番宣ナシでも高評価の綾野剛「アバランチ」 現代劇では約10年ぶり“喫煙シーン”の効果は?

番宣ナシでも高評価の綾野剛「アバランチ」 現代劇では約10年ぶり“喫煙シーン”の効果は?

綾野剛

 関西テレビが制作するフジテレビ系のドラマ「アバランチ」(月曜午後10時)は綾野剛(39)主演のハードボイルド作品。女性向けのソフトな作品が目立つ昨今にあって希少な存在だ。今のドラマではほとんど見られなくなった喫煙シーンも登場する。

「アバランチ」のチーフ演出家は、綾野の主演映画「ヤクザと家族 The Family」(今年1月公開)を撮った藤井道人監督(35)。現代邦画界を代表する監督の1人だ。なので、「アバランチ」もカメラワークや照明が映画のようだと評判が高い。

 放送前から早々と異彩を放っていた。番宣をほとんどやらなかったからだ。これは良かった。ハードボイルド作品であるにもかかわらず、綾野がバラエティー番組に笑顔で登場し、「見どころはここなんですよ」なんて説明したら、興ざめだ。

 出演契約書には往々にして「番宣に協力する」と定められているものの、作品によってはこの条件を除外したほうがいい。逆効果になる。この作品などはそうだ。

 タバコを吸うシーンが登場するのも野心的で面白い。現代劇にタバコが登場するのは約10年ぶりになる。


■タバコの“自主規制”


 誤解している人も多いが、「ドラマにタバコを登場させてはならない」というルールはない。そんなことをしたら、表現の自由に触れる。厳然とあるのはタバコCMの自主規制。2004年に設けられた。

 とはいえ、どこの局もクレームは付けられたくないから、自粛の形で現代劇からタバコを消した。「相棒」(テレビ朝日)などの刑事ドラマにタバコをせびる容疑者は出てこなくなった。

 日本たばこ産業の職員によると、タバコのCMが流せなくなった当初はなんとかドラマにタバコを出そうとした。スタッフに制作費の援助も約束し、タバコを映してもらおうとした。だが、うまくいかなかった。局側が視聴者の反発を警戒した。

 そう考えると、「アバランチ」というドラマはやんちゃだ。半面、テレビの規制は視聴者が思っているほど多くはない。ほとんどがテレビ局側による自主規制か自粛。テレビの表現を狭めているのは自分たちなのだ。

 劇中、綾野が演じる主人公・羽生誠一はうまそうにタバコをくゆらせている。このシーンがあるのとないとでは羽生という男の印象が随分と違う。

 羽生が吸っているのは煙が少ない現代風の加熱式タバコじゃない。昔ながらの紙巻きタバコ。また、間違ってもニコチンパイプなんて付けていない。 

 10月25日放送の第2話での1本目は屋上で吸った。

「仲間に気を使ってオープンスペースで吸ったんだな」と思ったが、まるで違った。2本目は同乗者がいる車の中でのくわえタバコだったからだ。羽生は吸いたいところで吸っているのである。


■近年のドラマと喫煙シーンをめぐる問題


 喫煙シーンが登場するドラマは、昔は珍しくなかった。例えば故・松田優作さんは、日本テレビ「探偵物語」(1979年)で頻繁にタバコをくわえていた。これもハードボイルド作品だった。

 2019年のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」にも喫煙シーンが数多く登場したが、これは喫煙者の多かった昭和初期から描いたから。それでも一部視聴者から疑問の声が寄せられた。

 1950年代から1960年代を描いた2017年前期の連続テレビ小説「ひよっこ」の場合、逆に喫煙シーンをなくしたところ、不思議がる声が上がった。誰もが納得する表現はない。難しい。

 では、綾野が羽生を演じる「アバランチ」の喫煙シーンへの意見はどうかというと、SNSの声の一部は以下の通り。

「毎回、タバコのシーン欲しい。最高」「タバコ吸うシーン要らないよね?しかも、何人も乗っている車内でも喫煙って、あり得ない。もうこのドラマ、見るのやめる」「こーゆーアウトローでタバコ吸う役やってくれるの歓喜する」「羽生さんのタバコ吸う姿が本当に本当にかっこいい」

 綾野の喫煙はおおむね好評。だが、ドラマと個人の喫煙は別問題。吸う人はほかの人に気遣いを。ちなみに2020年12月現在、習慣的に喫煙している人は16.7%である(男性 27.1%、女性 7.6%)=厚生労働省「最新たばこ情報」=。


■ハードボイルドが似合う綾野


 さて、アバランチとはアウトロー集団である。その1人である羽生は元警視庁公安部外事4課の刑事。パーマ頭にチョビ髭で、チンピラ臭が色濃く漂っている。ハードボイルド作品の主人公の在るべき姿だ。

 外事警察はスパイの摘発や機密情報の流出などの捜査をするところだから、腹が据わっているはず。これもハードボイルドの主人公に向いている。

 綾野は演技の幅が広いことで知られるが、特に似合うのはハードボイルド。映画「闇金ウシジマくん Part2」(2014年)やTBS「MIU404」(2020年)などで見る側を楽しませた。

 なぜ似合うかというと、雰囲気がクールで身のこなしが軽いからだろう。アクションの切れ味が抜群だ。

 アバランチの実質的な司令塔は山守美智代(木村佳乃、45)。警視庁の元幹部なので、アウトローを自称しながら、彼女たちは本当のワルたちではないはず。実際には正義を実現する組織なのだろう。山守の要請に従い、メンバーは警察が真相に辿り着けなかった事件を追う。

 警察の代わりをはたす集団の源流を辿ると、「必殺シリーズ」(朝日放送、1972〜2009年)や「ザ・ハングマン」(同、1980〜1987年)に行きつく。いずれも大阪に本社がある民放準キー局がつくっている。関西人の気質はお上を信用しないのか、私設警察を好むのかも知れない。


■「殺すな」


 山守がメンバーたちに課している条件はたった3つ。「バレるな」「殺すな」「裏切るな」。随分と大雑把である。

 10月25日放送の第2話では半年前にマンションの13階から飛び降りたとされる女性・夏川洋子(中島亜梨沙、38)の死の真相を追った。

 洋子は海外援助を行う独立行政法人に所属し、カンボジアの子供たちの支援を行っていた女性で、ハッカーのアバランチメンバー・牧原大志(千葉雄大、32)の実姉だった。

 死の真相はやはり自殺ではなく、他殺だった。外務省の汚職が背景にあった。

 マスコミが調べたら、何年経っても分からないような話が、アバランチが調べると、すいすいと分かった。綾野扮する羽生がどんなカギでもこじ開けて建物内に侵入するし、牧原は凄腕のハッカーだからだ。元自衛隊特殊工作部隊員・明石リナ(高橋メアリージュン、33)らほかのメンバーも異能の持ち主である。

 アバランチはこの事件の黒幕である外務副大臣・黒田正治(嶋田久作、66)の悪事を盛大にバラし、破滅に追い込んだ。「殺すな」という命令は守るものの、悪党には情け容赦ない集団である。

 このドラマは悪役が悪役らしいところもいい。悪役が良い人に見えては物足りない。

 おそらくラスボスは内閣官房副長官の大山健吾(渡部篤郎、53)なのだろう。綾野扮する羽生との対決が楽しみだ。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年11月1日 掲載

関連記事(外部サイト)