「24時間テレビ」に漂う暗雲 目玉の「生徒が人生をやり直せる学校」は不運の連続

「24時間テレビ」に漂う暗雲 目玉の「生徒が人生をやり直せる学校」は不運の連続

「生徒が人生をやり直せる学校」日本テレビ公式ホームページより

 今日21日より放送される「24時間テレビ」(日本テレビ系)。メインパーソナリティーには人気急上昇中のKing & Prince(平野紫耀[24]、永瀬廉[22]、高橋海人[22]、岸優太[25]、神宮寺勇太[23])の5人を抜擢し、スペシャルドラマにはグループ人気No.1の平野を主演に持ってきた。これで今年も安泰と思いきや、ここにきて日テレ社内には不穏な空気が漂っているという。

 ***

 昨年にも増して新型コロナ感染は拡大しているため、今年の「24時間テレビ」の放送が過酷になることは、デイリー新潮「コロナ禍、東京五輪開催直後……それでも放送される『24時間テレビ』のスタッフはツラいよ」(8月18日配信)で報じた。

 とはいえ「視聴率的にはそこそこいけると踏んでいた」と言うのは、日テレ関係者だ。

「メインパーソナリティーは、ジャニーズファンはもちろん幅広い女性層に人気があるキンプリです。『24時間テレビ』恒例のスペシャルドラマは大幅にテコ入れし、平野主演の学園ドラマにしましたからね」


■SPドラマ初回の主演は森繁!


 スペシャルドラマは80年の第3回から放送されているが、初回「機の音」の主演は森繁久彌と北林谷栄、脚本は倉本聰である。81年の「いのち・ひとつ」の主演は大原麗子で、原作は新藤兼人……なんだか重みが違うし、見たくもなってくる。だが、91年をもって一時中断した。

 復活したのは97年の「勇気ということ」(主演・堂本光一、視聴率26・3%[ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同])で、以後ほとんどジャニーズが主演を務めるようになり、06年以降は一貫してジャニーズ主演だ。もっとも、歴代最高記録(数字が残っているのは97年以降)は、05年に阿部寛が主演した「小さな運転士 最後の夢」の視聴率26・6%である。

「チャリティー番組ですから、障害者や病に打ち勝った主人公のドラマが多かった。しかし、いくらジャニーズアイドルを主人公にしても、テーマが重く、数字が取れないことが少なくなかったんです。そこで、17年の『時代をつくった男 阿久悠物語』(主演・亀梨和也、視聴率25・6%)や、18年の『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』(主演・中島健人、視聴率16・2%)、そして昨年の『誰も知らない志村けん 残してくれた最後のメッセージ』(主演・重岡大毅、視聴率22・6%)というように、エンターテインメント性のあるドラマを制作するようになってきたのです」


■重なる不運


 今年の「生徒が人生をやり直せる学校」は実話を基にしたドラマだが、より一層エンターテインメント性を高めた学園ドラマだという。

「学園ドラマに決まったのは半年以上前です。『今まで演じたことのない役柄をやらせたい』というジャニーズ事務所の意向もあり、平野に初の教師役を演じさせることになったのです。同じ学園ものでも、映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜ファイナル』では生徒役ということも考慮したそうです。日テレ側としては、昨年の『未満警察 ミッドナイトランナー』で平野には中島健人と共に警察学校の生徒役を演じてもらったものの、あまり良い結果を残せなかったこともあり(平均視聴率9・4%)、事務所の意向を受け入れることにしたそうです」

 ちなみに映画「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜ファイナル」は、「24時間テレビ」の放送が始まる前日の20日に公開初日を迎えた。

「そこで問題となったのが、放送前日の恒例となっている“電波ジャック”です。『24時間テレビ』が始まる前日の金曜日は、例年、メインパーソナリティーが日テレの朝の情報番組やワイドショーなどに出演して大宣伝を展開します。ところが今年は、その場に平野が入れない。その日、彼は映画宣伝のために稼働しなければならなかったのです」

 初日の舞台挨拶だけではなかった。「かぐや様〜」の製作委員会にはTBSテレビが名を連ねている。20日、彼はTBSの「ラヴィット!」や「ひるおび!」などに出演していたのである。

「そこで日テレは、16日から20日まで、キンプリメンバーを朝の番組に日替わりで出演させるようにしたのです」

 16日に岸、17日に平野、18日に神宮寺、19日に永瀬、20日に高橋といった具合だ。

「ところが、いくら人気のキンプリが出演するといっても、『1週間、毎日ゲストとして来られては困る』という不満の声が、番組プロデューサーから上がっていました」

 さらに、予期せぬ事態が生まれたという。

「今週はキンプリメンバーが“24時間テレビ週”として様々な番組に出演したのですが、『ザ!鉄腕!DASH!!』はじめ普段より数字を落とした番組が多いのです。キンプリ総出演だった『行列のできる法律相談所』など8・9%と未曾有と言っていい低視聴率でした。おかげで、今年はマズいという空気が社内に流れています」

 不運は他にもある。

「平野のブランドイメージをアップできるような“旬の人気女優”をキャスティングしようということで、日テレ上層部が交渉に動き、こちらも人気急上昇中の浜辺美波とベテランの篠原涼子が起用されました」

 篠原が主演した07年の「ハケンの品格」(日テレ)は平均視聴率20・1%と大ヒットし、昨年はシリーズ2も放送された。スペシャルドラマでは無気力な高校生たちを立ち直らせる熱血教師たちが描かれるが、篠原は高校改革のキーマンとなる“学校司書”として登場。まさに“スーパーハケン”のような役どころだ。

「ところが篠原は、7月24日に夫の市村正親との離婚を発表した上、直後の8月5日に韓流アイドルとの不倫疑惑まで報じられてしまったのは想定外でした。彼女に嫌悪感を持つ女性はドラマを見てくれないかもしれません」

デイリー新潮取材班

2021年8月21日 掲載

関連記事(外部サイト)