米倉涼子「ドクターX」の勢いに陰り 「中園ミホ」脚本&「Ado」声出演も効果はいま一つ

米倉涼子「ドクターX」の勢いに陰り 「中園ミホ」脚本&「Ado」声出演も効果はいま一つ

大門先生、もしかして失敗しちゃったか?

 米倉涼子が主演する「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第7シリーズ(テレビ朝日)に勢いがない。視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)は、20%超えがないばかりか、11月4日の第4話では全シリーズ中最低の15.2%を記録した。一体、どうした?

 ***

 とはいえ、11月11日の第5話は16.7%と、1.5ポイントも上乗せした。民放プロデューサーに聞いた。

「4話と5話は脚本家が違います。4話はまだ38歳の香坂隆史、5話で中園ミホさんに戻ったんです」

「ドクターX」って、中園作品ではなかったのか。

「元々はそうです。12年の第1シリーズは全話が中園さんの脚本で、平均視聴率は19.1%、最終回には24.4%を記録して、シリーズ化が決定しました。ところが翌年の第2シリーズでは、中園さんが書いたのは1話と2話のみで、ベテラン脚本家の林誠人さんや寺田敏雄さんが半分以上を手がけました。このシリーズの平均視聴率は23.0%、最終回は26.9%となり、以降も中園さんはシリーズ中2〜3作だけ書くようになっていたのですが、17年の第5シリーズではとうとう1作も書かなかったのです」

 まさか飽きてしまったわけではないだろうが。


■ベタを恥じない強さ


「もともと彼女の作品は、他の脚本家が入ることが多いんです。『自分は怠け者だから、全部脚本書いてやろうと思わないです』と語ったこともありますが、売れっ子作家として視聴率への執着は業界No.1と言われる人ですからね。全作書こうと思えば、できる方だと思います。実際、14年の朝ドラ『花子とアン』(NHK)は、もっとキツかったはずですが、全作を書いていましたから。それでもシリーズが続くとなかなか大変です。大御所となって、今さらガムシャラに書く必要もないでしょう」

 しかし、彼女は第6シリーズで帰ってくる。

「テレ朝からの要請もあったかもしれません。『私、失敗しないので』を決めゼリフに権力に立ち向かう大門未知子は、彼女が作り上げたキャラクターですからね。『ハケンの品格』(日本テレビ)、『七人の秘書』(テレ朝)など他の作品にも見られますが、愉快、痛快、勧善懲悪が常に根底に流れていて、『水戸黄門』のような“ベタ”を恥じないところが彼女の持ち味です。彼女でないと出せない味があると思います」

 もっとも第6シリーズは、全10話中5作を彼女が書いたにもかかわらず、平均視聴率が18.5%と20%を割り、第5シリーズより下回った。


■それでも16.7%


「視聴者にも少し飽きが来ているのかもしれませんね。そして2年ぶりに第7シリーズが始まりましたが、いまのところ初回19.0%が最高です。第2話は中園さんの脚本でしたが、15.9%と最低視聴率を記録し、第4話はそれをさらに更新する15.2%となったのです」

 あやうく15%も割るところだ。

「最低視聴率を記録した第4話のゲストは、元タカラジェンヌの凰稀かなめ、元テレビ東京アナの鷲見玲奈でした。それぞれが舞台女優という役どころでしたが、このキャスティングはMF2層(35〜49歳の男女)狙いでしょうね。『水戸黄門』を求めるMF3〜4層(50歳以上の男女)には刺さらなかったのかもしれません」

 鷲見アナについては、SNSで《女優を演じるなんておこがましい》なんて声も上がったが、とばっちりといっていいだろう。

「一方、第5話のゲストは“ゲゲゲの女房”松下奈緒が、フリーランスの看護師として登場。腕は超一流ながら、看護師の仕事でないものは“オペ看の仕事ではございません!”とキッパリ断る、大門役の米倉のお株を奪うキャラで、“大門さん、すっかりいい人になっちゃったんですね”などと言われる始末。50代の男性には、仮面ライダーVSニセライダーを彷彿させるような作りは、やはり見応えがあったんじゃないでしょうか」


■Adoはどこに?


「今シリーズの主題歌は『うっせぇわ』のAdoが歌っており、5話では声の出演をしているのもネットでは話題になっていました。といっても、普段の声を知らないのでどこに出ていたのかわかりませんでしたけど」

 ちなみにAdoの出演は、「この放送は……」という提供読み(TVerでは視聴不可)と、病院内の館内放送の声である。

 第7シリーズのこれまでの平均視聴率は16%台と、第6シリーズまでの平均21.1%には遠く及ばない。

「今はテレビ全体の視聴率が落ちています。昨年はコロナ巣籠もり、今夏は東京五輪が開催されてテレビ漬け。緊急事態宣言も解除されて反動が出ているのだと思います。『ドクターX』もその影響を受けていると思いますが……。その中にあって、15%超を獲得しているのはさすがと言わざるを得ません。ともあれ業界人として、『ドクターX』はキラーコンテンツであり続けてほしいし、巻き返しに期待したいですね」

デイリー新潮編集部

2021年11月18日 掲載

関連記事(外部サイト)