〈カムカム〉叔母の懺悔でついに解けた母親への誤解…それでもるいの表情は暗かった理由

〈カムカム〉叔母の懺悔でついに解けた母親への誤解…それでもるいの表情は暗かった理由

深津絵里、川栄李奈

 半年間にわたって耳目を集めたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」が終わる。この物語のテーマはなんだったのか。どうして話題沸騰の人気作となったのだろう。

 るい(深津絵里)が安子(上白石萌音)に抱いていた誤解は解消された。同時にるいは自分の間違いに気づかされた。

 第107話(2003年)で叔母の雉真雪衣(多岐川裕美、若年期は岡田結実)から懺悔されたからだ。雪衣は安子を雉真家に居づらくしたことを告白し詫びた。これに対し、るいは言った。

「雪衣さん、もう自分を責めんといてください。みんな…間違うんです…みんな」

 るいの表情は暗かった。無理もない。この言葉は自分自身にも向けられていた。幼い自分も安子を傷つけ、追い込んだ。もはや、るいの側に安子を拒絶する理由はない。

 5つの題材も完全につながった。放送前から知らされていた「ラジオ英語講座」と「あんこ」「野球」「ジャズ」「時代劇」である。

 一見、何のつながりもない題材だった。いずれも衰退期にあるものなので、脚本を書いた藤本有紀さん(54)が応援したいのだろうと思われた。だが、違った。それより遥かに大きな意味を持っていた。

 5つの題材とは離ればなれになっていた安子、るい、ひなた(川栄李奈)を結び付けるデバイス(装置)だったのである。

 まず「ラジオ英語講座」は3代にわたって聴かれただけではない。ひなたが英語をマスターしていなかったら、勤務先の条映撮影所で外国人観光客の案内役やハリウッド映画の通訳は任されていない。すると映画のキャスティング・ディレクターでアニーを名乗った安子との出会い(第102話、2001年)もなかった。

 また「あんこ」によってアニーこと安子はひなたが自分の孫であることに気づいた。大好きだった自分の祖父・橘杵太郎(大和田伸也)から受け継いだおまじないによって、あんこが作られたことが分かったためだ(第107話、2003年)。

「野球」と「時代劇」も3代の結び付きに欠かせなかった。米国生まれの野球と日本固有の文化である時代劇が存在しなかったら、映画「サムライ・ベースボール」は制作されていない。アニーこと安子の来日もなかった。

 そして「ジャズ」。稔と安子、るいにとっての思い出の曲である「サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」があったから、母娘が再会する奇跡が起きる。

 るいの夫・大月錠一カ(オダギリジョー)は、かつてGHQの社交場だった旧岡山偕行社でのクリスマスフェスティバルに、るいも出演するよう勧めた(第107話、2003年)。

「あの特別なステージで歌うサニー・サイドやったら、お母さんに…」(錠一カ)

「届くよ」と続けたかったのだろう。それは現実化するに違いない。

 クリスマスフェスティバルにアニーこと安子を連れてくるのはひなただろう。ひなたは第97話(1994年)まで安子の存在すら知らなかったものの、年を重ねるに連れて血族への思いが募るのは不思議なことではない。身に覚えのある人は多いはずだ。

 日本での暮らしに絶望し、渡米したアニーはるいと対面した瞬間、安子に戻る。第38話(1951年)以来のことである。


■メインテーマの普遍性


 なぜ、安子はるいから逃げようとしたのか。もちろん、ずっと、ずっと、気になっていたはずだ。「るいのそばにおりてえ」(第38話、1951年)と泣きそうな顔で訴えていた情の深い母親なのだから。

 けれど、るいの側から「I hate you(嫌い)」と言われ、義絶された。衝撃だっただろう。るいの誤解が解けたことを安子は知らない。嫌われているままだと思っている。それでは誰でも顔を合わせまいとする。どんなに愛しくても。

 この朝ドラのメインテーマは何だったのかというと、「永遠」と「親子愛」にほかならない。3月29日の本稿でも書いた通り、そのメインテーマは放送開始当初から視聴者側に提示されていた。

 安子の旧姓「橘」は古事記、日本書紀の時代から「永遠」の象徴。稔の名字「雉真」の雉は古来、「親子愛」を表す。メインテーマの「永遠の親子愛」そのものなのである。さまざまな仕掛けが施されていた藤本さんの脚本は本当に心憎い。

 メインテーマが普遍的なものだったから多くの人に受け入れられた。朝ドラで初めて3人のヒロインがいたのも腑に落ちる。親から子、子から親への愛情を描くのだからヒロインが1人では難しい。また、ヒロインが母娘2人ではお互いに心に傷があるので、明るさが出しにくい。ひなたの存在は不可欠だった。

 終盤、森山良子が安子を演じることについて賛否の声が上がったようだが、これは避けられないこと。誰が演じようが、不服とする人が出る。その構図は漫画や小説をドラマ化する時と相似形である。

 視聴者側は上白石萌音が演じた第38話までの安子が脳裏に焼き付いている。それぞれが頭の中で「年齢を重ねた安子」の風貌を想像していた。漫画や小説がドラマ化される時、主人公をどんな役者が演じるのかを想像するのと似ている。

 漫画や小説がドラマ化される際もキャスティングに全ての読者が満足することはあり得ない。それぞれが自分なりの主人公の姿を頭の中で思い描いているからだ。それと同じく、誰もが納得する安子も存在し得ない。

 だから森山も矢面に立たされてしまったようだが、その演技は評判高い。主要登場人物6人のうちの1人を演じた1985年のデビュー作「金曜日の妻たちへIII・恋におちて」(TBS)は大ヒット作となった。末期がんに冒されたヴァイオリニストが主人公(羽田美智子)だった2013年のドラマ「第二楽章」(NHK)の母親役も高い評価を得た。

 長男の森山直太朗(45)が主題歌「アルデバラン」を作詞・作曲したから起用されたのではないかという見方もあるようだが、あり得ない。12年前、森山のロングインタビューを数回に分けて行ったところ、直太朗のことに触れるのを極端なまでに避けていた。同じアーティストとして好敵手と捉えているからだ。

 森山のキャスティング問題に気を取られ、万一、終盤の物語の細部に目が行き届かなかった人がいたら、勿体ない。前出の雪衣からるいへの懺悔の場面など終盤も見応えたっぷりだからである。


■視聴者世代の「若さ」


 この朝ドラが人気を得た理由の1つがテンポの良さにあるのは間違いない。緩慢な場面がなかった。省略ではない。もしも省略したら観る側の胸を突けない。描くべき場面が絞り込まれていた。舞台と全く同じである。「何を描けば伝わるか」が熟慮されていた。

 一例は岡山大空襲(第17話、1945年)。たった5分の間に燃え上がる街、吉右衛門(石坂大志、成人後は堀部圭亮)を庇った吉兵衛(堀部圭亮)の死、安子ら逃げ回る市民、妻の小しず(西田尚美)と母のひさ(鷲尾真知子)を失って茫然自失となる金太(甲本雅裕)を収め、戦争のむごたらしさを十分に描き切った。

 稔の戦死の報せは手紙のみ。戦友の報告はなく、遺骨どころか遺髪すら帰って来なかった(第20話、1945年)。これにより、稔のみならず、戦死した軍人・軍属約230万人の悲哀を一瞬で表現した。

 戦死報告の場面が短かった分、この朝ドラは現代のドラマでは極めて異例と言っていいくらい終戦記念日を大切に扱った(第97話、1994年など)。この国の繁栄のために身を捨てた英霊たちへの鎮魂の思いが込められていたのだろう。その点、硬派作品でもあった。

 テンポの速さ、さまざまな仕掛けが若い視聴者の獲得を意識してのことなのは間違いない。世代・性別の個人視聴率を見ると、通常の朝ドラは圧倒的に50代以上の女性の視聴者が多いが、「カムカム」は男女35歳から49歳の個人視聴率も高い。

 興味深いのは子供の視聴者が意外なくらい多いこと。3月31日放送分は春休みだったこともあり、男女4歳から12歳の個人視聴率が高く、20歳から34歳の男性(M1)、同女性(F1)を超えた。M1もF1も仕事に出ていた人が多いのだろうが、子供や若年層も引き付けたのは確か。深読みするとキリがない作品だったものの、メインテーマも物語も分かりやすかったから子供も引き付けたのだろう。

 ただ眺めているだけでも面白いし、考察の余地もあった。これが人気作となった一番の理由に違いない。

 最後に、どうして、ひなた編で繰り返し「ノストラダムスの大予言」が登場したのかについて考察してみたい。この朝ドラのキャッチコピーの1つ「未来なんてわからなくたって、生きるのだ。」に深く関わる。

 藤本さんからのこんなメッセージなのだろう。

「未来なんて予言できない。それでも未来へ進むことを恐れていたら、幸せは掴めない」

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)