二夜連続の生放送がウリだったのに……日テレ「午前0時の森」はなぜいきなり躓いたのか

二夜連続の生放送がウリだったのに……日テレ「午前0時の森」はなぜいきなり躓いたのか

月曜日のスーパーアシスタントを担当する村上信五と劇団ひとり

 4月にスタートした新番組の中で、業界の話題を集めているのが「午前0時の森」(日本テレビ)だ。3月21日に放送したパイロット版(生放送)で、女性の身体的特徴に関する差別的な発言などがあったため、日テレは謝罪することに。11日にスタートしたレギュラー第1回は、番組のウリだった生放送でもなく、コンセプトも全く異なる番組になってしまった。

 ***

 そもそも、月曜と火曜の深夜(23時59分〜24時54分)、2日続けての生放送という編成も、業界では話題になっていたという。日テレ関係者が明かす。

「番組企画書には『深夜0時に、その日のMCが汐留のスタジオにやって来て、ただただ挑戦的な企画を繰り広げる日テレ発の“超実験的”生バラエティです』と書かれていました。そして『超実験的企画を受け止めるのが……4人の“スーパーアシスタント”。若者たちをワクワクさせる新たな生ライブショーをお楽しみ下さい!』、『誰が現れ、何が起きるのか? 分からない』ともありました。一見、面白そうに見えるかもしれませんが、実際はほとんど何も決まらないまま、放送を始めてしまったのです」

 前述の通り、パイロット版は大失敗に終わった。そしてレギュラー放送の1発目、月曜担当のスーパーアシスタントの村上信五(関ジャニ∞)と劇団ひとりが登場した。

村上:さあ、「午前0時の森」始まりました。この番組は最近起こった森羅万象について、ポジティブかつハッピーにおしゃべりする60分。

ひとり:うーむ。

村上:前回まで生放送とお伝えしましたが、今回から収録でお送りいたします。

ひとり:何かあったんですかねー。

――テロップには《生放送じゃなくなりました》とある。当日夕方に収録したという。


■冒頭からボヤキ


村上:あのー、ひとりさん。(カメラ側を指さしながら)見ていただいたらわかるように、滅茶苦茶スーツの人が多いでしょ。

ひとり:なんかねー、全部チェックする精鋭が入っているそうです。そんな環境でしゃべれないよ、俺!

――“ポジティブかつハッピーにおしゃべりする番組”なんて番組ではなくなっていたのだ。

ひとり:こんなにさ、パイロット版と本編で変わるって珍しいよね。

村上:なかなかないです。セットこそ、そのままですけどね、唯一。

――初回放送の冒頭から、レギュラーのボヤキから始まるのも珍しい。さらに矛先は番組スタッフに向けられた。

ひとり:「生放送で尖ったことやりたい!」とか言ってたでしょ。そういう器じゃないんだよ、結局。今までやって来てないんだから! それをいきなりね、できないんだよ、そういうことは!


■なぜこのキャスティング?


 前出の関係者は言う。

「劇団ひとりの言う通り、制作スタッフはまだ経験も浅い日テレの若手社員でした。かつて日テレは深夜に、『EXテレビ』や『11PM』など人気の生ワイドショーを放送していました。このような番組を制作した社員スタッフは今、出世して役員になっています。ですから今回のような、時代とマッチするとも思えない番組企画が通ってしまったという声も聞こえてきます」

――初回は、ゲストのMCも登場せず、村上と劇団ひとりのトーク番組になってしまった。トークのテーマが与えられたが、それを無視して番組への不信をぶつけた。

ひとり:たった2人でくっちゃべるのを放送してくれるのはありがたいけど……。それってさ、「パペポ」とか「ガキ使」とか、名実ともにスゴイ人がやることでしょ。ただしゃべるだけなんて、なんでそんなに信用してくれてんの?

――言うまでもないが、笑福亭鶴瓶と上岡龍太郎の「鶴瓶上岡パペポTV」(日テレ/読売テレビ制作)と「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日テレ)のことだ。

村上:どこでどう変わってこのキャスティングやというね。マーケティング間違えたんじゃないの?

ひとり:もっと向いてる人いると思うんだ。

 前出の関係者にキャスティングのウラを聞いた。


■困ったときの……


「そもそもこの枠が空いたのは、『月曜から夜ふかし』を月曜夜10時に格上げし、さらに火曜は『超無敵クラス』を日曜昼に引っ越しさせたからです。2日続けて深夜の1時間が空いたにもかかわらず、最適な番組企画が決まらなかった。そこで付け焼き刃の企画が通ってしまったのですが、日テレとしてはジャニーズ事務所のタレントをブッキングしたかったため、『月曜から〜』のレギュラーだった村上をひとまずキャスティングしたのです。そしてもう1人、テレビ業界では“困ったときの劇団ひとり”との異名を持つ、器用に番組を盛り上げ、不要になったら切ることもできる、劇団ひとりに白羽の矢が立ったのです」

 劇団ひとりは、その気配を察した上でのボヤキだったのかもしれない。

 ちなみに翌12日火曜担当のス―パーアシスタントには、若林正恭(オードリー)と水卜麻美アナが登場した。若林の第一声は以下の通りだった。

若林:いやー始まりましたね。俺、新番組始まる前に、こんなに謝られたことないわ、偉い人たちに。

「日テレは数年ぶりの大改編と称して、急遽『月曜から夜ふかし』と『超無敵クラス』を昇格させましたが、その結果がこれです。若手スタッフだけで番組を作らせるほど、コンテンツ不足、企画不足となっているわけです。若者はスマホやゲーム、サブスクなど、可処分時間の奪い合いの中、こんな番組はなかなか見てくれないと思いますね」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)