気鋭の法学者・木村草太が薦める紅茶店、菓子店は? 奥深い紅茶の魅力を解説

気鋭の法学者・木村草太が薦める紅茶店、菓子店は? 奥深い紅茶の魅力を解説

木村草太さん(c)岩沢蘭

■同じ産地・同じ農園でも、気候で個性が変化する紅茶の魅力


 東京都立大学教授で、『むずかしい天皇制』などの著書がある法学者の木村草太さん。テレビや論壇で活躍する彼が、東京大学法学部在学中から楽しんできた、東京の街並みと紅茶を味わう極意とは。

 ***

 学生時代、私はしばしば東京の街で飲み歩いていた。といっても、飲んでいたのはお酒ではない。紅茶だ。

 紅茶専門店は、ワイン専門店や日本酒専門店と比べて数が少ない。しかし、そこは世界有数の大都市・東京の懐の深さ。住民の多様な需要を受け止めるため、紅茶専門店も質量ともに充実している。私が今でもよく通っているのが、「青山ティーファクトリー」。セイロンティーの専門店だ。昔は青山にあったのだが、店名は「青山」のまま、大岡山を経て神田神保町に移転した。

 紅茶は個性豊かな飲み物だ。インド・ダージリンの春摘み紅茶は、香りが華やかな一方、味が繊細で、甘さを引き出すのが難しい。このお茶を煎れるときには、丁寧さや心の準備が必要で、自分が試されているような気分になる。同じダージリンでも、夏摘み紅茶は味も香りも気高く、まさに紅茶の女王。こちらは、上手く煎れても、「味も香りも、煎れたあなたではなく、私(茶葉)が偉いのよ」と高慢な感じがするのだが、それもまた魅力だ。

 今回、私が一押ししたいのは、インドではなくスリランカで作られるお茶。セイロン島は、インド亜大陸の東南にティアードロップのように浮かぶ美しい島で、紅茶の産地としても有名だ。一口にセイロンティーといっても、高地特有の華やかさを持つヌワラエリヤ、独特の香りが印象的なウバ、ガツンと来るディンブラ、奥行きが広くミルクとの相性も抜群なルフナ、時々無性に飲みたくなるキャンディと、地域によって茶葉の性格は多様だ。

 さらに、紅茶は、同じ産地・同じ農園でも、その年の気候によって味が大きく変わる。青山ティーファクトリーでは、マスターの清水さんが、セイロンで茶葉を買い付けてくる。「大当たり」の紅茶を見つけたときの清水さんは本当に嬉しそうだが、そういう時は、我々客の側も大喜びである。


■思考の袋小路に入ったときに……


 ところで、紅茶は紅茶だけでも美味しいが、お菓子があれば楽しさは倍増する。学生時代、月の予算に余裕があると、本郷三丁目駅から大学へ向かう途中で、近江屋洋菓子店にてレーズンビスクィを購入したものだ。これが何とも言えず、病みつきになる。20年食べ続けても飽きない。近江屋洋菓子店の本郷店は閉店になり、現在は神田淡路町の神田店のみとなっている。そんなわけで、仕事で神田界隈に行くときには、神保町から淡路町へと、靖国通りの裏の細道を歩いてはしごすることになる。静かな道を歩くのは、思索にも良い。

 いや、これには嘘が入っている。淡路町から神保町へとはしごするのが本当だ。神田の坂を上るのは、ちょっとばかりきつい。いや、あの坂をきついと感じるのならば、体力づくりのために、あえて神保町から淡路町へと上るのが正しいぞ。いや、おいしいもののために正しさを追求するのは正しくない。あれ、正しさを追求するなと言いながら、まだ正しさを求めるのはおかしい。などと、思考の袋小路に入ったところで、紅茶で一息つくのが、私の日常だ。

木村草太(きむら・そうた)
1980年神奈川県生まれ。法学者、東京都立大学教授。著書に『むずかしい天皇制』(大澤真幸共著)など。

デイリー新潮編集部

2021年10月30日 掲載

関連記事(外部サイト)