テレ朝「未来への10カウント」は、50歳を目前に控えたキムタク向きの作品と言える理由

テレ朝「未来への10カウント」は、50歳を目前に控えたキムタク向きの作品と言える理由

木村拓哉

 キムタクこと木村拓哉(49)の通算25作目の主演連続ドラマ「未来への10カウント」(木曜夜9時)は、挫折から復活への物語である。その点、映画「ロッキー」(1976年)、フジテレビのアニメ「あしたのジョー」(1970年)と同じ系譜にある。50歳を目前に控えたキムタク向きの作品と言えそうだ。

 キムタクが過去に演じてきた主人公は「小学生たちの憧れ」に選ばれそうな人物ばかりだった。

 一例は天才外科医(TBS「A LIFE〜愛しき人〜」2017年)、敏腕ボディガード(テレ朝「BG〜身辺警護人〜」2018年・2020年)カリスマシェフ(TBS「グランメゾン東京」2019年)…。

 今度は違う。一度は人生を投げた男。世の辛酸を舐めた大人たちに共感されそうな役柄である。「ロッキー」、「あしたのジョー」と同じ臭いを感じさせる。

「ロッキー」は落ちぶれたプロボクサーのロッキー(シルヴェスター・スタローン)が、恋人のエイドリアン(タリア・シャイア)のために再起を図り、へビー級王者と死闘を繰り広げる物語だった。今もテーマソングを聞くだけで涙ぐむオヤジ族がいる。

「あしたのジョー」は施設で育ったジョーこと矢吹丈がバンタム級で世界を目指す物語。宿敵で親友の力石徹が自分と戦った後に急死すると、心に深い傷を負うが、やがて復活する。こちらも永遠の名作だ。

 ロッキーとジョーは何もかも失い、ゼロからカムバックした。キムタクが「未来への10カウント」で演じている桐沢祥吾も一緒。母校のボクシング部のコーチとして人生の立て直しを図る。

 観る側が「そろそろ完璧なキムタクには飽きちゃったなぁ」と思い始めたところで、このドラマ。キムタクとジャニーズ事務所の担当者は昔から企画の選定がうまいのだ。これが長らく主演連ドラで高視聴率を続けている理由の1つである。

 キムタクにはドラマへの出演依頼が各局から絶え間なくあるが、ヘタな企画には乗っていない。桐沢祥吾役を採択したのは現在の自分にとってベストの役柄と判断したからにほかならない。


■かつてない「後ろ向き」のキムタク


 祥吾はかつてバンタム級の超高校級選手として国体(少年の部)やインターハイを制した。全国300校以上が加盟している高校ボクシング界で頂点に立ったのだから、スーパースターだ。けれどスポーツ推薦で入った大学で目をやられる。網膜剥離だった。

 ボクサーは目も含めた顔面を殴打されるため、網膜剥離を発症する選手が珍しくない。この病気は眼球の内側にある網膜が剥がれてしまうもので、視力が著しく低下する。失明に至ることもある。

 アマチュアの競技団体・日本ボクシング連盟は「網膜剥離が生じた場合、以後の競技は不可」と定めている。網膜剥離と診断されたら、どんな名選手もリングを去るしかないのだ。

 プロも以前は網膜剥離になると即引退だった。今も指定専門医が完治したと診断しないと現役続行は無理。亀田大毅氏(33)が2015年に引退したのも左目網膜剥離のためだった。

 たとえ目をやられなくてもボクシングは現役期間がほかのスポーツに比べて遥かに短い。パンチを食らった後遺症に後々まで悩まされる元選手もいる。栄光と悲劇が背中合わせのスポーツ。その分、ドラマチックであり、観る側を強く惹き付ける。ボクシングを題材にしたドラマやアニメも同じだ。

 祥吾の場合、ボクシング以外でも不幸に襲われる。恋女房の史織(波瑠)が「ごめんね」と言い残し、先立ってしまった。これはボクシングを奪われる以上に辛いはず。祥吾が「いつ死んでもいい」と厭世的になるのも無理はなかった。

 ここまでキムタクが後ろ向きのセリフを口にする連ドラは過去になかった。半面、もう50歳も見えてきたのだから、こんなセリフがあったっていい。世間の49歳だって辛いことが多いのだから。

 セミの抜け殻のような状態の祥吾を見かねて、母校・松葉台高校ボクシング部前監督の芦屋賢三(柄本明)と親友・甲斐誠一郎(安田顕)が動く。強引に同部のコーチに就任させた。

 最初は乗り気ではなかった祥吾だが、東大志望の3年生部員・伊庭海斗(高橋海人)とのスパーリングでチラッと熱くなった。本気まじりのパンチを当てて、海斗の肋骨にヒビを入れた。種火は付いたようだ。今後、どんどん熱くなり、再生していくのだろう。


■ありがち、だがそれでいい。


 ストーリーの肉付けはかなりベタだ。ボクシング部を潰そうと目論む校長の大場麻琴(内田有紀)が、実は芦屋前監督の娘で、祥吾の在校中の同部マネージャーだったり、部の顧問になった古文教師・折原葵(満島ひかり)がボクシングの知識ゼロだったり。ありがちな設定である。

 思わず言いたくなる。「あー、校長はかつて愛したボクシング部を潰せっこないし、折原先生はみるみるうちにボクシングが大好きになるんだろうなぁ」と。

 学校側が特定の部を目の敵にしているところなどを含め、1972年に日本テレビが放送した「飛び出せ!青春」(日本テレビ)などの学園ドラマシリーズを彷彿させる。ある種、クラシカルだ。

 だが、それでいいと思う。いろいろなドラマがあるべきであり、分かりやすく観て元気が出るようなドラマも必要だ。考察ドラマや芸術的ドラマ、ラブコメばかりが求められている訳ではない。

 このドラマの総指揮官であるチーフプロデューサーの黒田徹也氏と脚本を書く福田靖氏はアラ還。「ロッキー」「あしたのジョー」、そして学園ドラマを見て育った世代だ。これらの作品を意識して企画を立てたのではないか。

 黒田氏は元ドラマ制作部長のベテランで、「DOCTORS 最強の名医」(2011年)などで福田靖氏と組んだ。関係が深い。そして福田氏はキムタクが主演したフジ「HERO」(2001年など)などを書いている。キムタクを受け入れる環境が整っていた。

 ボクシング通に言わせると、キムタクのリング上の動きは上々なのだそうだ。足の動きはさすがにボクサーに遥かおよばないが、上半身の動きは俊敏だという。確かに、海斗とのスパーリングで見せたパンチは早かった。相当、トレーニングを積んだのだろう。

 柄本明、安田顕、内田有紀、満島ひかりらはいつも通りに演技巧者ぶりを発揮している。盤石。特にシリアスもコメディも軽やかにこなせてしまう満島はその長所が存分に生かされている。

 気になった点もある。満島演じる折原が祥吾に仕事を尋ね、「ピザのデリバリー」という答えを引き出した。すると「ピザ屋さんの店長さん、社長さん?」と畳みかけ、祥吾がバイトと返答すると、「バイト!」と驚き、口に手を当てた。

 柄本演じる芦屋も祥吾から仕事を聞き、ピザの配達のバイトと知ると、「ピザ!」と素っ頓狂な声を上げた。

 いろいろなドラマがあるべきだと思うが、時代を後退させてしまうようなシーンはなくすべきではないか。言葉狩りや表現の自由を狭めることに賛成している訳では決してない。現実の世界でも正業についてとやかく言うことは許されないということである。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)