【カムカムエヴリバディ】3週目で早くも見せ場…安子と稔の恋にみる藤本脚本の奥深さ

【カムカムエヴリバディ】3週目で早くも見せ場…安子と稔の恋にみる藤本脚本の奥深さ

上白石萌音

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月〜土曜午前8時)が放送開始から3週目で早くも序盤のクライマックスを迎えた。ヒロインで和菓子屋の娘・橘安子(上白石萌音、23)と、繊維会社の御曹司・雉真稔(松村北斗、26)の恋が決着する。物語はスピーディーに展開しているものの、見応え満載。向田邦子賞作家・藤本有紀さん(53)の脚本が光る。

「カムカムエヴリバディ」は見せ場のつくり方が抜群にうまい。その上、進行がスピーディーだから、まだ放送開始から3週目とは思えないくらい。

 安子は高等小学校を出てから岡山市内にある家業の和菓子店「たちばな」を手伝っていた。交際相手は大阪商科大予科(現・大阪市立大)に通う稔。やはり同市内に本社のある有力企業「雉真繊維」の跡取り息子だった。

 2人は強く惹かれ合い、文通など清らかな付き合いをしていた。だが、稔の父親で雉真繊維社長の千吉(段田安則、64)と母親の美都里(YOU、57)は家格の違いなどから交際に猛反対し、仲を引き裂こうとする。一途に稔を思う安子を思うと、腹が立って仕方のない両親だ。半面、そう思わせるのも脚本のうまさにほかならない。

 第12話で美都里は「たちばな」に和菓子を注文した。安子は稔と会えるかも知れないと思い、胸をときめかせながら、雉真家へ向かって自転車を走らせる。

 ところが、門前で待っていたのは仏頂面をした美都里。和菓子は受け取らず、代金だけ払い、「暮らしの足しにでもして頂戴」と言い放つ。物を売る仕事をする者にとって、これほどの侮辱はない。しかも美都里は「2度と稔に会わないで」と高飛車に命じる。安子はうちひしがれた。

 稔にも不甲斐ない面があった。事の次第を知り、美都里に対しては激怒するが、千吉には説き伏せられてしまう。

 千吉から「そこまで言うなら、おまえの好きにせい。その代わり雉真の家を出ろ!」と言われた途端、黙り込んでしまった。千吉は稔と銀行頭取の娘を結婚させ、「雉真繊維」の発展に利用しようとしていた。

 一方、安子は落ち込むばかり。心配した父親・金太(甲本雅裕、56)が、「たちばな」をのぞき込んでいた稔を見つけ、こう頼み込む。

「会うてやってください。それが一時、安子を苦しめることになっても、どうか安子に会うて話をしてやってください。お願いします」(金太)

 哀願だった。金太も一時、安子と砂糖会社の次男との政略結婚を目論んだことがあったものの、最後に望んだのはやはり娘の幸せ。年ごろの娘を持つ男親の胸には特に刺さる場面だったはずだ。

 子供の結婚を家のために利用しようとする親は今もいる。一方で、なんとか子供の望みをかなえてやろうとする親も。この物語は安子が生まれ、ラジオ放送が始まった1925年から始まっているが、100年程度では人の根元的な部分はそう変わらない。だから身近に感じられる。その上、脚本が出色だから、引き込まれる。


■安子の深遠なセリフ


 ノスタルジーに浸らせてくれるエピソードが散りばめられているのもこの物語の魅力だ。安子が稔に自転車の乗り方を教わることで2人の仲が深まったり(第4話、5話)、初デートの場がジャズを聴かせる喫茶店「Dippermouth Blues」だったり(第4話)。自転車の練習や音楽喫茶に関する思い出がある人は少なくないはず。それでいて普段は忘れている。エピソードの選び方が心憎い。

 第5話からの2人の文通もそう。文通を知る世代には懐かしかったが、同時に新鮮でもあった。日常で文通が語られることがない上、現代劇ではまず描かれないからだ。

 話を第12話に戻したい。哀願する金太の頼みを聞き入れる形で稔は安子と会う。2人の出会いは1939年で安子は14歳だったが、この時は1941年。安子は16歳になっていた。

 稔は胸の内を安子にぶつけた。

「戦争が終わったら、大学を卒業したら、きっと・・・」(稔)

 だが、安子の側から別れを切り出す。稔が嫌いになったわけではない。雉真家の反対が理由だ。稔の立場も考えた。

「ラジオの講座がのうなったら、おぼえた英語わすれてしもうた。稔さんのこともきっと忘れられます」(安子)

 深遠なセリフだった。2人の関係はそもそも稔が安子にラジオの「実用英語会話」を聴くことを勧めたために始まった。しかし全ての英語講座は太平洋戦争が開戦した1941年に終了してしまった。

 2人の恋も英語講座の消滅と時を同じくして終わってしまうのか。カギを握るのは1943年の学徒出陣(20歳以上の文系学生の徴兵)に違いない。稔も徴兵の対象になる。

 千吉は稔と銀行頭取の娘を結婚させようとしていたが、稔は戦場に行くことになった。生きて帰れるかどうか分からない。それなのに非情な政略結婚を強いることなど出来るのだろうか。千吉も実業家である前に父親であるはずだ。

 千吉の内面も現代人とそう変わらないのではないか。


■二重構造の脚本


 この物語は一見、シンプルで分かりやすい。それでいて奥が深く、二重構造のようになっている。

 例えば稔の弟で弓丘中野球部の勇(村上虹郎、24)の存在である。勇も安子のことが好き。なので、安子が稔と親しくなると、安子に向かって「兄さんはいずれ雉真の社長になる人じゃ。あんころ屋のオンナなんか、釣り合うもんか」と言い放つ(第5話)。

 嫉妬からの憎まれ口としか思えず、この時点までの勇は物語上のヒールに見えた。ところが、第10話以降は見え方が違ってくる。勇は稔とキャッチボールをしながら、こう言う。

「兄さんらしくねぇよ。いずれアンコ(安子)を苦しめるのに」(勇)

 その通りに安子は苦しんでしまった。勇は安子を心から思うからこそ、不器用な表現で警告を発していたのだ。

 勇は第13話で稔と銀行頭取の娘との結婚話があることを知り、激高する。稔をなじった上、何度も殴った。すべては安子への思いからだった。

 一方で勇は千吉に対し、家のための結婚は自分がするから、2人の仲を許してやってくれと懇願する。愛に裏打ちされた犠牲心である。ヒールどころか、安子への思いは稔に負けていなかった。

 ほかの部分の脚本も絶妙。例えば第8話。安子は金太から砂糖会社の次男との政略結婚を勧められる。戦時下で砂糖が手に入りにくくなったためだ。金太はまだ稔の存在を知らなかった。

 安子は家のために結婚を受け入れる決意をした。その前に稔とひと目会いたいと願い、大阪を訪れる。

 大阪で2人は初めて一緒に映画を観て、初めて共に食堂でうどんを食べる。ささやかなことだが、安子はこれまでに見せたことのないような飛びきりの笑顔を見せた。

 だが、この大阪行きは安子にとって稔との関係の清算を意味していた。だから安子が明るい表情をすればするほど見る側を切なくさせた。

 稔と別れ、帰りの汽車に乗った途端、安子の顔は曇る。やがて耐えきれずに泣き出す。稔と一緒にいた時とは表情が一変した。コントラストの付け方が見事だった。

 主題歌「アルデバラン」(歌・AI)は通常なら放送開始早々に流れるが、この第8話では安子が泣き出した直後にかけられた。放送開始から12分も過ぎていた。

 安子の恋の終わりを意味する演出と思いきや、主題歌明けに驚きが待っていた。稔がいた。安子のただならぬ様子を心配し、急行で追い掛けたのだ。

 これだけの濃い内容をたった1話で見せてしまった。それでいて物足りない思いは抱かせなかった。藤本さんの脚本が軽快だからにほかならない。無駄を排し、ひたすら2人の表情と心象風景を追った。

 これからも物語はスピーディーに進むに違いない。半年間の放送のうち、安子編はたった2カ月で終わってしまい、娘のるい(深津絵里、48)編、孫のひなた(川栄李奈、26)編と続くのだから。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)