“モテ男”小澤征悦の結婚、NHK桑子アナが小澤家に気に入られた理由 関係者が明かすノリの良さとマメな性格

“モテ男”小澤征悦の結婚、NHK桑子アナが小澤家に気に入られた理由 関係者が明かすノリの良さとマメな性格

小澤征悦

 数々の“美女”と浮き名を流しながら、47歳まで独身を貫いてきた俳優の小澤征悦(ゆきよし)。そんな彼が今月1日、NHK・桑子真帆アナウンサー(34)との結婚を発表した。

 ***

 桑子アナは現在、朝の帯番組「おはよう日本」を担当。先の東京五輪では閉会式の実況という大役を務めた。

「NHKのエースアナの一人と言えますね」

 と解説するのは、女子アナウオッチャーの上杉純也氏だ。

「もう一人のエースは和久田麻由子アナですが、和久田さんが“硬”とすれば、桑子さんは“軟”。ニュースより軽めの、情報番組やバラエティで真価を発揮するタイプです。出世作は『ブラタモリ』で、紅白の総合司会を務めるなど、年上タレントとの絡みも上手い」

 ちなみに、フジテレビのアナウンサーと4年前に結婚したものの、わずか1年で別れた「バツイチ」だ。

 他方の小澤は、言わずと知れた世界のマエストロ・小澤征爾の長男。これまで女優の杏、アナウンサーの滝川クリステルとの三角関係も報じられるなど、芸能界でも有数の“モテ男”と言われてきた。

「杏とは程なく別れたのですが、滝クリとは5年以上も交際。結婚間近とも言われていた。しかし別れたのは、滝クリが、征爾さんはじめ小澤家の面々のお眼鏡にかなわなかったからとか。派手さや上昇志向が煙たがられたと聞きます」(芸能デスク)


■「キレイ?」


 小澤自身がテレビで語ったところによれば、

「(父と桑子アナは話が合うかと聞かれて)そうですね。うちに来てピアノを弾いたりしたこともあったかな」

 幼い頃からピアノに親しんでいたというが、それにしても世界的指揮者を前に演奏披露とは、懐への飛び込み方が尋常ではない。

 また、二人が入籍したのは9月1日。これは義父の86回目の誕生日なのだ。

「親父の誕生日に婚姻届を出したいんだと言ったらものすごく喜んでくれて。うちの母も喜んでくれて」(同)

 舅、姑との関係も良好のようなのだ。

「局内でも、桑子はノリの良さで有名ですからね」

 とは、NHKの同僚局員の話。

「酒が好きで、打ち上げや反省会にもマメに顔を出してくれるんです。日本酒を一気に飲み干して、千鳥足になることもしばしば」

 こんな事件も。

「店を出た後、通りかかった若い男性2人組から“かわいいね”とナンパされかかったことがありまして。桑子は嬉しそうに“キレイ? キレイなの?”と言いながら付いていきそうになり、周囲が慌てて引き離しました」(同)

 これは少し度が過ぎるとはいえ、明るくて気さく。

「彼女ってギラギラしたところがないですよね」

 とは、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏。

「少なくとも滝クリみたいに野心の塊というイメージはなく自然体。そこが小澤家、とりわけ女性陣に認められたのでしょう。テレビを見ていても言い間違いもありますが、そこがかえって魅力となっている」

 人気女子アナのご多分に洩れず、フリー転出、との噂も絶えないが、

「十分に活躍できるでしょうね。逆に名家の御曹司との結婚によってブランド価値は1桁上がったのでは」(同)

 来年の今頃、NHKにこの「看板娘」の姿はあるか。

「週刊新潮」2021年9月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)