「なにわ男子」デビュー 7人のメンバーの横顔、結成の経緯、それぞれの活動について

「なにわ男子」デビュー 7人のメンバーの横顔、結成の経緯、それぞれの活動について

12日にCDデビューするなにわ男子

■10代のメンバーが3人以上


 11月12日、ジャニーズ事務所から7人組の新グループ・なにわ男子がCDデビューを果たす。『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)の著書がある霜田明寛氏は、このデビューがジャニーズの原点回帰でありながら、新しい潮流を汲んだものでもあると言う。新グループを紹介しつつ、近年のアイドル文化について分析する(文中敬称略)。

 なにわ男子がCDデビューを果たす。2011年以降、7組のジャニーズアイドルがデビューしているが、デビュー発表時にグループに10代のメンバーが3人以上いるのはSexyZone以来10年ぶりのことだ。

 昨年2組同時デビューしたSixTONESとSnow Manのメンバーの多くは20代半ば以降のメンバー。ジャニーズJr.として10年以上の経験を積んだ者も多くいて、経験を積み重ねた結果、デビューを勝ち取ったという印象だった。実力派といった形容もされていた。

 個人的な話で恐縮だが、私は『ジャニーズは努力が9割』というタイトルの著書を出した直後に、努力が結実した2グループのデビュー発表がされ、タイトルの正しさを証明してくれたように感じ、安堵した。

 しかし、そのような書名にしておいてなんだが、本当にアイドルに必要なのは経験だけなのだろうか? フレッシュな魅力や未熟さが愛でられることの多かった日本のアイドル界において、“実力派のアイドル”というのは語義矛盾ではないのか、それとも新しい時代の到来なのか……!?

 新しいグループ・なにわ男子の成り立ちと魅力を解説しながら、考えてみたい。


■中継はファンの殺到により中止になるほど


 なにわ男子のプロデューサーを務めるのは、関ジャニ∞の大倉忠義だ。

「チャンスを逃すとやばいなっていうのがあって、ここでいかないとっていうのがあった。やっぱり年齢的にも旬っぽさを感じるので」と大倉は、なにわ男子のデビューに際して語っている。(*1)

 人に“旬”という言葉を使うことに違和感を覚える人もいるかもしれないが、自身も18歳でデビューしている大倉にとって、これが実感なのだろう。アイドルには旬のタイミングがある――。

 なにわ男子は、2018年10月に結成された。メンバーは全員、関西ジャニーズJr.から選出されている。大西流星(おおにし・りゅうせい)、道枝駿佑(みちえだ・しゅんすけ)、高橋恭平(たかはし・きょうへい)、長尾謙杜(ながお・けんと)、西畑大吾(にしはた・だいご)、藤原丈一郎(ふじわら・じょういちろう)、大橋和也(おおはし・かずや)の面々だ。

 当時現役高校生だった4名と、Jr.としての経験も長い20代前半の3名による7名のグループで、7人中4人は2000年代生まれ。V6ほど明確に分かれているわけではないが、年上組と年下組がいるグループだと考えるとわかりやすいかもしれない。

 結成直後から“瞬間の輝き”が爆発していた。世間もそれに呼応するように、結成翌年の2019年には、なにわ男子のツアーは当選倍率70倍以上という人気爆発の状態となった。同年8月に大阪・あべのハルカスから行うはずだった日本テレビ系「24時間テレビ」の中継は、ファンの殺到により中止になるほどだった。


■就職活動を経た最年長メンバーも


 2020年はコロナの影響でライブが中止になるといったアクシデントに見舞われたものの、テレビ東京系列の主演ドラマやテレビ朝日系列での冠番組が放送されるなど勢いは衰えず、21年7月にデビューが発表された。その勢いを象徴するかのように、デビューを前にしたこの1ヶ月は、なにわ男子のメディア露出が目白押しだ。

 しかしそこに踊る惹句に少し気になる点がある。フレッシュ・ピュア・王道といった言葉が並ぶ中、たとえば「女性セブン」には「結成から3年で超速デビュー」と書かれていた。たしかに昨今のジャニーズの流れからすると、グループ結成から3年でのデビューは早いほうだろう。しかし、個々のメンバーを見ると“超速”とは言い難い日々の重なりがある。

 最年長は現在25歳の藤原丈一郎。入所は8歳の頃で、当時は最年少ジャニーズJr.だった。そんな小学生だった藤原も、大学生になると「就職しようと思って」実際に企業の説明会等に行ったことも明かしている。

 だが、就職活動を経て自らを見つめ、思い直した頃に、なにわ男子が結成される。とはいえデビューが保証されたわけでもない。デビュー決定前はアイドルとして生きることを「天職でもあり」「ギャンブル中のギャンブル」「めちゃめちゃ怖い」と語っていた。(*2)


■俳優としての認知度も高い西畑大吾


 24歳の西畑大吾は、「ごちそうさん」「あさが来た」と2度のNHK朝ドラ出演歴がある、唯一の現役ジャニーズタレントである。長瀬智也・堂本光一・今井翼といった限られた先輩しか経験していない山田太一脚本ドラマへの出演も経験するなど、俳優としての認知度も高いが、それでもずっと扱いとしてはジャニーズJr.。長年、関西ジャニーズJr.を中心メンバーとして引っ張ってきた。

 大西流星はデビュー発表後の今年8月に20歳になったばかりだが、2012年に10歳でジャニーズ事務所に入所している。当時小学校5年生で、入所から1ヶ月後には、西畑大吾に加え、現在はKing&Princeとして活躍する永瀬廉との3人で「なにわ皇子」というユニットに抜擢された。しかし、永瀬の東京行きに伴い、ユニットは自然消滅。その後なにわ男子が結成されるまでの数年は、10代には永い時間だったことだろう。10歳で入所した大西は、デビュー発表後に20歳を迎えた。

 年齢への意識はメンバー自身にもあったようだ。木村拓哉主演の「BG〜身辺警護人〜」では店員役、「俺の家の話」では長瀬智也の甥っ子役、映画「461個のおべんとう」では井ノ原快彦の息子役など、SMAP・TOKIO・V6クラスの先輩ジャニーズとの共演も多い道枝駿佑は、今年の正月にこう語っている。


■デビュー時のメンバー平均年齢は21.7歳


「年上のメンバーが20代後半にいかないうちに、僕ら10代のメンバーが10代のうちにデビューできるようにと思ってるんです。だから今よりもっと頑張らないと」

 そして「焦ってます」と付け加えた。(*3)これは大倉の「チャンスを逃すとやばい」という発言とも共通するところがある。10代後半や20代前半だからこそ放てる輝きや勢いがあることに、本人もプロデューサーも自覚があったのだろう。

 なにわ男子のデビュー時のメンバー平均年齢は21.7歳。これを他グループと比較してみよう。デビュー時の平均年齢で見ると、1995年当時、坂本昌行が24歳でデビュー最年長記録を更新したV6でさえ、約19歳だ。だが、この10年は以下のような形でデビュー時の平均年齢は上がっていた(カッコ内はおおよその平均年齢とデビュー年)。

Kis-My-Ft2(23歳/2011年)
A.B.C-Z(24歳/2012年)
Snow Man(25歳/2020年)

 近年では2011年にデビューしたSexy Zoneの平均年齢14.4歳という数字が突出して低い。

 大西流星は、Sexy Zoneのデビュー直後に、ジャニー喜多川が彼らを評していつも言っていた言葉が印象に残っているという。

「未完成なところがいい。がむしゃらにやってる姿や、汗水垂らす姿がカッコいい」(*4)

 Sexy Zoneは結成と同時にデビューしたグループで、デビュー当時は全員が10代で、入所から1年足らずでデビューしたメンバーもいる。


■創業者の思いとは?


 ジャニーは“未完成の魅力”をSexy Zoneに感じていた。未完成だからこそ“完成形”を目指して進む姿はかっこいい。ジャニーが作り出した日本の男性アイドル文化は、その完成への過程を楽しむものだったと言ってもいいだろう。だからこそ、デビューの年齢も早かった。近年ではV6が若さの輝きから完成までの過程を26年かけて見せてくれた好例だ。

 一方、世界に目を向けるとK-POPのように“完成形”に近いパフォーマンスで魅了するダンスボーカルグループも多い。そんな世界的な潮流の中、ジャニーズでも経験を重ね、パフォーマンスの完成度で評価を高めるグループも登場するようになってきた。どちらが優れているという話ではなく、両方がいるという話だ。

“ジャニー喜多川の最高傑作”と言われる少年隊でさえ、結成からデビューまで4年の歳月がかかっている。世に放つベストなタイミングを、ジャニーはそれぞれのグループごとに判断していたのだろう。

 2020年1月に同時デビューしたSixTONESとSnow Manの2組は、2019年の6月にジャニーの病室でデビューが決まったとされているので、なにわ男子は、ジャニー喜多川の存命中に結成され、死後、初めてデビューにGO決定がなされたグループということになる。

 なにわ男子のリーダー大橋和也は、グループが結成されたときのジャニー喜多川の思いをこう分析する。


■ファンの皆さんと一緒に成長していくこと


「これから成功していくことがもう見えている7人じゃなくて、仲を深めて、絆を深めていくことで何か見えてくるものがある7人を選んだ。ジャニーさんが考えるジャニーズJr.の醍醐味は『ファンの皆さんと一緒に成長していくこと』だから」(*5)

 なにわ男子は、デビュー曲のタイトルも「初心LOVE」で、“初”という文字が入り、フレッシュさが売りにされている。もちろんそれぞれの年齢も、グループとしてもフレッシュだが、実は上述のように、経験を重ねてきている“10年選手”も多い。ここまでも、ジャニー喜多川の想いである、“ファンと一緒に成長する”を体現してきたといっていい。

 そして、この3年の間に恩師こそ亡くなってしまったものの、ついにデビュー日を迎える。元来のジャニーズアイドルの魅力である“未完成のかっこよさ”と近年の潮流でもある“経験が魅せる重み”。原点回帰でありながら、時代の流れにも乗っている。未完成と完成のあいだのちょうどいい地点。なにわ男子はこの2つが融合した状態で世に放たれる貴重なグループになるのかもしれない。

(*1)Amazon Prime Video「なにわ男子 デビューまで1100日のキセキ natural」Episode1
(*2)フジテレビ「RIDE ON TIME」2019年2月15日放送
(*3)Amazon Prime Video「なにわ男子 デビューまで1100日のキセキ natural」Episode3
(*4)「週刊女性」2021年11月16日号
(*5)日経トレンディ2021年12月号

霜田明寛
1985年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。9歳でSMAPに憧れ、18歳でジャニーズJr.オーディションを受けた「元祖ジャニヲタ男子」。就活・キャリア関連の著書を執筆後、4作目の著書となった『ジャニーズは努力が9割』(新潮新書)は5刷を突破。また『永遠のオトナ童貞のための文化系WEBマガジン・チェリー』の編集長として、映画監督・俳優などにインタビューを行い、エンターテインメントを紹介。SBSラジオ『IPPO』凖レギュラー。

デイリー新潮取材班編集

2021年11月12日 掲載

関連記事(外部サイト)