パッとしなかった菅原文太の俳優人生を変えた伝説のヤクザ・安藤昇との出会い

 意外に思われる方もいるだろうが、高倉健、石原裕次郎、小林旭の芸能界デビューはともに1956年である。キャリアのスタート時から脚光を浴びた3人から遅れること2年、菅原文太が25歳で本格デビューした。だが、なかなか役に恵まれず、「仁義なき戦い」での熱演でようやく脚光を浴びたとき、文太は40歳になっていた。仕事が欲しい、もっと上に行きたい。スターたちの放つまばゆい光の陰でもがく文太の姿を『仁義なき戦い 菅原文太伝』(新潮社)の著者、松田美智子氏が紹介する。


■時代を代表する3人のスターのデビュー


 菅原文太は遅咲きのスターと言われている。下積みの時間が長く、世に広く名が知られるようになったのは1973年公開「仁義なき戦い」(深作欣二監督)のときで、40歳になっていたからである。

 文太が映画界入りしたのは1958年、銀座の喫茶店で新東宝の宣伝部員にスカウトされた。このときの文太は25歳。スカウトされるまでは、服飾雑誌を飾り、ショーにも出演するファッションモデルだった。

 その2年前の56年、のちに時代を代表するスターとなる3人がデビューしている。高倉健、石原裕次郎、小林旭である。デビュー当時のそれぞれの年齢は高倉が25歳、裕次郎が22歳、旭は19歳だった。文太と同じ30年代の生まれで、キャリアは文太より2年早いだけだが、比べものにならないほど恵まれたスタートを切っていた。

 高倉健は東映ニューフェース2期生として入社。56年の「電光空手打ち」(津田不二夫監督)でいきなり主役デビューし、同年公開の「恐怖の空中殺人」(小林恒夫監督)で共演した江利チエミと59年に結婚している。高倉は28歳、江利は22歳だった。また、58年には「その灯を消すな」で歌手デビュー。マスコミでは妻の方が有名人という扱いだったが、小品の映画でも主役が多く、着実にキャリアを積み重ねていった。

 石原裕次郎は、プロデューサーの水の江瀧子にスカウトされ、兄の石原慎太郎の小説が原作の「太陽の季節」(古川卓己監督)でデビュー。慶応義塾大学を中退して日活入りした。同年の「狂った果実」(中平康監督)では主役デビュー。この作品には北原三枝(石原まき子)が出演しており、裕次郎は彼女のファンだった。その後は、日活の黄金コンビとして共演を続け、60年に結婚。二人の交際が始まったときは、北原が日活の看板女優で、裕次郎は新人だったため、反対の声も多かったが、二人で海外に逃避行するなど、既成事実を作って会社を説得した。裕次郎が26歳になる誕生日に入籍している。北原は27歳だった。

■裕次郎はタフガイ、旭はマイトガイ


 小林旭の場合は子役からスタートしている。4歳のときに児童劇団に入り、舞台や映画のエキストラを経験。1956年に日活第三期ニューフェースに合格し、「飢える魂」(川島雄三監督)で本格的映画デビューした。

 59年には「ギターを持った渡り鳥」(斉藤武市監督)に主演し、「渡り鳥」シリーズが始まった。この頃、浅丘ルリ子と同棲していたが、浅丘の父親の反対で破局。61年には芸能雑誌「明星」で、「当代の人気No.1対談」という企画で美空ひばりと出会い、ひばりから積極的なアプローチを受けるようになる。旭にはまだ結婚の意志はなかったが、ひばりの後援者である山口組三代目・田岡一雄組長の説得により62年に結婚(入籍はせず、事実婚)。旭は24歳、ひばり25歳。ひばりの母親が結婚に反対し続けていたこともあり、わずか2年で破局を迎えた。このとき旭にひばりと別れるよう説得したのも田岡組長である。

 デビューから数年で裕次郎はタフガイ、旭はマイトガイと呼ばれ、日活の看板スターとして陽の当たる場所を歩いていく。

 高倉、裕次郎、旭の3人に共通しているのは、20代で結婚し、相手は自分よりも有名人で、収入も上だったことである。結婚は高倉が59年、裕次郎が60年、旭が62年と続く。高倉は帝国ホテルで挙式し、媒酌人は大川博東映社長夫妻。裕次郎と旭は日活国際会館で挙式。媒酌人は堀久作日活社長夫妻だった。3人とも式の費用は現在の価格にして1億円以上とされ、派手なウエディングケーキに入刀している姿が残っている。

 スターらしい華やかさを感じさせるが、文太の20代はどうだったのか。俳優人生は低迷を続け、結婚どころではなかった。そのせいか、モデルから映画俳優へ転身した理由を韜晦(とうかい)気味に語っている。

〈体裁ですよ。『私、モデルです』というより、『映画俳優』の方が恰好が良いという程度で……。女郎屋に行くのにわざと台本を持って行って、女の枕元にポンと置いたりしましてね〉(「キネマ旬報」2015年2月上旬号)

 文太が新東宝にいたのは25歳から28歳までの約3年間。会社は文太のほか、吉田輝雄、寺島達夫、高宮敬二ら高身長の俳優4人を集めて「ハンサムタワーズ」と命名し、大々的に売り出した。女性に一番人気があったのは甘く優しい顔立ちの吉田輝雄で、高宮や寺島もファンを獲得していたのに、文太はパッとしなかった。入社から2年後には会社の経営が傾き、大蔵貢社長が退陣を迫られる事態に発展する。61年夏、新東宝は事実上の倒産を迎えた。失業を覚悟したとき、助け船がやってきた。松竹が「ハンサムタワーズをまとめて引き受けてもいい」と交渉してきたのだ。同年、文太は松竹に移籍。文太が生涯の恩人ともいえる人物に出会うのは、松竹移籍から5年目のことである。


■二人の話題は酒と女


 その間も高倉健、裕次郎、旭の活躍は続いていた。

 俳優を「男子一生の仕事にあらず」と語っていたのは裕次郎だが、1963年に映画製作を目的とした「石原プロモーション」を設立。29歳で社長になった。同年、高倉健は「人生劇場 飛車角」(沢村忠監督)に出演。この映画が任侠映画の嚆矢となり、高倉は続く「網走番外地」シリーズ、「昭和残侠伝」シリーズで東映の看板スターにのし上がっていく。

 小林旭は58年に歌手デビューしてから、毎年数曲をレコーディングし、63年から64年にかけて「恋の山手線」「自動車ショー歌」などのコミックソングをヒットさせている。俳優業とともに歌手としても評価されるようになり、歌謡ショーへの出場回数を増やしていった。

 65年、文太32歳の誕生日を迎えた夏、「血と掟」(湯浅浪男監督)が公開された。主演は安藤昇。安藤は前年まで横井英樹に対する殺人未遂罪で前橋刑務所に服役しており、映画公開時は仮釈放中の身だった。

「血と掟」でデビューした安藤は、このとき39歳。渋谷を根城にする「安藤組」の元組長という異色の経歴もあって、会社は特別扱いした。いきなりの主役で、しかも、専属契約金は2000万円、一本の出演料が500万円という破格の待遇である。文太は、「血と掟」で安藤の片腕とされた伝説のヤクザ、花形敬を演じ、以後は安藤との共演回数が増えていく。やがて文太は安藤が経営するサパークラブに入り浸るようになる。二人の話題はもっぱら、酒と女に集中した。

 安藤の女性遍歴は実に多彩だった。すでに妻子がいる身でありながら、横井英樹事件で逃亡中に匿ってくれたのは銀座のクラブ「姫」のママだった山口洋子。半同棲相手には松竹の専属女優、嵯峨三智子がいる。他にも京都の芸者、子供を認知した素人の女性など数えきれない。本人によれば、人生を通じて「常に惚れた女が側にいる状態」だったという。

 文太にとっての安藤は、タダ酒を飲ませてくれ、愚痴を聞いてくれただけでなく、新たな俳優人生のきっかけを作ってくれた恩人でもある。

 67年、文太34歳のとき、安藤の紹介により東映への移籍が決まった。

 文太が結婚するのは36歳で、相手は芸能界とは縁のない女性だった。彼女が再婚だったこともあってか、結婚式は挙げず、新婚旅行もなし。親族、友人に、年賀状で入籍の挨拶をしただけである。

 文太が看板スターになるには、移籍から6年を待たねばならないが、同世代の中島貞夫、鈴木則文、そして深作欣二らの監督と出会ったことで、道が開けてゆく。東映こそが生きる場所と決めた文太は、目をギラギラ光らせて、撮影所を歩いていたという。

 仕事が欲しい、もっと上に行きたい。そんな思いを全身から発していた文太は、「仁義なき戦い」シリーズの成功で、一躍、東映の看板スターに躍り出ることになる。高倉健や石原裕次郎、小林旭にはない強い飢えこそが、菅原文太という俳優の特色である。

デイリー新潮取材班

2021年8月24日 掲載

関連記事(外部サイト)