Netflix製作の韓国映画に“日本人悪役”で出演する「有名俳優」 “反日映画”に出演して批判された過去も

Netflix製作の韓国映画に“日本人悪役”で出演する「有名俳優」 “反日映画”に出演して批判された過去も

韓国映画は二度目の出演となる池内博之

 韓国映画をヒットさせる条件の一つに、“日本を敵にする”テーマ選びがあるという。だが、その度に製作陣の頭を悩ますのが、「日本人悪役」探しだ。4月に配信がスタートするNetflix製作の新作では、懐かしの学園ドラマに出ていたあの俳優が、またもや“冷酷な日本人役”を演じる。

 ***


■大物俳優を連れてこい


「一昔前までは日本人役も韓国人が演じていました。見た目は似ているので不自然ではないのですが、問題は言葉の壁。どうしても、そこでリアリティが損なわれてしまうのです」

 こう語るのは、韓国の映画関係者である。

 韓国で歴代最高の興行収入記録を誇る作品が、2014年に公開された『バトル・オーシャン 海上決戦』だ。豊臣秀吉の朝鮮出兵をモチーフにしたアクション映画で、韓国では1700万人もの観客を動員した大ヒットとなった。だが、日本人が観たら誰もが違和感を覚えるに違いない。執拗に日本人を悪し様に描いている点もさることながら、日本人武将を演じる韓国人俳優の日本語があまりに辿々しいからである。

「韓国では歴史物を中心に、日本人をヒールに仕立てた映画がヒットする傾向にあります。韓国人に根付いている反日感情を大きく刺激するからです。ただし、最近は世界市場に耐えうる作品を作らねばならなくなり、韓国人俳優では務まらなくなりました。知名度のある本物の日本人が求められるようになったのです」(同・芸能関係者)


■批判を浴びた「反日映画」


 とは言うものの、“反日”のレッテルが貼られかねない韓国映画に出たがる俳優は数少ない。日本人俳優のキャスティングに長年携わってきた韓国の芸能関係者は、2年前に届いたあるリストを見て驚愕した。そこには、大手動画配信会社が製作する新作で、演出側が希望する日本人俳優の名前が並んでいた。

「真田広之など、誰もが知っている超一流ばかり。要求度がここまで上がっているんだと知ってびっくりしました。『カネに糸目をつけないから、本物の一流俳優を連れてこい』という感じなのです」

 そのリストが想定していた新作映画こそが、4月8日からNetflixで世界独占配信される『夜叉―容赦なき工作戦―』である。中国・瀋陽を舞台に、日韓の激しい諜報戦が繰り広げられるスパイアクションだ。主役の韓国人検事と激しくぶつかるのが、公安調査庁のロビイスト・オザワ。紹介文には、「冷酷なアジア最強のスパイという裏の顔を持つ」とあり、いつもながらの日本人悪役のようだ。結局、白羽の矢が立ったのは池内博之(45)であった。


■冷酷非道な日本人将校役


 池内と言えば思い起こされるのは、1998年に放送された反町隆史と松嶋菜々子が主演する人気ドラマ『GTO』だろう。反町らが演じる教師に反抗する不良生徒役として一躍注目を集め、ドラマや映画で引っ張りだことなった。だが、その後も代表作と言えるような作品にも巡り合えず、知名度はイマイチのまま。そんななか、池内が数年前から新たな活動の場としているのがアジア映画である。毎年のように、中国や香港製作の映画に出演。日本で2017年に公開された中国映画『レイルロード・タイガー』では、ジャッキー・チェンとも共演した。

 前出の映画関係者は池内の名を見て、「あの映画で批判されたのに、また出るんだ」と驚いたという。あの映画とは、19年8月に韓国で公開された『鳳梧洞(ポンオドン)戦闘』。三・一運動が始まった翌1920年6月、中国・満州の山間部で起きた朝鮮独立軍と日本軍との闘いをモチーフにした戦争映画だ。この作品で池内は、冷徹非道な日本人将校役で、初めて韓国映画に出演した。

 同作を韓国で観た日本人記者が振り返る。

「めちゃくちゃなんてものではありませんでした。史実を度外視し、ひたすら“日本を悪、韓国を正義”として描いているのです。日本軍が独立軍を追って村を急襲するシーンでは、池内ら笑みを浮かべた日本兵が、無防備な老人、子供、女性を銃で撃ち、刀で斬り、なぶり殺しにしていきます。レイプされる女性もいますし、殺された子供を抱いて泣く母親を見て笑い転げる日本兵も描かれます」


■北村一輝はあれっきり


 この作品で最も批判を浴びたのは、準主役の少佐役を演じた北村一輝だった。北村は、当時、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』でヒロインの父親を演じるなど、国内でも注目を集めていたため、日本での芸能活動に影響が出かねないほどだった。公開前までは、「『これからは韓国で活躍していきたい』とやる気満々に語っていた」(前出・芸能関係者)そうだが、それきり韓国映画への出演話はまったく聞かれない。

 そんななか、池内は再度、日本人悪役を引き受けたというのである。

「ギャラが良かったという点もあると思いますが、池内さんが日本での活動を北村さんほど気にしていないという理由もあると思います。池内さんにとって韓国は、活動の幅を広げたいアジアの中の一国に過ぎません。プロの役者としてオファーに応じているだけのことで、日韓関係はさして意識していないのでしょう。アジアを足がかりに、ハリウッドに進出したいという野望も持っているようです」(前出・映画関係者)

 Netflix配信ともなれば、世界で注目される可能性は広がる。果たしてどのような評価が下されるのか……。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)