いとうあさこ、ウイカ、若槻……日テレとフジの新番組が酷似、出演者が3人も被るってどういうこと?

いとうあさこ、ウイカ、若槻……日テレとフジの新番組が酷似、出演者が3人も被るってどういうこと?

両番組に出演する3人

 4月改編の新番組がほぼ出揃った。中でも注目されているのが「上田と女が吠える夜」(日本テレビ)と「トークィーンズ」(フジテレビ)のバラエティー2番組だ。どちらも複数の女性レギュラーが好き勝手に持論を述べるという番組で、レギュラー陣も被っている。なぜこんなことが起きたのか。

 ***

 4月6日(水)、「上田と女が吠える夜」初回が放送された。番組コンセプトは、MCの上田晋也が番組冒頭にこう説明した。

上田:この番組は、女性たちが日々生きていく中で、どうしても我慢できなかった不平不満を言いたい放題ぶちまける地獄のような番組です。

 この日、登場した“元気が有り余って吠えたい女性たち”は、大久保佳代子、MEGUMI、若槻千夏、いとうあさこ、ファーストサマーウイカ、横澤夏子、声優の松本梨香、シンガーソングライターのchay、ユーチューバーのゆう、TikTokのフォロワーが1000万人超えの景井ひなだった。

 一方、翌日7日(木)から始まったのが「トークィーンズ」だ。ナレーションによる番組コンセプトは、《この番組は今を輝く女性芸能人たちが一堂に会し、男性ゲストを掘りまくるトークバラエティ》である。

 MCは指原莉乃といとうあさこで、この日の“トークィーンズ”はアンミカ、若槻千夏、高橋真麻、野呂佳代、ファーストサマーウイカ、藤田ニコル、森川葵、めるる(生見愛瑠)、フワちゃん、3時のヒロイン、フジの山崎夕貴アナだった。民放プロデューサーが言う。


■フジがオマージュ?


「局は違っても、2日続けて放送された番組はどちらも、テレビで人気の女性軍団が男性ゲストに言いたいことをズケズケ言う番組です。レギュラーのうち、いとう、若槻、ウイカの3人も被っています。これでは『あれ!この番組、昨日見なかった?』と思う視聴者も多いでしょうね」

 なぜ似たような番組ができたのだろう。

「『上田と女』はそもそも、16年12月に放送された『ニノさん』の“女が嫌いな女たち”という企画を元に、17年12月にスペシャル番組『女が女に怒る夜』のタイトルで第1弾を放送。以来、今年1月までに計8回を放送しました。一方、『トークィーンズ』は、20年11月に第1弾が放送され、昨年10月まで4回の放送を経てレギュラー化されました。ですので、オマージュしたのはフジと見る関係者は少なくありません」

 両番組を見比べると、「上田と女」は女性が女性に対して物言うのに対し、「トークィーンズ」は女性が男性ゲストに対して物言う番組、という違いはある。ところが、ネット上にはこんな声があがっている。


■業界の悪しき風習


《上田と女が吠える夜とトークイーンて全く同じ番組だよね〜》※原文ママ

 やはり、両番組は同じに見えてしまうようだ。さらに、別に視点からの声もある。

《さんま御殿と全く同じフォーマットだな #上田と女が吠える夜》

「上田と女」はトークのテーマとして、一般市民からのVTRをきっかけにするところは、確かに「踊る!さんま御殿!!」(日テレ)の女性版という見方もできる。

「テレビ業界の悪しき風習ですかね。人気番組が登場し、視聴率がいいと、すぐにそれに似た番組を制作し、二匹目のドジョウを狙うケースは少なくありません。テレビマンとしてのプライドを疑いたくもなりますが、全くの新企画でいきなり人気を得るのは確かに難しい。そのため、人気のある番組をパクる、いやオマージュしてしまうわけです」

 せめてスタート時期をずらすことはできなかったのだろうか。

「特番を見て内容が似かよっていることはお互いに気づいていたはずです。本来ならどちらかが4月スタートと分かったときに、もう一方が7月とか10月スタートにタイミングをズラすものです。ところが、日テレもフジもコンテンツ不足で、4月改編では真新しい企画は出てこなかったそうです。そのため、これまでスペシャル番組として人気のあった番組を昇格させるしかなくなった。結局、スタートのタイミングが完全に重なったということのようです」

 両番組ともこのまま放送を続けていくのだろうか。

「日テレは新たな女性ゲストを増員し、番組が似ているというイメージを払拭しようと考えいているそうです。もっとも、いくら女性ゲストを増やしても、いとうや若槻、ウイカはキャラも濃く、インパクトのあるコメントをしますから、あまり効果はないかもしれませんね」

 両番組に出演しているタレントの事務所はどう考えているのだろう。

「同じような企画の番組からオファーがあったとき、タレント事務所のほうが出演を控えることが少なくありません。しかし、それでも出演を続けたのは、どちらかが先に番組が終わると考えたのかもしれませんね」

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)