中川大志×新木優子 日曜夜を気楽に過ごす「ボクの殺意が恋をした」

中川大志×新木優子 日曜夜を気楽に過ごす「ボクの殺意が恋をした」

新木優子演じる漫画家に復讐を企む

 NHKのコント番組で「コメディ筋肉」を開花させた中川大志と、ここ最近出ずっぱりの新木優子が組んだドラマ「ボクの殺意が恋をした」。意外な楽しみ方をテレビ評論家・吉田潮氏が伝授する。

 今期ドラマの中で最もくだらないというか馬鹿げた設定が意外な笑いを誘う「ボクの殺意が恋をした」(日テレ・日曜22時半〜)。殺し屋がターゲットに恋をしてしまうという設定を聞いて、一瞬あの名作がよぎった。長瀬智也主演「うぬぼれ刑事」(2010年・TBS)だ。容疑者の女性にいちいち恋をしてしまう刑事が、逮捕or婚姻の選択を迫るというラブコメディだったが、こっちは殺し屋なのでもうちょっとシビアになるのかなと思ったら……いや、全然シビアじゃない! むしろくだらなさに拍車をかけて、清々しさまで感じる!

 主演は中川大志。中川と言えば、「少女漫画原作映画御用達」期が続き、胸キュン青春系一人勝ちの印象も強い。ただし、彼のコメディ筋肉を開花させてしまったのがウッチャンこと内村光良だ。NHKのコント番組「LIFE!」でレギュラーとなった中川は、あれよあれよというまに白目の剥き方やあごのしゃくれ方などを会得し、コメディ作品に全方位対応可能な人材となった。もうただのイケメンではない。ちょっとやそっとのおかしなことをしでかしても違和感のない俳優である。

 その中川が演じるのはイケメンだが、運も間も悪い青年・男虎柊(おのとら・しゅう)。幼い頃に両親を亡くした後、育ててくれた男虎丈一郎(藤木直人)の清掃会社で働いていたが、丈一郎が殺害されたことを機に、人生は思いもよらぬ方向へ。なんと、丈一郎は警察の秘密組織に所属する腕利きの殺し屋だった。丈一郎とともに長年面倒をみてくれた刑事・綿谷詩織(水野美紀)から真実を明かされ、殺し屋稼業の後継者として丈一郎の復讐を誓うはめに。


■猛暑にはちょうどいい抜け感


 丈一郎を殺したのは人気漫画家・鳴宮美月(新木優子)とわかり、復讐のために近づくも、抜群の間の悪さからなかなか手を下すことができずにいる。恩人の復讐そっちのけでうっかり美月を守ってしまうボディガードになっちゃうわ、美月は初恋の相手だったとわかっちゃうわで、暗殺計画は遅々として進まず。

 実は、美月の命を狙っている殺し屋がもうひとり。通称「デス・プリンス」(鈴木伸之)が別ルートの依頼で動き出している。表向きは人気モデルの八乙女流星として活躍しているが、実際には芸術的な殺し方にこだわりのある凄腕殺し屋っつう設定ね。

 ターゲットに恋心を抱く戸惑い、そしてデスプリとの暗殺競争、恋の三角関係……。もう馬鹿馬鹿しいったらありゃしないのだが、真剣に集中してドラマを観ることを許さない猛暑にはちょうどいい抜け感がある。気合いも根気も不要の日曜夜のひとときを提供。

「いや、もうくだらなさすぎて、どうでもいいわ」と捨てるのはチョイ待て。中川がちょいちょい見せるコメディ筋肉を見守ってほしい。アクションとか鍛え上げた筋肉というかっこエエ話ではなくて、間の悪さで右往左往するヌケサク感と、瞬間的に魅せる変顔を楽しんでほしいのだ。

 また、最も馬鹿馬鹿しいと思うのはデスプリがあまりにも非合理的な殺しにこだわるところだ。凄腕の殺し屋という割に、手の込んだ仕掛けが大好きで、しかもことごとく失敗する。風船やらヨーヨーやら灯籠やらを使い、不確実すぎる化学反応を利用した殺しの手法。米村でんじろう先生か! とツッコミの嵐。心が汚れた大人としてはいろいろと納得のいかない部分も多いのだが、これは夏休みのお子さん向けってことで、腑に無理やり落とそうと思える。


■「これはあの名作オマージュですね」


 私は映画にあまり詳しくないが、「これはあの名作オマージュですね」と思わせるシーンもちょいちょいある。丈一郎が遺した隠し部屋(武器や秘密道具が収納されている)は、「キングスマン」を彷彿とさせる。もちろん質も精度も段違いではあるけれど、ちょっと心躍る瞬間。

 また、デスプリの企みを看破して阻止する柊だが、その背景には丈一郎に鍛えられた何気ない動きがベースになっていたり、謎の座学が役に立っている。アラフィフおばちゃんとしては、「ベスト・キッド」を思い出してしまうわけよ。いじめられっこ少年のダニエル(ラルフ・マッチオ)が日系人の謎のおじさん・ミヤギ(ノリユキ・パット・モリタ)から空手を教わることになるも、雑巾がけやらペンキ塗りやらの雑用ばかり。でもその単調に見える動きこそが空手に役立つ訓練だった、というヤツね。

 柊はただの清掃業者なのに、実は丈一郎が仕込んだ特殊な訓練の繰り返しで、自然と体は鍛えられている。いきなり矢や毒針が飛んできても察知して手で止めたり避けたりすることができるし、殺気も感じ取れる。都合よくいかなアカンところは都合よく進み、間が悪いところは全力で間の悪い展開。もう難しいことは抜き、感覚だけで楽しめ、考えるな、感じろ、というドラマなのだ。

 忘れちゃいけない、ヒロインの新木優子もメキメキと音を立てて出世している女優のひとりだ。2016年あたりからは新木の姿を見ない日はないくらい、馬車馬のような働きを見せている。「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジ系)や「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」シーズン3(フジ系)などの地上波有名人気作品にも出演しているが、個人的には深夜枠ドラマの新木が好き。勝手に「新木優子オススメ三部作」を記しておく。


■新木優子オススメ三部作について


「いつかティファニーで朝食を」(日テレ系)では、裕福ではない家庭に育ち、父親との確執を抱える、真面目なヨガインストラクターの役。線の細さが動物性食品を摂らない繊細な設定にぴったりだった。こじゃれた職業の女性たちが遭遇する恋の憂き目と落とし穴を描く作品で、地味だけど密かに中毒性のあるドラマ。主演はトリンドル玲奈、森カンナと徳永えりが共演。

「ラブラブエイリアン」(フジ系)は初主演作で、ちっさい宇宙人を居候させてあげるフードコーディネーターの役。これ、ラブコメディだが女たちの辛辣な本音と欲がぶちまけられていて、かなりの秀作なのでオススメ。新木も可愛いが、地球人をディスる宇宙人2匹も超絶キュート。

 最後の「100万円の女たち」(テレ東)では、子役出身で世界的に有名になった女優の役だったが、主役の野田洋次郎にふんわり秋波を送る姿はうっかり恋するくらい可愛かった。野田をこき下ろす鼻持ちならない作家(中村倫也)を面と向かって罵る、案外毒舌家という設定も気持ちがよかった(のちに非業の死を遂げるんだけど)。今回の美月役も毒舌家の設定で命を狙われるというところで、ちょっと懐かしく思い出した次第。

 ドラマ自体は特筆すべき内容でもないので、いろいろと盛り込んで書いてみた。いや、楽しんでますってば、日曜夜を。田中みな実が数ミリ浮いている感じも含めて、楽しんでますってば!

吉田潮(よしだ・うしお)
テレビ評論家、ライター、イラストレーター。1972年生まれの千葉県人。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。2010年より「週刊新潮」にて「TV ふうーん録」の連載を開始(※連載中)。主要なテレビドラマはほぼすべて視聴している。

デイリー新潮取材班編集

2021年8月1日 掲載

関連記事(外部サイト)