セリフ、歌唱を抑えた「オズの魔法使い」が上演 「セリフは半分、ダンスやパントマイムを中心に」

セリフ、歌唱を抑えた「オズの魔法使い」が上演 「セリフは半分、ダンスやパントマイムを中心に」

感染防止に体で表現

 コロナ禍明けのムード強まれど興行界は依然、規制全面解除までにはいたっていない。観客数制限もなお続く中、今、新たな取り組みが。客席だけではない、舞台の上でも安全のためにできることをやってみる、というわけである。

 日本初の“自前小劇場”を建てたことで知られる劇団「テアトル・エコー」。昨年、創立70周年を迎えた老舗が打ち出したのは、映画やミュージカルでもおなじみ『オズの魔法使い』が原作の、新しい劇の形だ。

 10月8日が公演初日となった「DANCE WITH OZ〜『オズの魔法使い』より〜」は、セリフの数を抑え、身体パフォーマンスを中心にした類のない構成。企画・制作を担当した平野智子さんは言う。

「昨年秋、稽古中のある劇団でクラスターが発生した際に“しゃべる、歌うによる飛沫が原因”と言われました。そこで“しゃべらない演劇”“身体パフォーマンスでみせる演劇”を作ってはどうかと考えたのです。稽古中の感染リスクも、お客さまの心配も和らぐのではないかと」

 身体表現ならば、童話やおとぎ話などファンタジーは相性がいいだろうと題材を検討。浮上したのが『オズの魔法使い』だった。

 2015年に他界するまで劇団を率いた熊倉一雄氏は、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌を歌うなど声優としても幅広く活躍したが、ジュディ・ガーランド主演の映画でオズ大魔王の日本語吹き替えを担当、早見優主演のミュージカル版でもオズを演じた。

「せっかくなら、熊倉さんにちなんだ作品を選ぼうと思ったのです。今年は熊倉さんの七回忌にあたるので、命日の10月12日を千秋楽にしました」

 目下求められる「安全」を考慮し、削ったのはセリフと上演時間だ。

「セリフは最小限で通常の半分です。上演も普通は2時間半かかるところ、75分と大幅に短縮。セリフが少ない分、ダンスやパントマイムなどで見ていただけるようにしています」


■歌唱も減らして


 原作に登場する架空の都市「エメラルドシティ」に向かう場面にも工夫を凝らした。

「水布(みずぬの)(舞台に敷いて池や沼などの水面を表す布のこと)を用いたり、人形を使ったりなど、あの手この手の視覚的表現を駆使しています。流す曲も新しいものを14曲作りました。うち歌うのは1曲だけです」

 なるほど、セリフばかりか歌唱も減らしているのだ。

 ところで、亡き熊倉氏も「声」で出演するそう。

「15年以上前に熊倉さんがオズ大魔王役で出演したオーディオドラマCDの音源を利用し、声で出演してもらう形となりました」

 エコーは昨年、創立70周年記念公演を予定していたが、中止・延期に。本拠とする東京・渋谷区恵比寿駅近くのエコー劇場での公演は19年12月以来、じつに約2年ぶりとなる。

 ダンスの稽古は昨年11月に始まり、ワークショップも半年かけて行うなど、いつも以上に入念に準備してきたという。

「出演者、スタッフらは抗原検査をするなど、感染対策は万全です。原作の『オズ』ではドロシーたちがなぜ一緒に行くのか、理由がはっきりと描かれていませんでした。今回は“ワンチームになる”という言葉をキーワードに、仲間が協力し合う『桃太郎』『青い鳥』『西遊記』『指輪物語』などのエピソードを追加。斬新な解釈による新しい『オズの魔法使い』になると自負しています」

「週刊新潮」2021年10月14日号 掲載

関連記事(外部サイト)