鈴木奈々も涙…おバカタレント冬の時代 芸能界のトレンドは「低体温」!?

鈴木奈々も涙…おバカタレント冬の時代 芸能界のトレンドは「低体温」!?

鈴木奈々

 鈴木奈々さんが弱って休業とは驚いた。あんなに底抜けに明るいバラエティークイーンでさえ、落ち込み体調不良に陥ってしまう芸能界。思えばトークの上手さで引っ張りだこだった若槻千夏さんも、全盛期に引退報道が出たものだ。彼女も体調を崩し、精神的にも相当追い詰められていたことを明かしている。若い女性タレントにとって、ひな壇で明るく生き抜くのは相当過酷なのだろう。

 コロナ禍という社会情勢を差し引いても、人気タレントの傾向は「低体温化」が進んでいる。お笑い界が顕著だが、いわゆる「じゃない方」にスポットライトが当たることが増えた。「陽キャ」の印象が強い雨上がり決死隊の宮迫さんやアンジャッシュの渡部さんらが、相次いで問題を起こしたことも拍車をかけた。

 たとえばオードリーなら、春日さんでなく若林さん。ハライチなら、澤部さんでなく岩井さん。見た目や芸風がポップな相方に比べて、ちょっと斜に構えたような雰囲気だ。彼らはネタを書いている方でもあるが、クールでドライな切れ者というイメージではないだろうか。二人ともエッセイを発売し、どちらかといえば文科系の匂いがする。実は若林さんも岩井さんも運動部出身だし、冷笑的な人間と思われることに葛藤があるそうだ。だからといってアクティブな印象を売りにしているわけではないのは確かだ。コメンテーターという切り口で見ても、「ノンストップ!」のカンニング竹山さんが怒るより、「めざまし8」のカズレーザーさんが淡々と切り捨てる発言の方が話題になる。

 お笑い界に限らず、いま人気のメンツはみな低体温っぽい。音楽界なら星野源さん、俳優界なら中村倫也さん。集団で一気飲みするようなタイプではなく、ひとりで晩酌するのが好きです、と言いそうな感じ。ギャル界でさえ、冷めた目線のみちょぱさん1強だ。こうした流れの中で、いちばん割を食ったのはおバカキャラたちなのではないだろうか。


■元気で押し切るおバカキャラたちの凋落 滝沢カレンやフワちゃんに見る変化


 鈴木さんやヘキサゴンファミリーといった、おバカタレントのブームは下火になった。木下優樹菜さんのように問題を起こした人は別としても、misonoさんや上地雄輔さん、スザンヌさんらに当時の勢いはない。里田まいさんは田中将大選手の良妻として名を上げたが、山田親太朗さんは芸能界引退を選んだ。

 大声で見当外れのことを叫び、熱量の高いリアクションで笑いを誘う。おバカキャラの人気の源泉は、怖いもの知らずさと紙一重の「元気さ」だった。でもその元気さ一辺倒の戦い方から抜け出せない人ほど、苦労している。

 ローラさんはおバカ枠出身ながら、最も成功した一人だ。それは料理上手な一面や、環境問題に敏感という「地に足のついた」顔も発信し続けていたからだろう。今や海外で憧れのライフスタイルを送る、オピニオンリーダーのような存在だ。また、結婚を機にママタレにシフトした例も多い。木下さんや辻希美さんが当てはまるだろう。

 一方、鈴木さんはハイテンションキャラ一本でやり抜こうとしていた。彼女だって工場勤務の一般人の彼と結婚し、庶民的な良妻キャラに路線変更することもできたかもしれない。けれども結婚後も体を張って、芸人顔負けのリアクションをとり続けていた。バカというか、バカまじめな人だなあと思う。


■おバカキャラさえ平熱を求められる令和 キャラ変できない不器用さに再評価の兆し?


 令和のおバカキャラといえば、初期の滝沢カレンさんが挙げられる。でもやっぱり、体温の高さは感じない。不思議な言語感覚で、ぼそっとしゃべって笑いを取る。爪痕を残そうと前に出るわけでもなく、持ち上げられることに面はゆさを感じているような節もあり、一周まわって「賢い」キャラ評価も得た。あんなにうるさがられていたフワちゃんも、最近はややトーンダウンしていないか。「実はマジメ」「実は礼儀正しい」という楽屋話もやたらと表に出るようになった。

 テレビで繰り広げられるバカ騒ぎは、見ていると疲れる。なんとなく嘘臭さも感じる。だから正直な発言や、素の反応をする人たちを信じたい。低体温タレント人気は、そんなお茶の間の変化の表れではないだろうか。それならば、キャラ変更が器用にできない性格は、裏表のなさとして再評価される可能性もある。鈴木さんにも再びチャンスが巡ってくるのではないだろうか。

 以前マツコ・デラックスさんの番組に出た時、「私みたいなのはもう求められていない」と号泣した鈴木さん。田中みな実さんを目指して体を鍛えているそうだが、写真集のオファーも来たほど美しくなっていた。やろうと決めたことは頑張る粘り強さ、目標に向かってひたむきになれる健気さ。かつての破天荒さは無くなったが、その代わりに見えてきた別の魅力もある。彼女が再びテレビを熱くする日が来るか、少しだけワクワクする。

冨士海ネコ

2021年10日22日 掲載

関連記事(外部サイト)