DAIGOの政界進出の可能性は 地元・島根では「待望論」が再燃

DAIGOの政界進出の可能性は 地元・島根では「待望論」が再燃

実は「政治家に向いている」との声も

 9月17日、自民党竹下派会長の竹下亘・元総務会長(74)が死去した。「竹下」という看板が政界から消える事態となり、改めてタレントのDAIGO(43)の動向に注目が集まっている。

 ***

 2019年1月に食道がんを公表後、亘氏は一旦復帰を遂げたものの今春、再び体調を崩し、7月に政界引退を表明したばかりだった。

 自民党島根県議連の中村芳信・幹事長が語る。

「突然の悲報でしたが、亘先生らしい見事な幕引きでした。すでに引退を表明し、公募で後継も決まっていたため、結果的に混乱なく、皆が喪に服せる環境を整えていただいた。60年以上続いた『竹下』という一つの時代に、自らピリオドを打たれたように映ります」

 兄の竹下登・元首相の秘書を経て00年、衆院選に初当選。名門派閥「竹下派」を引き継いだが、19年の県知事選では自民分裂選挙となるなど、近年は統制に陰りを指摘する声もあった。


■「DAIGO待望論」が再燃


 それでも「竹下王国」の消滅について、地元では悲嘆と受容が入り混じる。

「政界引退表明時、亘さんは後継指名せず、地元の裁量に任せた。それによって公募を経て地元県議の高見康裕氏が後継に決まった経緯がある。いってみれば、亘さん自ら世襲を断ち切ったとも受け取れ、竹下の名が消えることは寂しいが、亘さんの遺志と受け止めている」(地元県議の一人)

 他方で、登氏の孫でタレントの「DAIGO待望論」も再燃しているそうだ。

「後継指名しなかったのは、亘さんの2人の息子らが政治家になる意思がなかったから。DAIGOさんも政界に関心はないと伝え聞くが、幼少時、登さんに“僕も将来はじっちゃんみたいな政治家になる”と話したエピソードは有名。今後、政治に興味を持つ可能性はある」(地元政界関係者)

 妻で女優の北川景子(35)の知名度も合わせれば当選は確実。王国復活だけでなく、疲弊する島根を盛り立てる「起爆剤になるのは間違いない」と一部で熱い視線を送られているという。

「亘先生が亡くなっても、登先生の代から続く『ふるさと創生』の精神、つまり“田舎を守る”の信条は継承されます。そのために残された我々が何をすべきか、真剣に考える時に来ています」(前出・中村氏)

 亘氏の死去後、〈優しい親戚のおじさんでした〉とブログにつづり、その死を悼んだDAIGO。“末裔”の胸中やいかに。

「週刊新潮」2021年9月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)