吉川美代子が語る約30年間の「おひとりさま」生活の快適さ 「ひとり耐性」を身に付ける重要性

吉川美代子が語る約30年間の「おひとりさま」生活の快適さ 「ひとり耐性」を身に付ける重要性

吉川美代子

 おひとりさまに必要な条件はふたつあると思います。

 まずは「ひとり耐性」。

 ひとり暮らしで心までが孤独に蝕(むしば)まれないように、自分の心を満たすことができる豊かな精神を身に付けておかないと、「ひとりで寂しい」と思い込んで心がふさいでしまう。こんな状況ではおひとりさま生活は難しいですよね。

 そしてもうひとつは、「嫌われ者であってはダメ」ということ。おひとりさまはひとり気ままな生活なのだから、人に嫌われようが何しようが構わないではないかと思われるかもしれません。でも、他人に媚びる必要はないけれど、何かあった時に助けてくれる人がいたほうが安心です。


■恐怖を覚えていたのに快適だった定年後の生活


 2度の離婚を経て、私は30代後半からひとり暮らしをしています。当時はTBSの局アナをしていて、2日間徹夜なんてことがザラにあるくらいバリバリに仕事をしていましたから、「今後、ひとり身の私の生活はどうなっていくんだろう」なんてことはあまり考えていませんでした。ただし漠然と、会社に行かず、しわしわのおばあちゃんになり、腰が痛い、膝が痛いと言って毎日病院に通う――そんな老後おひとりさま生活をイメージして、どこかで恐怖を覚えていたような気がします。

 そして60歳を迎えて会社を定年退職。実際に定年後のおひとりさま生活が始まってみると……。これがとっても心地よい。

 私はインテリアにはかなりこだわるほうでアートも大好き。センスが違う他人と暮らしたら「ここにそんなポスターは飾らないでほしい!」なんて不満が溜まるはずですが、もちろん今は自分の思うがまま。

 朝起きたら大好きなジャズをかけ、好きな時に食事をとり、自分のペースでお風呂に入る。私はかなりの長風呂で、入浴時間が1時間だと物足りないくらいです。でも、家に家族がいると、夜中の1時過ぎにお風呂に入るのって、やっぱり気を遣ってしまいますよね。

 空間だけでなく、自宅での時間も全て自分でコントロールできる。これがおひとりさま生活の魅力です。こういう生活をしていると、「他人」の余計なものが目に入ってしまう生活にはもう耐えられないのではないかという気がしています。

 私が今送っているような生活を快適と感じるためには、ひとりでいても寂しくない準備が必要。これがひとり耐性を身に付けておくということです。

 私の場合、例えば「新しいアートをどこに飾ろうかな」と考える時間すら楽しみです。

 あとはいい音楽を聴いたり、読書をしている時。本を通じて、自分が体験することのできない時代や人生を追体験できる。物語の中に入り込んで江戸時代の町娘やニューヨークの探偵、イギリス貴族の生活が目の前に広がるのです。自宅でひとりぼっちで読書している姿は、傍(はた)から見れば孤独かもしれないけれど、自分の心は満たされている。

 そんなわけで、今の私のおひとりさま生活は、30代後半の時に想像していたよりずっと楽しいものになっています。


■人間関係は変わるもの


 もちろん、誰かと話したくなることはあります。そんな時、私には趣味のジャズ仲間がいる。私より先輩のおばさまから、年下の男の子まで。誰かに連絡して、一緒に食事に行ったり、その後にジャズを聴きに行ったりということがひとり身だとわりと簡単にできるので、誰かと話したい寂しさに悩まされずに済んでいます。

 でも、高齢になると友人や知り合いの訃報も多い。年をとるごとに友人が減っていくのは寂しいけれどこれだけは仕方のないことです。

 人間関係ってその時代その場所で変わります。例えば高校・大学時代の友だちは、30代、40代になると子どもの受験の話、50代、60代だと孫の話。子どものいない私にとってはつまらない。コロナ禍でも、今まで価値観が同じと思っていた人が、あまりに感染対策に無頓着で関係が疎遠になったりもする。67歳の今でも、友だち付き合いは変化しています。

 だから、人間関係が変わることを恐れないでほしいですね。学生時代の友だちも、子どもがひとり立ちした後に、また話が合うようになったりする。人間関係を固定してしまうと、その時々に応じた友だち付き合いができなくなり、孤立を招く元だと思います。

 どうしても新たな人間関係を築きたいなら趣味の仲間を作るのがいいかもしれません。趣味を見つけるコツは「トライ&エラー」です。少しでも興味を持てるものがあれば、ちょっと手を出してみる。気軽にカルチャーセンターなどに通ってみて、自分に合うと思えば続ければいいし、無理そうだったらやめればいい。

 私は日本棋院に通って囲碁を習いましたが、合わなくて入門コースだけでやめました。最近一人で昔のテキスト見ながら打ってますが(笑)。ジャズは40歳くらいから歌い始めて、今も楽しんでいます。好きだからこそ趣味を続けられて仲間ができるのです。

「ひとりで外食すると、周りにじろじろと見られる」。いい年したおばさんに限ってそんなことを言いがちで、ひとりでレストランにも入れない人がいますが、趣味を始めようとしたらひとりで即行動。なによりおひとりさまに備えるのに、ひとりでは何もできないようだと話が始まりません。決断するのも自分ですし、その結果に責任を持つのも自分です。

 また、友人の数が多くても心から信頼できる人間関係でなければ意味がありません。60歳過ぎたら重要なのは友人の数ではなく、その質です。病気になった時など、いざとなったら駆けつけてくれ、手助けしてもらえるような友人を持つ。そのためには、自分も他人に対して誠実であること。「情けは人の為ならず」、まさにこの通り。

 嫌われ者にはおひとりさま生活は難しいと実感する所以(ゆえん)です。

吉川美代子
フリーアナウンサー。1954年生まれ。TBSのアナウンサー、キャスターとして37年間活躍するとともに、2001年からはTBSアナウンススクールの校長も務めた。14年に定年退職し、フリーランスに。現在も情報番組等に出演している。

「週刊新潮」2021年9月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)