『家政婦のミタ』から10年、本田望結が語る、フィギュアスケーターと俳優の二刀流を続ける理由

『家政婦のミタ』から10年、本田望結が語る、フィギュアスケーターと俳優の二刀流を続ける理由

10月8日、フィギュアスケート2021東京選手権大会 女子ショートプログラムで演技する本田望結 (C)日刊スポーツ

「限られた時間の中でどこまでもってこれるかが、自分のスケートの中で一番やるべきこと。結果だけみると、良いとはいえないけど、自分の中ではちゃんと逃げずにがんばったという気持ち」

 10月8日、シニア2季目となる本田望結(みゆ、17)は、フィギュアスケートの全日本選手権の地域ブロック大会「東京選手権」に出場し、21位となったショートプログラムの演技終了後にこう語った。

 同日のデイリースポーツ《本田望結 フィギュアへの揺るがぬ覚悟吐露「スケートが好き」「嫌いになるまで精一杯」》によれば、本田は自身を「結果とかいえる選手ではない」としながらも、「小さい頃からスケートとお芝居をやらせていただくにあたって、辞めるタイミングはたくさんあったと思う。なんでここまで続けているかというと、やっぱりスケートが好き」と話したという。

 幼いころから俳優としても活躍する本田は、フィギュアスケーターとの「二足のわらじ」を履き、現在も大きな注目を集めている。「辞めるタイミングはたくさんあった」と話す彼女が、それでも俳優とフィギュアスケーターの二刀流を続けるのはなぜか、それぞれにかける思いを聞いた。


■2時間のレッスンに往復6時間


 本田が俳優とフィギュアを始めたのは、3歳頃。お芝居は「自分の意志」で、フィギュアはすでに活躍していた「兄(太一)と姉(真凜、まりん)の影響」だったという。

「お芝居を始めたのは子供番組を見ていて、どうやったら歌のお兄さんお姉さんと一緒に歌ったり踊ったりできるのかなと思っていたのがきっかけです。テレビに映ろうと横で音楽に合わせて踊っては、『テレビに飛び込むにはどうしたらいいの?』と母にいつも聞いていたらしく、そんなに興味があるのならと芸能事務所に応募してくれました。でも、入ったからと言って、すぐに番組に出演できたわけではありませんでした」

 2時間のレッスンのために、本田は母親とともに当時住んでいた京都から東京まで往復6時間かけて通い、オーディションを何度も受けては落ちる日々を経験した。

「今でも『オーディション』と聞くと、心臓がキュッとなるぐらい苦い思い出です。幼いながらも、こう言えば受かったのかも、こうしては駄目かもしれないと考えていたほどでした。当時は鈴木福くんや他の子役の子たちと一緒にお芝居やダンスのレッスンを受けていましたが、今でも厳しいオーディションを受けた思い出を共有している“戦友”のような絆を感じています」


■「望結にしか希衣ちゃんはできない!」


 しかし、本田は6歳のときに最終回で40%を超える高視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯)をたたき出した連続ドラマ『家政婦のミタ』(2011年・日本テレビ系列)に出演したことで、一躍その名を知られることになる。主演の松嶋菜々子演じる家政婦が派遣された阿須田家の次女・希衣を演じた本田だったが、天真爛漫で思ったことを何でも素直に口にする、かわいらしい姿を覚えている方も多いに違いない。

「『家政婦のミタ』のオーディションは、希衣ちゃん役候補の子1人にお兄ちゃん役候補の男の子が2人ずつ順番に出てきて、何度も何度も同じシーンを繰り返すというものでした。オーディションが終わるとすぐ、私は母に『望結にしか希衣ちゃんはできないから!』と宣言したのですが、母は初めてそんなことを言った私に驚きながら、『そんな簡単なことじゃないよ』と軽く聞き流しているようでした。ですが、帰りの新幹線の中で合格したという電話があり、母は嬉しさで泣き出してしまいました。私は『ほら言ったやんか!』って喜んで(笑)。2人の兄役に決まった中川大志さんと綾部守人さんも、私が『あのお兄ちゃんとあのお兄ちゃんとやりたい』と話していた方たちだったので、何かビビッとくるものがあったのかもしれません。泣いている母を見て、この作品に参加すれば人生が変わるだろうと、幼心にも思いました」


■3歳だった紗来がおじいちゃん役を


 本田は、6歳上の太一、3歳上の真凜、3歳下の妹・紗来(さら)、長女の5人きょうだいの4番目。ドラマの撮影時は、両親はもちろんのこと、ほかのきょうだいたちも応援してくれた。

「今、あんなに視聴率の良いドラマに出演して急に注目されたら、戸惑うかもしれません。当時は『望結が精神的に不安定にならないように』と、両親が守ってくれていたのかな。私自身は、街中で『希衣ちゃんだ』と声をかけられることが多くなったなと思うぐらいで、学校でも特別扱いされることもなく、生活自体にはあまり変化があったようには感じませんでした。それに、周囲の人に対して“ありがとう”“ごめんなさい”の気持ちが欠けたときには、両親が厳しく注意をしてくれたので、自分を見失わずに済んだと思います。

 私の記憶では、小学校のころは撮影のとき、常に母が隣にいました。ということは、私が母を独り占めしていたんです。だから今、きょうだいにつらい思いをさせていたのかなと、みんなに“ごめんね”って気持ちがあります。でも、私に対してネガティブなことは一切言わず、一番上の姉が他のきょうだいの世話をしてくれたり、『家政婦のミタ』のセリフを覚えるときにはお姉ちゃん役を姉たちが、お兄ちゃん役を兄が、平泉成さんがやっていたおじいちゃん役を3歳だった紗来がやってくれて(笑)、ずっと応援してくれていたんです。本当に感謝しかありません」


■最初のコーチは父


『家政婦のミタ』で名前を広く知られるようになった本田は、テレビなどへの露出も増えていった。「あの頃を超えることは今後ないかもしれない」と話すほど、バラエティ番組を中心に一日に何本もの番組の収録をする過密なスケジュールをこなしていた。それでも、フィギュアスケートを辞めるという選択肢はまったくなかったという。

「フィギュアは、兄や姉の練習を見に行ったときにコーチから『見ているだけじゃ寒いでしょ? 望結ちゃんもやってみる?』と言われて、リンクに入ったことが最初でした。実は、兄から勧められて父もすでにフィギュアを始めていました。ですから、私の最初のコーチは父なんです。大学生に混じって試合にも出て優勝したぐらい、本格的に取り組んでいたんですよ(笑)。リンクでは兄や姉以外にも高橋大輔さんや織田信成さんが練習していたので、皆さんの技術の高い演技を見ては『望結もしたい!』と張り切っていました。でも、もちろんすぐにはジャンプもステップもできるわけではありません。悔しくて、うまくなりたい一心で練習に取り組みました」


■毎日持ち歩いたスケート靴


 本田は『家政婦のミタ』の翌年には、BSフジの子供向け番組『モジーズ&YOU』に出演。ほかにも様々なドラマをこなしながら、2017年にはテレビ朝日のドラマ『探偵少女アリサの事件簿』で初主演を、2017年からは関西テレビのスポーツバラエティ『こやぶるSPORTS』(現『こやぶるSPORTS超』)では2017年から4年間、現在もアシスタントMCを務めている。

 映画では2015年9月公開の『ポプラの秋』(大森研一監督/上海国際映画祭、モントリオール国際映画祭正式招待)で父親を亡くした繊細な心を持つ少女を好演。同年12月公開の『母と暮せば』(山田洋次監督/アカデミー賞・外国語映画賞部門日本代表作品、日本アカデミー賞優秀作品賞)ではその演技力で高い評価を得た。16年9月に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督作品の『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』では、主人公ソフィの吹き替えで声優にも初挑戦している。

 一方、フィギュアでは2013年、9歳のときに全日本フィギュアスケートノービス選手権大会ノービスB(9歳以上11歳以下)女子で8位という成績を修めた。翌年は近畿ブロックを2位で通過、全日本では25位に、15年には近畿ブロックのノービスA(11歳以上13歳以下)女子で4位通過、全日本では11位に、16年には近畿ブロックで3位となり、4年連続で全日本に出場している。16年の全日本では、自己最高位となる6位で初入賞を果たした。

「『家政婦のミタ』に出演していたころは、練習したいけれど、なかなか時間が取れない日が続き、少しでも時間が空いたら近くのリンクで練習ができるよう、毎日スケート靴を持ち歩いていました。フィギュアのために小学校を転校した後は、リンクを借りて早朝4、5時から学校や仕事に行くまで、仕事や学校から戻ってからは夜も練習をしていました。リンクに乗れないときのために、父が自宅のガレージをトレーニングルームに改築してくれて、小学校高学年のころには、兄がお願いしていたトレーナーさんに私もケアをしてもらうことになりました。このトレーナーさんは朝も夜も練習に付き合ってくれて、今でも陸上でのトレーニングはもちろん、仕事含め様々なことを相談しています」


■ひとつに絞らないといけないかも


「父も母も、私のサポートで寝る時間もなかったと思いますし、金銭面でも負担をかけたと思いますが、子どもたちが『健康で笑顔でいてくれるだけでいい』という両親です。だからこそ恩返しとして、私はスケートでもお仕事でも、結果を出して“賞”といった目に見える形で残したい。『両立』という言葉はよく使いますが、実はしっくりこない気もしているんです。お仕事があること、練習できる環境があることは“当たり前”のことではありませんが、両立させているというよりは、両方できる環境にあるからどちらも全力で取り組んでいる、という感じです」

 実際、本田のInstagramのプロフィールには「二兎を追う者だけが二兎を得る。」と、その決意のほどが表れている。それでも、「誤解を恐れずに言うと」と前置きしたうえで、「スケートか女優かひとつに絞らないといけないかもしれない、とは、毎日のように考えています」と話す。

「小学校の中学年ぐらいまでは、スケートをすることも撮影に行くことも、あまり深く考えずに楽しんでやっていました。体が成長するとともに、周囲から『どちらか辞めたら』などアドバイスをいただくようになり、小学校から中学校、高校へと進学するような節目の時期には、自分の気持ちを殺してでも、どちらかにしないといけないのかな、私のやり方は間違っているのかな、とより深く考えることもありました。

 ただ、どんなに悩んでも、フィギュアをしていない自分も、お芝居をやらない生活も考えられませんでした。むしろ、大好きなフィギュアスケートができなくなったら、絶対しんどくなることは目に浮かびます。『フィギュアが嫌いになるまでやる』と、よく取材でも答えているのですが、嫌いになれるわけがないから、今のところ辞めるという選択肢はありません。このふたつがあるから“本田望結”は成り立っていますし、同じことをしている人はいないので、自分で道を切り開いていくしかない。誰も見たことのない景色を見るぞ!って気持ちでいます」

(【本田望結インタビュー 青森山田の高校生活、モヤモヤを晴らしてくれた中村玉緒さんの言葉】につづく。敬称略)

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)