離婚成立「福原愛」のテレビ復帰はいつになる? 業界人があげる「本命」「大穴」の番組名

離婚成立「福原愛」のテレビ復帰はいつになる? 業界人があげる「本命」「大穴」の番組名

福原愛

■視聴者は嫌悪?


 Smart FLASHは7月8日、「福原愛『夫は邪魔!』国際離婚を急いだウラに『五輪番組に出演の野望』」の記事を配信した。

 ***

 この日、福原愛(32)は江宏傑(32)との離婚を発表した。記事の内容を要約して、ご紹介しよう。

◆今年、福原は芸能界に復帰する予定だった。個人事務所を設立。オリンピックの卓球解説だけでなく、バラエティ番組の出演などを考えていた。

◆離婚騒動が報じられ、バラエティ番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系列・木・20:00)の出演も取りやめになった。

◆「五輪関係の番組だけは何としても出演したい」と考えていた福原は、急いで離婚問題を決着させた。

 記事は「あとは、世間がどこまで許すかですが……」という《スポーツ紙記者》のコメントで締め繰られている。

 更にNEWSポストセブンは14日、「福原愛、離婚成立で五輪関連の仕事が決定 スポーツ界への恩返しへ」の記事を配信した。

 文中には「実はこのタイミングで、東京五輪関連の仕事が正式に決定したと聞いています」と、《テレビ局関係者》のコメントが紹介されている。


■待つのは「イバラの道」


 だが、民放キー局で番組制作に携わるスタッフは、「当分の間、福原さんのテレビ出演は無理だと思います」と言う。

「離婚が成立したからと言って、主婦層などの反発はまだ根強いものがあります。民放の場合、出演となるとスポンサー企業も心配するでしょう。バラエティ番組だけでなく、今の福原さんに卓球の解説を依頼するテレビ局は少ないと思います。五輪特番にしても、福原さんの代わりになるアスリートは、正直なところ、いくらでもいます」

 結局のところ、福原が離婚しようがしまいが、既に彼女のイメージダウンが深刻なレベルに達していたということのようだ。

「夫婦仲が良く、ママタレとして安定した活動を見せていました。元アスリートとしてのタレント活動も手慣れたものでした。視聴者が好感を持って見ていたからこそ、今回のモラハラ・不倫騒動で、振り子は反対側へ大きく振れたと思います。『顔も見たくない』という視聴者は少なくないでしょう。福原さんはテレビへの復帰を諦めないでしょうが、待ち受けているのはイバラの道だと思いますね」(同・スタッフ)

 しばらくは隠忍自重というわけだが、希望がないわけではないという。


■本命と大穴


「テレビ朝日さんが特番で放送している『夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!』のスタッフは関心を持っていると思います。とんねるずの2人は、これまでにも番組で福原さんと何度も対戦してきました。彼女の本格復帰番組としては本命中の本命だと思います。番組側、福原さん側共に、Win-Winの関係が成り立つ、数少ないテレビ番組だと言えます」(同・スタッフ)

 この「夢対決」が卓球を取り上げたのは2000年代になってからだが、初回から福原は常に出演を果たしてきた。フィギュアスケートや野球の選手も卓球に挑戦する姿が放映される中、福原は2017年まで対戦者として連続出演している。

 現役を引退してからも特別解説として出演するなど、この番組とは深い関係を築いてきた。まさに番組にとって彼女は「顔」の1人だ。福原からすれば、何があっても出演したい番組の1つだろう。

 本命があれば大穴もある。サプライズを重要視するならば、大晦日の特番「笑ってはいけないシリーズ」(日本テレビ系列)のようだ。

 終了説も囁かれているとはいえ、もし出演できたら話題になるのは間違いない。

「しかし成功するかは未知数です。同じように不倫問題でバッシングに苦しんでいたベッキーさん(37)がサプライズ出演しましたが、世論の受けとめは芳しくありませんでした。こうした前例もありますから、福原さんサイドにとってはギャンブル的な要素が懸念材料でしょう。とはいえ、バラエティ番組に軸足を置くなら、復帰するには理想的な番組と言えるのではないでしょうか」(同・スタッフ)

デイリー新潮取材班

2021年7月20日 掲載

関連記事(外部サイト)