逮捕「鬼束ちひろ」の休養・復活を繰り返した20年 12年に衝撃のつぶやきで謝罪

逮捕「鬼束ちひろ」の休養・復活を繰り返した20年 12年に衝撃のつぶやきで謝罪

鬼束ちひろ

 11月28日、シンガーソングライターの鬼束ちひろ(41)が東京・恵比寿の路上で救急車を蹴り飛ばし、器物損壊の容疑で現行犯逮捕された。またか、と思われた方も少なくないかもしれないが、さすがに逮捕は初めてだ。昨年、デビュー20周年を迎えた彼女の七転八倒の人生を振り返る。

 ***

 救急車を呼ぶ前、鬼束と友人はパチンコ店にいたという。この一事を取っても、彼女らしいと思う人もいれば、あの清らかな歌声から意外に感じた人もいたかもしれない。

 芸能記者は言う。

「朝日新聞は28日のネット記事で“自称シンガー・ソングライター”と報じていました。彼女の最大のヒット曲が2000年に発売された『月光』だからといって、いくら何でもそれは失礼ですよ。その後もたびたび話題となった人ですし、音楽活動もしっかりやっていましたからね。ただ、彼女の行動はあまりに振り幅が大きかった」

 大ヒットまではトントン拍子と言ってよかった。

「地元宮崎の高校に通う2年生の時に作詞作曲に目覚め、3年生の時に立ち読みしていた雑誌でVirginレコードのオーディションを知って応募。自作曲でグランプリを受賞すると、高校卒業と同時に上京しました。翌00年2月にシングル『シャイン』でデビュー。半年後に発売された2作目のシングル『月光』がドラマ『TRICK』(テレビ朝日)の主題歌となり、60万枚の大ヒットを記録します。ランキング上位にこそ入りませんでしたが、10カ月近くもチャートインするロングヒットでした」


■バイクで事故


 19歳ながらゴスペルのような荘厳さとパワフルさ併せ持った声、さらに「♪I am God's child この腐敗した世界に堕とされた〜」という歌詞に圧倒された人は少なくない。

「01年に発売されたデビューアルバム『INSOMNIA(インソムニア)』は150万枚を売上げ、年末のレコード大賞では作詩賞を受賞しました。彼女が賞賛されたのはこの頃まで。ちなみに、INSOMNIAとは不眠症の意味で、音の響きだけでタイトルに決めたということですが、この頃から彼女は不眠症に悩まされていきます」

 02年2月には、友人が運転するバイクの後ろに乗っていて事故に遭う。

「レコーディングの休憩時間に、買い物に出かけたそうです。後に運転していた男性は“当時のダーリン”だったと明かしていますが、結構奔放ですよね。ツアーを控えていたためケガが心配されましたが、仕事に支障はなく、ツアーは無事にスタートしました」

 当時の新聞記事がある。

《宮崎県出身の二十一歳。幼少期から臆病で、ささいなことで落ち込みやすく、「なんでこんなに生きにくいのか」と思っていた高校時代に、米国のシンガー・ソングライター、ジュエルの曲と出会った。素直に感情を歌い上げる彼女にひかれ、歌い始める。二年前にデビューを果たした。/「今でも落ち込みやすいが、今は歌があるから、バランスがとれている。私は不安とか悩みを抱えている人間だが、それが私に歌を書かせる原動力になっていると今は思える」》(「読売新聞」02年3月13日付夕刊)


■繰り返される体調不良


 歌はあっても、心のバランスが崩れ始める。02年4月、急性腸炎で緊急入院し、ツアーの2公演を延期。退院後にツアーを再開したものの、5月から静養に入った。

「11月に日本武道館の単独ライブで復活し、延期されていた2公演もこなしました。この時の彼女のセリフが振るっていました」

《ライブでウケた借りはライブで返す!》

 見事復活と思われたが、03年9月には声帯結節(ポリープ)を発症し、再び音楽活動は中止に追い込まれた。

「静養中の04年5月、所属事務所が4月で契約を打ち切ったとホームページで発表。レコード会社も彼女との契約を打ち切り、引退危機とまで言われました。静養中にレコード会社が『シングルBOX』を企画・発売したことが、商業主義を嫌う彼女と揉めた原因とされています」

 だが、翌月には新たな所属事務所、レコード会社と契約を結べるのは、ミュージシャンとしての実力があってこそだろう。

「04年9月、移籍後、1年ぶりのライブを日比谷野外音楽堂で行ったのですが、それまでのバラードのイメージはすっかり変わっていました。特徴的だった裸足での歌唱は封印され、ブーツを履いて超ミニスカートで登場し、ロックテイスト全開になっていました」

 ところが翌10月には、また体調不良のため年内活動休止が発表される。


■2年半ぶりに復活


「音楽番組へのドタキャンがきっかけだったと言われています。結局、05年1月、新しい事務所ともわずか8カ月で契約が解除されました。彼女は《自分のペースでの創作と、アーティスト活動、世の中のペースが一致しない》という言葉を残し、表舞台から姿を消しました。彼女の自叙伝『月の破片』(幻冬舎)には、パニック障害や自殺未遂の過去なども綴られていますが、その後も体調不良と復活を繰り返しました。でも、音楽活動から遠ざかっている時でも不思議と話題は提供するんです」

 05年8月には、鬼束の自宅マンションに侵入した男が逮捕された。彼女のファンと見られ、数回にわたって花束を持ってマンションを訪れていたという。

 そして07年2月、2年7カ月の休養を経て音楽活動を再開する。長期休業について鬼束は、インタビューでこう答えている。

《もちろん、いろんなごたごたがあったし、それも関わってはいるんだけど、あんまり深い感じではないんですよね。自分のペースで世の中と対面してたら、こうなってしまったみたいな。でも、「長い長い」って言われるけど、そんな後悔とかはないし。前にいた事務所があるんですけど、もしかしから、そこでずっとやっていたら――けっこう淡々とやってて。すごい飽き性なんですよ。で、あのままやってたらやめてたんじゃないかと思ったりするんですよね》(「ロッキング・オン・ジャパン」07年6月号)


■同棲相手からDV


 07年6月には4年ぶりに「ミュージックステーション」(テレビ朝日)にも出演し、08年には6年ぶりとなる全国ツアーが発表された。ところが、またまた体調不良で中止、半年間の休養となる。

「09年はシングル3枚とアルバム1枚を発売し、デビュー10周年となる10年6月にレコード会社との契約が終了します。そして同年8月、同居していた男性から暴力を振るわれ、肋骨骨折、左眼窩底(がんかてい)骨折など、全治1カ月の大けがを負いました」

 睡眠薬を飲んで寝ているところを叩き起こされ、男のただ事でない様子に気づいたという。

《彼は怒っているように見えた。理由なんて、もちろん知らない。でもなぜか、とてつもなく怒っている。動物的直感で身の危険を悟った私は、得意の素早い動きで、ハムスターみたいにシュシュシュとベッドから抜け出そうとした。/バッシーン! 追いかけてきた彼から、いきなり平手打ちを食らった。一瞬、頭の中が真っ白になる。/は? どういうこと? 今、私のことを殴ったよね、あんた?/暴れん坊のこの私が、人様に殴られて黙っているわけにはいかない。驚きや憤りよりも先に、反射的に彼の顔を殴り返していた》(「パピルス」11年4月号)

 男は逮捕され、その後2年6カ月の懲役刑(実刑)が言い渡された。


■Twitter発言


「11年は憑き物が落ちたように、ライブ活動を復活させたりしたのですが、12年に始めたTwitterでの発言がいきなり過激化し、問題になりました」

 当初は《いえー!》《眼科ガンガン!! 行って来るぜ、オイ!》といった妙なハイテンションだったのだが、

「《あ〜和田アキコ殺してえ》には驚きました。さすがの和田さんもラジオ番組で触れるには触れたものの、『とにかく変わった人だから放っておこうね。ここで言ったからもうおしまい』と、触らぬ神のような扱いでした。本人も公式ページで謝罪しましたが、もはやお騒がせのイメージが定着しました」

 14年6月には映画「呪怨―終わりの始まり」の主題歌を担当し、舞台挨拶にも登場。目を見開いたまま登場して、あまりの恐怖に会場が騒然とする中、「世間のイメージでは呪う側なので呪わせていただきます。エンドロールで帰ったら呪わせていただきます」と笑いも取った。

 16年11月にライブのイメージ画像を公開したところ、かつての美しい鬼束が戻ったと話題に。そして18年7月にはInstagramで3年前に結婚していたことを公表。以来、地道に音楽活動を行っていた。そして、今回の逮捕劇である。

「ようやく落ち着いたと思っていたんですけどね。現場で野次られてパニックを起こしてしまったと彼女は言っているそうですが、ヤジを飛ばした相手に向かわなくてよかった。薬物検査も行われたそうですが、音楽の才能は確かなだけにクスリだけはやっていないことを願います」

 これだけ復活を繰り返してきた鬼束である。今回も不死鳥のごとき復活を望む。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)