国際ドラマ、CM、9月には映画……48歳「木村拓哉」にばかりなぜ仕事が集中するのか

 木村拓哉(48)が娘たちに負けじと大活躍だ。彼のCMを見ない日はないし、9月には主演映画も公開、さらに大型国際ドラマ「THE SWARM(原題)」に出演することも発表された。キムタク人気は誰もが認めるところだが、最近は以前にも増して多忙だ。事務所もどんどん仕事を入れているそうだが、それには理由があって……。

 ***

 現在、キムタクが出演しているCMは、“やっちゃえNISSAN”の日産、“スマイルのリレーは続く”のマクドナルド、芦田愛菜と共演したリクルート、男性化粧品のバルクオムと、大手企業ばかりだ。

 9月には主演映画「マスカレード・ナイト」も公開予定だ。

 さらに、ヨーロッパ各国の主要放送局とHulu Japanが共同制作する大型国際ドラマ「THE SWARM(原題)」に出演することも発表された。「THE SWARM」は、世界的ヒット作「Game of Thrones」の主要プロデューサーの一人、フランク・ドルジャーが製作総指揮を務める。総制作費は30億円以上という。


■清廉潔白なキムタク


 キムタクが海外制作のドラマに出演するのは初めてだ。出演に当たり、彼はこうコメントしている。

《「Game of Thrones」は大好きな作品でしたので、そのチームからのオファーがあった際は、素直に嬉しい気持ちでした。原作の世界観の完成度が高く、この世界観の中に自分が参加できる事を大変嬉しく思います。どんな役であれ、頂いた役柄を大切に演じたいと思っています。/また、日本だけでなく、世界がまだこのような時世ですので、細心の注意を払って現場に赴きたいと思っております。》(Hulu公式ページより)

 世界が注目するキムタク……とはいえ、今さらという気もするが。民放ディレクターが言う。

「彼が他のジャニーズ事務所のタレントと決定的に違うのは、スキャンダルがないことです。もともとジャニーズ事務所は、極端と言っていいほどスキャンダルを嫌ってきました。ティーンを中心とする若者ファンに対して、常に“夢を与える存在”でなければならないと、創業者のジャニー喜多川氏が目を光らせ、指導してきたのです。しかしジャニー氏が亡くなって以来、タガが外れたように、女性問題やグループ脱退など次々とスキャンダルや問題が発生するようになりました。現在の滝沢秀明副社長の一番の悩みの種となっているわけですが、事務所の長男と呼ばれた近藤真彦まで退所させることになりました。その点、キムタクはこれまでスキャンダルとは無縁で、安心して仕事を任せられるというわけです」

 確かにキムタクは清廉潔白で通してきた。それどころかSMAPの解散後もただ一人、退所することなく事務所に残っているし、今や妻や娘たちと共に芸能一家を形作っている。

■キムタクの次は増田貴久


「国際ドラマ『THE SWARM』は、Huluが昨年配信した『THE HEAD』に続くものです。『THE HEAD』は山下智久が出演したことで話題となりましたが、実はジャニーズ事務所は今回も山下を出演させるつもりだったのです」

 山Pはコロナ禍にもかかわらず未成年女性との飲酒が報じられ、昨年10月31日付で退所している。

「『THE HEAD』は昨年6月に配信がスタートしたのですが、作品の評価はあまり芳しくなかった。そこで山下自身による宣伝プロモーションがセッティングされました。そこにスキャンダルが報じられ、芸能活動を自粛。もちろん宣伝活動も中止となりました。二度と同じ轍は踏みたくないジャニーズは、今回の『THE SWARM』に誰を出演させるべきか検討を重ねたそうです。それで決まったのが、スキャンダルに縁がないキムタクというわけです」

 前作に山Pが出演することになったのは、英語が堪能で海外志向が強かったからと言われるが、キムタクは?

「彼は英語が得意でもなく、海外ドラマもこれが初めて。彼自身、海外志向も特にないでしょう。それでも“スキャンダルがない”ということが、ジャニーズ事務所の他のタレントを押しのけたのです。海外の大物プロデューサーにとってはいまだに、日本の人気俳優の頂点にいるのは木村という認識もあるようですしね」

 ジャニーズの稼ぎ頭は五十近いキムタク。彼も大変である。

「ジャニーズ事務所が今イチ推しのアイドルは、King & PrinceとSnow Manですが、キムタクと同じく、仕事をどんどん入れられているのは、NEWSの増田貴久(34)です」

 NEWSには山Pもいたし、当初9人編成が現在はトリオに。ジャニーズ史上、もっとも変遷を繰り返してきたグループと言っていいだろう。

「そんな中にあって、彼はスキャンダルとは無縁なのです。事務所も安心して仕事を任せられる存在になっています」

 唐沢寿明主演の7月ドラマ「ボイスII 110緊急指令室」(日本テレビ)にも、増田の出演が発表されたが、前シリーズでは敵役となり意識不明の重体となっていた。まさかの再登場にネットもザワついたほどだ。今回も出演が決まった。さらに「ネタパレ」(フジテレビ)や「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ)などバラエティのレギュラーも抱えている。

「人気タレントは仕事以外のプライベートで、スキャンダルに発展する誘惑も多い。ジャニー喜多川氏が亡き今、自分を律する強い意志と回避する能力がないと、令和の芸能界は生き残れません」

デイリー新潮取材班

2021年7月4日 掲載

関連記事(外部サイト)