ』は本来、大食いや激辛グルメのコーナーが人気の番組なんです。前週の24日も“ギャル曽根VSチャレンジグルメ”と“超激辛!地獄のエンマ冷麺”がメイン企画でした。もともと、こうしたバラエティ番組には“大食いコーナーはいかがなものか”“食べ物を粗末にするな!”といった意見が寄せられますからね。今回は敢えて放送しなかったというわけです」

 ニュース番組や情報番組でSDGsを取り上げたのとはわけが違う。今回、日テレは会社を挙げて、バラエティ番組もキャンペーンに取り組んだ。

「ほぼ毎日、SDGsをテーマにした番組を放送した結果、関心の高い視聴者から“キャンペーンの1週間だけ取り上げるだけなのか? それでよいのか?”“キャンペーンを終えたら、また環境に優しくない放送をするのはおかしい”という意見が寄せられました。『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー“ゴチになります”も、今回は“地産地消ゴチ”と名付けて、東京で採れる食材でバトルを繰り広げたのですが、“フードロス削減が叫ばれている中、高級料理を食べる企画はいかがなものか”という意見もあったそうです」

 確かに正論ではあるけれど……。

「今回“♯今からスイッチ”というテーマで展開したキャンペーンは、CMスポンサーからの評判もよく、日テレは『24時間テレビ』のように、このSDGsキャンペーンを毎年展開していく予定だそうです。パーソナリティに起用されたTOKIOも、レギュラー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』のPRにもなったので喜んでいるそうです。『鉄腕DASH』は長年、自然に向き合ってきた番組ですからね。SDGsキャンペーンが続く限り、彼らのパーソナリティも継続するでしょう」

 日テレのバラエティといえば、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」(89〜96年)に代表されるような、過激で無茶な企画がウリだった頃もあったが……。

「SDGsの17の分野別の目標には、貧困をなくそう、飢餓をゼロに、ジェンダー平等を実現しよう、人や国の不平等をなくそう、といったものがあります。テレビ番組を制作する上で、特にバラエティの大食い企画といった名物企画は制作しにくくなり、ますます番組は面白くなくなる可能性もあります。ますますテレビ離れが進むかもしれず、本当に頭の痛い話です」

デイリー新潮取材班

2021年6月19日 掲載

関連記事(外部サイト)