滝藤賢一、事務所移籍で「やっぱりね」という声 撮影現場で共演俳優に“あり得ない質問”

滝藤賢一、事務所移籍で「やっぱりね」という声 撮影現場で共演俳優に“あり得ない質問”

滝藤賢一

 10月1日、スポーツ新聞など芸能マスコミは一斉に、俳優の滝藤賢一(44)が事務所を移籍したと報じた。

 ***

 芸能担当記者は、「実力派の脇役俳優として、着実にキャリアを積み重ねてきました。最近は、ファッションセンスも注目を集めています」と言う。

「愛知県の高校を卒業し、映画監督を目指して上京したそうです。その後、俳優志望に転じ、1998年から2007年までは劇団『無名塾』に在籍していました。08年に映画『クライマーズ・ハイ』[原田眞人監督(72):東映・ギャガ]の新聞記者役で注目されると、13年にテレビドラマ『半沢直樹』(TBS系列)の出演で知名度を高めました」

 テレビ業界などで、滝藤のファッションセンスは有名だったという。9月には『服と賢一 滝藤賢一の「私服」着こなし218』(主婦と生活社)も上梓された。

 CMでも存在感を発揮している。20年にはサントリー「BOSS」でトミー・リー・ジョーンズ(75)と共演した。

 横澤夏子(31)の上司役を演じる「楽楽明細」のCMを「見たことがある」という向きも多いだろう。

 人気を博した役者人生だからこそ、スポーツ紙も事務所移籍を一斉に報じたに違いない。民放キー局のディレクターは「滝藤さんは前の事務所の待遇に不満を持っていたんだろうなと思っていました」と明かす。


■「布団4枚に6人」


「何しろ撮影現場で、若手の役者さんに『ギャラの配分、どんな感じ?』と訊きまくっていましたからね。マネージャーが隣にいてもお構いなしで、取り分が高い共演相手には『いいな! そこの事務所、俺も行きたい!』と平気で言っていました。ご本人は素直に質問している感じで、半分は冗談のつもりだったのかもしれませんが、そんなことを質問する俳優はまずいません。現場のスタッフはヒヤヒヤしながら見ていましたね」(同・ディレクター)

 東京新聞(電子版)は19年1月、「俳優 滝藤賢一さん 家族6人 2LDKで暮らしています!」との記事を配信した。

 同紙の企画連載「家族のこと話そう」に滝藤が登場し、インタビュー取材を受けた。ポイントを引用させていただく。

《小3男児(9つ)、小2男児(7つ)、幼稚園年長男児(6つ)、年少女児(4つ)の4人の子どもと妻(38)。2LDKの部屋で暮らしています。芸能人っぽくないでしょ》

《真っ暗になるまで公園で遊び、リビングで勉強。布団を4枚敷いて6人で重なるように寝ています。こういう生活がとても大事だと思っているので、できるだけ続けたい》


■更に露出は増えるか?


「記事には『僕は特別に裕福な暮らしをさせたいわけでもないんです』とあります。ただ、お子さんが4人もいると、やはり生活は大変でしょう。それにお洒落な方ですから、普通よりはお金が必要な生活なのかもしれないとは思っていました」(同・ディレクター)

 前事務所「エージェントオフィスタクト」の公式サイトを見ると、率直に言って、滝藤を除けば知名度のある俳優は少ない。

 一方、今回移籍した「アルファエージェンシー」は実力派の俳優を多く擁していることで知られている。

「公式サイトに掲載されている順で、豊川悦司さん(59)、萩原聖人さん(50)、余貴美子さん(65)、和久井映見さん(50)、柄本佑さん(34)という具合です。滝藤さんはアルファエージェンシーの営業力に期待しているでしょう。なおかつギャラの取り分も前の事務所よりいいということだと思います」(前出の記者)

 前出のディレクターは「ギャラの配分を撮影現場でよく質問していたこともあり、前の事務所を辞めて、もしかすると独立するのかなと思っていました」と振り返る。


■個人事務所は大変


 だが、自分で営業もギャラ交渉も税金の処理も行うのは大変だという。

「独立して個人事務所を自分で切り盛りしている俳優といえば、吉田羊さん(年齢非公表)、柴咲コウさん(40)、満島ひかりさん(35)といった方々が知られています。ただ、3人とも以前より露出は減りました。やっぱり事務所の力は頼りになります。滝藤さんはクレバーな判断をしたと言えるのではないでしょうか」(同・ディレクター)

デイリー新潮取材班

2021年10月29日 掲載

関連記事(外部サイト)