【カムカムエヴリバディ】朝ドラ史上、類を見ない早い展開でも視聴者が満足する仕掛けとは?

【カムカムエヴリバディ】朝ドラ史上、類を見ない早い展開でも視聴者が満足する仕掛けとは?

上白石萌音

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(月〜土曜午前8時)に心をわしづかみにされる人が続出している。朝ドラ史上、類を見ない猛スピードで物語が展開しているのにどうしてなのか。

「カムカムエヴリバディ」についてSNS上にはこんな声が並んでいる。
「1話たりとも見逃せない」「どっぷりハマった」

 放送開始から僅か4週間で数多くの熱狂的ファンを獲得したようだ。

 朝ドラ史上、最速と言っていい猛スピードで物語が展開しながら、物足りないという声は聞こえてこない。
 それどころか多くの視聴者を朝から泣かせるほど強いインパクトを与え続けている。なぜなのか。

 理由の1つはヒロイン・安子(上白石萌音、23)の人生が、誰にでも当てはまる摂理に基づいて描かれているからだろう。

 その摂理は「禍福はあざなえる縄のごとし」。もとは司馬遷の『史記』「南越伝」に書かれている言葉で、幸福と不幸は縄をより合わせたように交互にやって来る、という意味である。

 安子が幸せを掴み、観る側まで幸福な気分に浸った途端、その幸せが安子の手からこぼれ落ちてしまう。
 安子が笑顔を見せたと思った次の瞬間、その表情が陰る。観る側も切なくなる。

 禍福が交互にやってくるという展開が最も際立っていたのは、安子が我が子の誕生を喜んだ直後に訪れた肉親の死だ。

 第16話。結婚して約1カ月の夫・雉真稔(松村北斗、26)は出征してしまうものの、安子は子供を授かり、長女・るいを生む。1944年9月14日のことだった。

 当初は結婚に猛反対していた稔の父・千吉(段田安則、64)と母・美都里(YOU、57)は初孫誕生に小躍り。安子も幸せをかみしめた。戦時下の雉真家が喜びに包まれる。

 第17話の安子はるいを連れて里帰り。母・小しず(西田尚美、51)、祖母・ひさ(鷲尾真知子、72)、父・金太(甲本雅裕、56)はそろって相好を崩す。会話も弾んだ。

「あげん楽しそうなおばあちゃん見るの、久しぶりじゃ」(小しず)

 安子が帰途に就く際、ひさはるいに向かって「また来られいよ」と目尻を下げる。

 だが、その日は永遠に来なかった。直後に小しずとひさは空襲で命を落とす――。

 まさに「禍福はあざなえる縄のごとし」だった。誰でも人生のハイライトは幸せだった時期と不幸せだったころに違いないが、この朝ドラは安子のそれを中心に描いているから、緩慢な場面がない。観る側に強い印象を与える。

 安子の物語は落差が激しいものの、それでいてリアリティを感じさせるのは現代人にも安子の生涯と共通するところがあるからだろう。それは幸福と不幸が交互に訪れがちな点だ。

 そもそもこの朝ドラのリアリティは折り紙付き。NHKドラマだけでも60作以上担当している考証のプロ・天野隆子さんが徹底して行っており、小しずとひさの命を奪った空襲も史実に基づいている。

 1945年6月29日から午前2時43分からの岡山大空襲である。米軍機B29による無差別爆撃が2時間近くも続いた。死者は1700人以上。市内の約7割が焼き尽くされた。


■幸不幸の連続


 序盤における安子の禍福も振り返りたい。第3話。岡山市内にある家業の和菓子店「たちばな」を手伝っていた安子は、店に来た大阪商科大予科(現・大阪市立大)に通う稔と知り合う。そしてラジオの英語講座の存在を教えてもらった。

 第4話。安子は稔から自転車の乗り方を指導してもらう。おそるおそる自転車にまたがるが、表情はこぼれんばかりの笑顔。2人で喫茶店「Dippermouth Blues」にも入る。

 第5話で2人は地元の祭りへ。安子は幸せそうだった。けれど稔が安子から離れた時、稔の弟で安子と同級生の勇(村上虹郎、24)が現れる。
 勇は安子に対し心ない言葉を口にした。

「兄さんはいずれ雉真の社長になる人じゃ。あんころ屋のオンナなんか、釣り合うもんか」(勇)

 稔は同市内に本社のある有力企業「雉真繊維」の跡取り息子だった。安子は打ちのめされ、身を引こうと考える。

 だが、のちに勇が安子のところに詫びに来て、稔が大阪に帰ることを伝える。安子は稔に教えてもらったばかりの自転車にヨタヨタと乗り、岡山駅に急ぐ。駅で会えた2人は文通することを約束する――。

 たった3話で出会いから親密化、別離の危機、関係の強化までが描かれた。なにより幸不幸の連続だった。

 稔から乗り方を教えてもらった自転車で稔のところへ急ぐのは藤本有紀さん(53)の脚本のうまさだ。
 観る側の目頭を熱くさせた大逆転の結婚劇も禍福の連続だった。

 第14話まで観る側は稔が銀行頭取の娘と政略結婚するものだと思っていた。

 稔の父で雉真繊維社長の千吉はそれが会社のためと考えていたし、稔の母・美都里にいたっては安子に向かって「2度と稔に会わないで」とののしっていたからだ。

 安子も訪ねてきた稔に別れを告げた。雉真家の反対を乗り切れるとは思わなかったのだろう。

 だが、千吉は稔の学徒出陣(20歳以上の文系学生の徴兵猶予廃止)の直前に心変わり。安子の気立ての良さを知ったこともあり、第15話で2人を結婚させる。

 生きて帰れるかどうか分からない息子を、ひとときでも幸せにしてやろうと考えた――。

「禍福はあざなえる縄のごとし」を織り込むのはドラマづくりにおいて黄金律の1つ。だが、ここまで大胆に取り入れ、なおかつ不自然さやあざとさを感じさせない作品は希少。

 独創的かつ作り込んだ作風で知られる藤本さんの脚本が冴え渡っている。
 役者陣もいい。上白石萌音が笑うと観る側までほほえみそうになる。一方で泣き顔は観ているのが辛い。悲しくなる。演技が自然だからだ。

 松村北斗は清潔感がある一方で凛々しい。企業の御曹司らしい気品と大学生らしい知性を感じさせる。

 戦前の大学進学率は5%以下で、大学生は超エリート。松村が演じる稔のような存在だったのだろうと思わせる。

 村上虹郎は相変わらず抜群にうまい。安子の存在が同級生、片思いの人、義姉と変化していく複雑な役どころだが、まったく違和感を抱かせない。


■印象的だった第3話のナレーション


 スピーディーな展開なのに骨太のメッセージをセリフやナレーションにさらりと織り込んであるのもこの朝ドラの特徴だ。軽佻浮薄なドラマとは違う。

 1939年だった第3話。城田優(35)のナレーションにこんな下りがあった。

「安子にはこれといって夢と呼べるものはありません。安子はただ大好きな町で大好きな人たちと暮らす日がいつまでも続けばいいと思っていました」(城田のナレーション)

 当時の安子はそんなささやかな願いしかない14歳だった。

 だが、たった6年後に大好きな町は無差別空襲で破壊され、大好きな母も祖母も命を奪われてしまった。

 やはり大好きな父は母と妻を失ったショックで心を病んでしまう。
 小さな願いすらかなわない時代だったことが浮き彫りにされた。藤本さんによる計算し尽くされた構成だ。

 次は安子に幸せが訪れる順番のはずだが。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)