本田翼は本当に「演技が下手」なのか 「ラジエーションハウス」続編の酷評と意外な強み

本田翼は本当に「演技が下手」なのか 「ラジエーションハウス」続編の酷評と意外な強み

本田翼

 本田翼さんほど、評価が分かれる主演女優はいない。とにかく可愛い!という声と、演技が下手すぎるという声に二分される。モデルとして芸能界入りして15年、ドラマ「GTO」で女優デビューして約10年。開設したYouTubeチャンネルは登録者数200万人超えを記録した。29歳になった今も、大人っぽさよりは可愛さが色濃いキャラクターは変わらない。そして演技力も悪い意味で変わらない、というのが通説なのではないだろうか。

 現在は月9「ラジエーションハウスII」のヒロインを務めている本田さん。2019年ドラマの続編となる本作でも、冷静でひた向きに仕事に取り組む放射線科医を演じている。共演者には主人公の窪田正孝さんを始め、遠藤憲一さんや八嶋智人さん、山口紗弥加さんといった演技功者が並ぶ。本田さんより年下の広瀬アリスさんも、演技の幅には定評がある。彼らと比べてしまうと、確かに本田さんの分は悪い。ドラマ放映後のSNSでも、声の出し方が不自然とか、滑舌が悪いとか、さんざんな言われようである。

 本田さんは1992年生まれ。同い年だと指原莉乃さんや白石麻衣さん、剛力彩芽さんなどがいる。演技力というくくりで見れば、失礼ながら本田さんに限らず際立った人はいないといえるのではないだろうか。ただし一つ上には波瑠さんや高畑充希さんが、一つ下には吉岡里帆さんや志田未来さん、新木優子さんといった実力派が名を連ねる。同年代のアラサー主演女優界は、可愛いだけでは勝ち残れない場所であるのは確かだ。受賞歴で見ても、本田さんはジャパンアクションアワードの「アクション女優賞 優秀賞」くらいだが、高畑さんや吉岡さんは日本アカデミー賞を受賞したりと圧倒している。

 演技力を不安視される本田さんだが、主演ドラマは引きもきらない。彼女の主演ドラマは、わりあい高視聴率のことが多いのである。「ラジハ2」も初回が11.3%、最新話も2ケタの視聴率をキープしている。残念ながら酷評されがちな本田さんだが、彼女向きの役にハマった時は強い。


■特徴的な「デジタル」演技 アクションや歌モノ向きという一面も


 本田さんの演技を見ていると、台本に何と書かれているかわかる気がする。ムッとした顔、バカにした顔、傷ついた顔。いずれもステレオタイプでマンガみたいな感情表現というか、表情や演技に助走や余韻がない。ゼロかイチかという感じの「デジタル」的な演技なのだ。実際に「目が笑っていない」「棒読み」など、ロボットのような印象を受ける人は多いと見える。

 助走や余韻がないから、演技の間がもたない。でも、だからこそ、アクションや歌など、演技以外にやるべきことがあると彼女の良さが引き立つのである。アクションの賞を受賞した「絶対零度」の、戦うドS刑事役が典型だ。また最近のCMでは、「LINEモバイル」しかり「ZOZOTOWN」しかり、歌モノの演出が目立つ。彼女にとってチャーミングさが最大の武器なのだということがよくわかる

 一方で、普通のラブコメだと苦戦する。年初に放映された「アプリで恋する20の条件」や夏ドラマ「嘘から始まる恋」の視聴率は振るわなかった。心の揺れや悩みを抱えるラブストーリーでは、白黒はっきりしたデジタル演技はどうしても浮いてしまうのだろう。しかしそれもまた、彼女のマジメさの証だと思うのである。


■バラエティでも演技をしているマジメさ 声優としては活躍の兆しも!?


 MCを務める「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」では、女優でもモデルでもない彼女の姿が垣間見られる。笑ったり驚いたり、ときに共演者に突っ込んだり。でも口角が上がっていても目が笑っていなかったり、やたらまばたきしたりと、常に緊張が伝わってくるのである。こういう時はこういう態度がお約束ですよね?という、ひとつの正解をなぞることに集中しているのだろう。話を聞き返したり聞き流したり、バラエティー対応やアドリブ力には不安があった時代を思えば格段の進歩だし、彼女の努力のあとがうかがえる。でもやっぱりデジタル的な「演技」に見えるのは否めない。ゼロでないならイチ、イチじゃないならゼロ。ひとつの答えしか出し入れできない、本当に不器用でマジメな人なのだ。

 ドラマでもバラエティーでも、ひとつの正解にこだわる彼女が見えてしまうからこそ、視聴者が今一つ入り込めない。でも表情が見えなければ、そこまで気にならないともいえる。「天気の子」で声優として参加した時は、さほど違和感がなかった。新海誠監督は当初の予定から最も遠く離れた演技だったと言いつつも、良い意外性が生まれたと褒めていた。

「ラジハ」の窪田さんや演出家からも、芝居が格段に上手くなったと絶賛された本田さん。不器用でマジメだから苦労するが、アクションや歌、声優といったフィールドでは着々と高評価を得ている。本人は「根暗」と自己評価しているので難しいかもしれないが、意外とミュージカルなど、大振りな演技で花開くこともあるかもしれない。これからはひとつの正解にこだわらず、自身の良さを活かせるフィールドで、名前通りに翼を広げて大きく羽ばたいていってほしいなと願うばかりだ。

冨士海ネコ

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)