ドン・ファン「小林廣輝アナ」は番組降板だけで済まないという声 斎藤ちはるアナにも影響

小林廣輝アナ番組降板だけで済まないという声 熱愛報道相手の斎藤ちはるアナにも影響

記事まとめ

  • 「赤坂のドン・ファン」という呼び名も定着しつつあるTBSの小林廣輝アナウンサー
  • テレ朝の斎藤ちはるアナが自宅に泊まった翌日、別の美女と帰宅し数時間を過ごしたそう
  • 斎藤アナには何の落ち度もないが、主婦層のイメージが悪化するのは避けられないとも

ドン・ファン「小林廣輝アナ」は番組降板だけで済まないという声 斎藤ちはるアナにも影響

■視聴者はドン引き!?


 独身だし、不倫じゃないからセーフ──とはいかないらしい。「赤坂のドン・ファン」という呼び名も定着しつつあるTBS小林廣輝アナウンサー(27)のことだ。彼を待ち受ける“前途”は、かなり厳しいという。

***

 事の発端は、写真週刊誌「FRIDAY」6月25日号だった。掲載された記事の長いタイトルは、以下のような具合だ。

「人気女子アナ熱愛スクープ第1弾 仕事終わりに着替えを持って彼氏の家へ 相合い傘&腕組みデート 「テレ朝」斎藤ちはるアナ(24) TBS小林廣輝(27)イケメンアナウンサーとお泊まり愛 小林アナには二股疑惑も」

 タイトルを読めば、記事内容は一目瞭然だろう。詳細は割愛させていただく。ただ、《二股疑惑》だけは説明しておこう。

 これは斎藤アナが小林アナの自宅に泊まった翌日、小林アナは《謎のミニスカ美女》と一緒に帰宅し、数時間を共に過ごしたということを指す。

 小林アナはFRIDAYの取材に、ミニスカ美女は《航空会社で勤務している先輩》と説明、《友人》だと二股疑惑を否定した。

 FRIDAYは、小林アナの説明には“虚偽”があるのではないかと、ほんのり匂わせて記事は終わった。

■「降板では済まない」


 ところが、である。小林アナの女性関係は、もっともっと複雑に入り組んでいたようなのだ。FRIDAYの7月9日号には、次のような記事が掲載された。

「斎藤ちはるアナとの熱愛報道後、“交際女性”から怒りの告発が続々 二股どころじゃなかった! TBS小林廣輝アナは“赤坂のドン・ファン”だった!」

 斎藤アナとの交際を報じると、FRIDAY編集部には合計12件の情報提供が殺到したという。記事では4人の女性が取材に応じ、《浮気がバレたら「妹だから」と言い訳》する姿など、小林アナの不誠実な素顔を明らかにした。

 レギュラー出演していることから、6月15日の「アッコにおまかせ!」(TBS系列・日・11:45)で小林アナは「本当にお騒がせして申し訳ありません」と視聴者に謝罪を行った。

 東スポWebは25日、「TBS小林廣輝アナがテレ朝・斎藤ちはるアナと破局 “ドンファンぶり”露見で降板も」の記事を配信。「アッコにおまかせ!」や「Nスタ」(同・平日・15:49)を《降板する流れも出ている》と報じた。

 だが、降板で収まるような話ではないという。民放キー局のプロデューサーは「視聴者に好感を持たれてこそアナウンサーです。FRIDAYの記事を読むと、アナウンサー職を解かれても不思議はないレベルだと思います」と指摘する。


■「ワンダフル事件」


「FRIDAYの記事には、小林アナが他の女性に使っていた性的な玩具を見つけられて問い詰められたという記述と、その証拠写真が掲載されています。これでは局アナの仕事を続けさせることは無理でしょう。局アナはサラリーマンだから厳正に処罰されるという意味ではありません。これほどのスキャンダルなら、独身の男性芸能人でも、引退に追い込まれて不思議はないはずです」

 TBSは、男性アナウンサーのスキャンダルに厳正な対処をしたことがある。1999年、同局の深夜番組「ワンダフル」(1997〜2002)の出演者などが性的なパーティーに興じているとの報道が行われ、写真週刊誌が当時アナウンサーだった男性社員が裸になっていた写真を掲載した。

「当時のTBSは、男性社員を即座に番組から降板させ、アナウンサーの職を解きました。今は番組制作のプロデューサーになっています。他のキー局でもセクハラや盗撮で職を解かれた元アナウンサーが別部署で働いている姿を見ることがあります」(同・プロデューサー)

 この“前例”に従えば、小林アナは番組を降板させられるだけでなく、局アナの職を解かれる可能性が高いことになる。もし実現すれば、他部署に異動となるわけだ。


■フリーを選んだアナも


「『ワンダフル』の問題を他山の石と受け止めたキー局が大半でした。ある局では幹部が制作スタッフを集め、『ちゃんとお金を払って、サービスを提供してくれる店に行きなさい』と訓示したという、知る人ぞ知るエピソードがあります。小林さんがどうしてもアナウンサーを続けたいのなら、会社を辞めてフリーになるしかないですね」(同・プロデューサー)

 元NHKの登坂淳一アナ(50)は一応、フリーの成功例と言えるかもしれない。セクハラ疑惑を週刊文春に報じられたが、所属事務所のホリプロが必死にサポートして何とか出演が続いている。

 一方、姿を見なくなったアナウンサーもいる。「業務規定に違反」と発表され、フジテレビを自主退職した長谷川豊アナ(45)の場合、一時期はフリーで精力的な活動を続けていた。だが2017年以降、何度か衆・参院選に挑戦して落選。今では露出が減っている。

 それにしても、飛んだとばっちりとなったのがテレビ朝日の斎藤ちはるアナだ。

「彼女には何の落ち度もないとはいえ、主婦層のイメージが悪化するのは避けられないでしょう。おまけに現在、担当している番組は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系列・平日・8:00)ですから、まさにメインターゲットの視聴者層になります。それにしてもテレビ朝日の女性アナウンサーは最近、受難続きと言わざるを得ません。局幹部は頭を抱えているのではないでしょうか」(同・プロデューサー)


■“恋愛下手”


 2016年には田中萌アナ(29)が局内不倫を報じられた。翌年には現場に復帰したものの、かつてほどの人気は取り戻せていない。

 今はフリーの小川彩佳アナ(36)も、そもそもテレビ朝日の局アナだった2017年に櫻井翔(39)との交際を報道された。

 だが18年4月に破局が報じられ、19年2月に退職。6月から「NEWS23」(TBS系列・月〜木・23:00、金・11:30)のメインキャスターを務めている。

「20年には医師で経営者の豊田剛一郎さん(37)との結婚が報道されましたが、今年に入って豊田さんの不倫が報じられたのは記憶に新しいところです。これほどまでに“恋愛下手”な女子アナが目立つキー局というのは、他にないのではないでしょうか」(同・プロデューサー)

 ただし、田中アナや小川アナと違い、斎藤アナは完全な被害者だ。改めて小林アナの“罪”の重さを考えさせられる。

デイリー新潮取材班

2021年6月26日 掲載

関連記事(外部サイト)