小倉優子、離婚騒動もどこへやら コロナ終息で活躍し始める“陰の視聴率女王”

小倉優子、離婚騒動もどこへやら コロナ終息で活躍し始める“陰の視聴率女王”

小倉優子

 緊急事態宣言も解除され、テレビの世界もリモートではなくスタジオ収録が増えてきた。それと共に出演の機会を増やしているのが、“ゆうこりん”こと小倉優子(38)だ。10月28日の「プレバト!!」(TBS)では“俳句の才能査定ランキング”で“ママ俳句”を詠み、ミス東大の神谷明采を押さえて1位に。夫とは別居中でマイナス要因を抱える彼女だが、未だ人気は衰えずとか。

 ***

 小倉といえば、3人の子供を抱えるママタレとして、Instagram(フォロワー数42万人=10月30日現在)や今年3月末に開設したYouTubeの「ゆうこりんチャンネル」(登録者数2万1100人=同)で、子どものお弁当や得意な料理を披露している。芸能記者は言う。

「2011年に美容師と結婚したものの、第2子の妊娠中に彼女の所属事務所の後輩タレントと浮気されたことで17年に離婚。ママタレとして活動を続けながら18年に歯科医と再婚し、第3子が生まれたものの、すぐに別居。昨年7月には夫からは離婚届が郵送されたと報じられ、離婚は秒読みと言われながらも別居生活を続けています」

 シングルマザーでもなく、主婦とも言いがたい。昨年のコロナ禍の拡大と共に彼女を目にする機会は減った。ところが、コロナが終息に向かうと共に、復活してきたのだ。民放プロデューサーは言う。

「小倉優子ここにありとばかりに復活を印象づけたのは、9月17日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ)への出演でした。番組冒頭から、別居中の小倉家の家庭事情について話が振られ、顔を引きつらせながらもトークを続けました。妻を取られたアンタッチャブル・柴田英嗣との別居トークも面白かったですね」

 番組で彼女は、柴田への尊敬の念を打ち明けたのだ。


■コロナ終息とともに


小倉:芸能人の方でこうなりたいと思うのが、柴田さん。柴田さんもいろいろあったじゃないですか。柴田さんもいろいろあって、でもそれを画面越しに全然感じないほど、いま元気に頑張っていらっしゃるなって。私は柴田さんをテレビで見るたびに、私も柴田さんみたいになろうと思って。私ももう一回、頑張ろう!

柴田:嬉しいけど……本望じゃない!

「この日の視聴率は世帯9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)、個人5.5%の番組最高を記録しました。しかも、彼女と同世代のF2層(35〜49歳の女性)は9.7%と高く、コアターゲット(13〜49歳)6.0%は同日のNHKを含む全番組中でダントツの1位だったんです」

 小倉はテレビ出演を増やしていく。

9月20日 「お笑いオムニバスGP」(フジ)
9月28日 「家事ヤロウ」(テレビ朝日)

 緊急事態宣言が解除された10月に入るとさらに加速。

10月10日 「サンデージャポン」(TBS)
10月15日 「ウワサのお客さま」(フジ)
10月27日 「ラヴィット!」(TBS)
10月28日 「プレバト!!」(TBS)
同 「街グルメをマジ探索!かまいまち」(フジ)


■陰の視聴率女王


「『プレバト!!』の視聴率も12.9%と良かった。実は彼女、未だに数字を持っていて、“陰の視聴率女王”と言う人もいます。不思議キャラを打ち出した“こりん星”時代は正直よくわかりませんでしたが、ぶっちゃけネタを出すようになって徐々に好感度もアップ。夫の浮気で離婚しましたが、好感度は落ちずにシングルマザーとして活躍しました。再婚したものの別居していますが、むしろ恋愛下手ということで女子人気も相変わらずです」

 離婚騒動でも衰え知らずの奇妙な人気だ。

「ちょっと間違えたら嫌われかねないキャラですが、根はいい子ですよ。隠し事のない、ぶっちゃけキャラとトークは、こりん星生まれから千葉出身に改めたギャップもあってウケています。3人の子供を抱えママタレとして苦労しているのも、嫌われない要素だと思います。そして、年齢を感じさせないテレビ映えが大きい。画面の隅に映っていても、ゆうこりんだとすぐにわかりますからね」

デイリー新潮取材班

2021年11月6日 掲載

関連記事(外部サイト)