報ステに大抜擢「渡辺瑠海アナ」の横顔 東京タワーのエレベーターガールもやった大学時代

報ステに大抜擢「渡辺瑠海アナ」の横顔 東京タワーのエレベーターガールもやった大学時代

渡辺瑠海アナウンサー

 この10月よりリニューアルされた「報道ステーション」(毎週月〜金・21:54〜)の月〜木キャスターを渡辺瑠海アナウンサー(24)が務めている。これまではお天気コーナーやスポーツ担当を経てキャスターに昇格する“内部昇格”パターンがほとんどだったから、異例の抜擢といえる。たとえば、森川夕貴アナ(28)もまさにこの流れだった。

 渡辺アナは、まだ入社2年目というバリバリの若手。今回はテレ朝の“新・夜の顔”となった彼女の魅力を探っていきたい。

 出身地は新潟県小千谷市で、1997年4月22日生まれの24歳。名前の“瑠海”は“瑠璃色の海”がその由来である。身長156センチ、血液型はA型。16年春に地元の高校を卒業後、成蹊大学法学部に進学した。

 中学時代は吹奏楽部、高校時代はサッカー部のマネージャー、そして大学時代は国際交流サークルとテニスサークルに所属していた。大学時代には東京タワーでエレベーターガールをしていたほか、アイスクリーム屋で働いていたというから、好奇心旺盛なことが分かる。

 その好奇心が運命を変えるきっかけとなった。大学1年春に広告研究会に誘われ、“ミス成蹊コンテスト2016”にエントリー。ファイナリストとしてエイベックスの「a-nation」など、様々なイベントに出演している。

 本選では惜しくもグランプリは逃したものの、“第37回準ミス成蹊”に選出。さらに大学日本一決定戦を決める「Miss of Miss Campus Queen Contest」にもエントリーした。これに参加したことで、芸能事務所・セント・フォースからスカウトされることに。女子大生タレントが中心となる子会社のスプラウトに所属し、17年7月からFM Salusの「gee up sprout」にパーソナリティーとして不定期で出演することとなった。同年10月から18年3月までの毎週木曜日にはラジオアプリ“Voicy”において「セント・フォース公式ニュース」を担当、ニュースや天気予報などを伝えていた。こうして話すことの楽しさを実感したことで、自然とアナウンサーという職業に興味を持つようになっていったという(もっとも、本人によると公務員試験の準備をしていた時期もあったようだ)。


■学生時代には“ウォッチガール”に


 テレ朝との関わりが生まれたのは18年2月のこと。“テレ朝公式ウォッチガール”に任命されたのである。これはテレ朝によるプロジェクトで、女子大生を中心とする20代女性が番組の情報をツイッターやインスタグラムなどのSNSで発信する役目を担っていた。他には現在日本テレビアナウンサーの石川みなみ(当時、早稲田大学在学中)らがおり、リツイートやいいね!の多いウォッチガールには、収録スタジオへの潜入取材や出演者インタビューなどの“ご褒美”が与えられていた。

 そんな経緯もあって20年4月にテレ朝に入社する。入社後は研修中の4月14日からAbemaTVの「ABEMA Prime」火曜と金曜の進行役を務めたほか、深夜のバラエティ番組「あの人が『いいね』した一般人」のナレーションを担当、いかにも新人という仕事からアナウンサー人生をスタートさせている。

 秋の番組改編で本格的に地上波に進出。「大下容子ワイド!スクランブル」(毎週月〜金・10:25〜)の月・火・木のニュースフラッシュのコーナーとゴールデンの人気クイズ番組「くりぃむクイズ ミラクル9」(毎週水曜・20:00〜)の進行アシスタントに起用されたのだ。特に後者はゴールデンタイムの全国ネットの番組で、ブレイクのきっかけになるかと思われたが、「ミラクル9」はメインMCであるくりぃむしちゅーの上田晋也がほぼ1人で番組を回していたため、彼女の出番といえば、正解の補足説明をする程度に留まっていた。そのおっとりとした癒し系のルックスは目を引いたものの、この番組でしか彼女を知らない人にとっては、キャラクターが掴みづらかったのである。


■報ステで見せた魅力


 そして舞い込んできたのが、今回の「報ステ」キャスター就任という大役だった。放送初日のオンエアでは、“デビュー戦”にもかかわらず落ち着いていた。緊張していたとしてもそれを顔に出さないタイプなのかもしれない。ホンダがスマホで新車販売を始めたニュースを取り上げた際のスタジオトークでは、共演する大越健介キャスター(60)と小木逸平アナ(47)らから話を振られると、しっかりと自分の意見を述べていた。自らチャームポイントだと語る満面の笑顔を浮かべ、場の空気を弾ませていた場面もあった。左頬には1つだけのえくぼが、右頬には2つできるんだとか。

 大越キャスターも小木アナも鋭く切り込むタイプなので、ときとしてマウントの取り合いになってしまう印象がある。これで渡辺アナまでもが前に出るタイプだったら、調和が取れなくなってしまったはず。だからこそ、お嬢様然とした育ちの良さを感じさせ、“一歩下がった”雰囲気を醸し出す渡辺アナの起用は正解だろう。

 肝心のアナウンス力も、安定して聞きやすく、入社2年目とは思えないほどかなり高い。研修で講師を務めた先輩の佐々木亮太アナ(41)によると、ダメ出しをするところがないほどのアナウンス技術だったという。ただ、可愛らしい声をしているので、伝えるニュースの内容によっては“向かない”ケースもあるかもしれない。落ち着いたトーンの声で対応できるかが、今後の課題と思われる。

 テレビ朝日公式You Tubeチャンネル「動画、はじめてみました」では、ほんわかとした見た目とは裏腹に、かなりはっちゃけた姿を見せてもいる。得意のドラムを披露し、BTSの「Dynamite」を演奏した際は叩く姿がかなり本格的だった。料理に挑戦したときは「普段する料理はゆで卵。ゆで卵を料理と呼んでいいのか分からない」と思わず苦笑。さらに「(唐揚げにするときの粉の量は)なんとなくでいっか!」「めっちゃいい匂いする」「超いい感じ!」「甘辛くて美味しい〜〜」とはっちゃけまくり。だが、そこに“品”を感じさせるため、おふざけでやってる雰囲気がまったくない。むしろ、苦手な料理を楽しんでいる様子がアリアリと伝わってきたのだ。「報ステ」では難しいだろうが、ハイテンションな一面も今後はぜひ観てみたいものである。

 同期には昨年入社日当日の入社式前に「グッド!モーニング」(毎週月〜金・4:55〜)で華々しくデビューを飾り、話題となった安藤萌々アナがいる。一足先にこの春から「報ステ」のスポーツコーナーに抜擢されるなど、常に先を行く存在だった。同期入社の若手女子アナ2人の存在とその活躍が“新生”「報道ステーション」を盛り上げていくこととなろう。

上杉純也

デイリー新潮取材班編集

2021年10月19日 掲載

関連記事(外部サイト)